Back

ⓘ 獣医病理学 ..




                                               

アルビノ

アルビノ (albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に関わる遺伝情報の欠損により先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。 albino は元はスペイン語ないしポルトガル語で、albo(白)の語幹 alb- に in(指小辞)+ o(男性形名詞語尾) をつけた語である。正確には、疾患それ自体はアルビニズム albinism という。ヒトの個体のことも、政治的正しさからは「アルビノ」より「アルビニズムの人 people with albinism」の方が好ましいという主張もある。 アルビニズムとは逆にメラニン沈着症などで黒くなる場合は メラニズム と呼び、突然変異ではなく遺伝情報によって白くなったものは白変種(リューシズム)という。 ...