Back

ⓘ 言語 ..




                                               

アダムの言語

アダムの言語 とは、ユダヤ教徒 といくらかのキリスト教徒によれば、アダム によってエデンの園で話されていたとされる言語である。これは神がアダムと交信するために使用した言語 とも、創世記2:19にあるようにアダムが 万物を命名するのに発明した言語とも、さまざまに説明される。

                                               

Oyraa

Oyraa (オイラ)は、日本の千代田区麹町に本社を置く 株式会社Oyraa が提供する オンデマンド電話通訳サービス を主としたオンライン通訳・翻訳プラットフォームである。各業界の専門知識を有する通訳者を採用することでビジネスユースに特化しており、またオンラインで全世界のプロの通訳者達とのマッチングを行うことにより、24時間365日対応を実現しているグローバルプラットフォームである。

                                               

汚言症

汚言症 (おげんしょう、英:Coprolalia)とは、卑猥語や罵倒語(汚言、醜語、糞語、猥言、猥語)を不随意的に発する症状。 猥褻語多用癖 。複雑音声チックの一種であり、チック症の身体症状と同じく、突発的かつ急なリズムで繰り返される。その内容は人によって個人差がある。 トゥレット症候群の重篤な多発性チックの症状として最も特徴的と考えられていたが、今日では決定的な診断基準ではない。むしろトゥレット症候群の中でも少数派だがあまりにも特徴的なので目に付きやすいという側面の方が強い。また、僅かながら他の疾患にもみられる。

                                               

各言語の数字の数え方

各言語の数字の数え方 では、各言語の数詞について取り上げる。

                                               

共通語

共通語 (きょうつうご)とは、ある地域や集団間で共通に用いられる言語をいう。

                                               

言語障害

言語障害 (げんごしょうがい、英:Language disorder)とは、言語の適切な理解と表現が困難な病態(状態)を言う。『DSM‒5』では 言語症 も併記されている。 言語障害には、「音声機能の障害」と「言語機能の障害」とがある。前者は、音声、発音、話し方についてであり、後者は、表現や理解についてである。

                                               

コードトーカー

コードトーカー とは、国外にはその言葉を解するものがいない固有の部族語をコード(暗号)として前線での無線通信を行うため、アメリカ軍が使用したアメリカインディアン部族出身の暗号通信兵である。

                                               

古代ギリシア語の動詞

古代ギリシア語の動詞 は非常に複雑な形態論的特徴を見せている。これは、名詞・形容詞・代名詞・冠詞・数詞などの格変化と同様に、インド・ヨーロッパ祖語の形態論から受け継がれた特徴である。とりわけ、動詞のシステムはインド・ヨーロッパ祖語の多くの要素を残しており、中でも、ラテン語では消滅している中動態の存在は、古代ギリシア語の際立った特色(複雑さ・難解さまで含めて)となっている。 古代ギリシア語には多くの方言enがあったが、この項目では、紀元前430年頃から紀元前330年頃までの期間にアテナイで話されていたアッティカ方言の形態論と統語論を中心に取り上げる。 古代ギリシア語の動詞には、4つの法(直説法、命令法、 ...

                                               

古代ギリシア語の文法

古代ギリシア語の文法 (英語:ancient Greek grammar)は形態論的に非常に複雑であり、名詞・形容詞・代名詞・冠詞・数詞・動詞の高度な語形変化を特徴としている。これはインド・ヨーロッパ祖語の形態論から受け継がれた特徴である。 古代ギリシア語には多くの方言enがあり、主要な作品でも異なる方言で書かれていたりする。方言間には文法的な相違もある。例えば、ヘロドトス(紀元前480年頃-紀元前425年頃)の歴史書とヒポクラテス(紀元前460年頃-紀元前370年頃)の医学書はイオニア方言、サッフォー(紀元前7世紀末–紀元前6世紀初)の詩歌はアイオリス方言en、ピンダロス(紀元前522年/518年-紀元前442年/438年)の頌歌はドーリス方言e ...

                                               

手話

手話 (しゅわ)は、手指動作と非手指動作を同時に使う視覚言語で、音声言語と並ぶ言語である。手話は、聞こえない人(聴覚障害者、ろう者)、ろう者の親を持つ聴者であるコーダ等が中心となって使用している。

                                               

相互理解可能性

相互理解可能性 とは、言語学において、異なってはいるが関連性のある複数の言語のそれぞれの話者が、計画的な勉強や並外れた努力無しに互いの言語を容易に理解できるとき、その言語間に存在しているとみなせる関係性のことである。 相互理解性 、 相互了解性 などとも。この性質は言語と方言を区別する基準の一つとして用いられることもあるが、これに関しては社会言語学的な要素も重要である。 言語間の理解可能性 intelligibility は非対称でありうる。すなわち、ある言語話者の他の言語への理解度が、その他の言語話者の、先の言語話者の言語への理解度を上回ることもありうる。この二方向の理解可能性が相対的に対称的であるとき、「相 ...

                                               

地球ことば村・世界言語博物館

地球ことば村・世界言語博物館 は2003年に設立された日本の特定非営利活動法人(2009年7月末に事務局を東京都目黒区に移転し、本部と統合した)。現在の理事長は井上逸兵(2017年~)。初代理事長は阿部年晴。少数話者言語(或いは「消滅危機言語」、「消滅寸前言語」)の保護やその母語話者の権利の擁護を訴え、また「ことば」にまつわるあらゆる事象に多角的に光を当てる活動を行なっている。

                                               

マジックワード

マジックワード とは、直訳すれば魔法の言葉であり、要求を呑んでもらうことが必要な場面で大きな効果を発生させる語である。 恋愛やビジネスなどといった相手の感情に変化を起こすことが成果を左右するといった場面がマジックワードを使用することでの効果が益となるとされている場面であるがために、書店やインターネットではこういった分野でのマジックワードに関する情報が数多く出回っている。

                                               

ロゴス

ロゴス (logos)とは、古典ギリシア語の λόγος の音写で、 言葉、言語、話、真理、真実、理性、 概念、意味、論理、命題、事実、説明、理由、定義、理論、思想、議論、論証、整合、言論、言表、発言、説教、教義、教説、演説、普遍、不変、構造、質問、伝達、文字、文、口、声、ダイモーン、イデア、名声、理法(法則)、原因、根拠、秩序、原理、自然、物質、本性、事柄そのもの、人間精神、思考内容、思考能力、知性、分別、弁別、神、熱意、計算、比例、尺度、比率、類比、算定、考慮などの意味。 転じて「論理的に語られたもの」「語りうるもの」という意味で用いられることもある。 キリスト教では、神のことば、世界を構成する論理と ...