Back

ⓘ 宮田典計. 宮田 典計 (みやた のりかず、1954年9月27日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手(投手)。1974年までの社会人野球の登録名は 宮田 真 。 ..




                                     

ⓘ 宮田典計

宮田 典計 (みやた のりかず、1954年9月27日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手(投手)。1974年までの社会人野球の登録名は 宮田 真 。

                                     

1. 来歴・人物

社高から、社会人野球の鐘淵化学に入社。当初は光内数喜の控え投手だったが、1974年から頭角をあらわす。同年の社会人野球日本選手権では1回戦で西濃運輸を完封。2回戦でも日立製作所を相手に好投するが、後続が崩れ敗退。しかし同大会の優秀選手賞を獲得した。1975年の社会人野球日本選手権では4試合すべてに先発、2完封を記録し決勝に進む。決勝でも北海道拓殖銀行の山口敏男、千藤和久に投げ勝ち完封勝利。チームの初優勝に貢献、最高殊勲選手賞を受賞する。

1975年のプロ野球ドラフト会議で阪神タイガースから3位指名を受け入団。

プロ1年目の1976年から一軍初登板を果たし、1978年にプロ初勝利を挙げるが、これが生涯唯一の勝利であった。1980年11月には、巨人とのオープン戦で王貞治に現役最後のホームランを喫した。

1981年のシーズン途中、金銭トレードで阪急ブレーブスに移籍。しかし、活躍できず1984年限りで現役を引退した。

翌1985年から打撃投手に転向し、イチローの相手を務めたこともある。2001年からはオリックスのフロントに入り、査定担当などを経て、2016年1月から合宿所「青濤館」の寮長を務める。

140km/h前後の速球と、縦割れのカーブが武器であった。ウェスタン・リーグの1試合最多与死球(4個)を記録したこともある。

                                     

2.1. 詳細情報 記録

  • 初登板:1976年10月19日、対ヤクルトスワローズ26回戦(阪神甲子園球場)、9回表から3番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初先発・初勝利:1978年9月27日、対中日ドラゴンズ26回戦(ナゴヤ球場)、5回1失点
                                     

2.2. 詳細情報 背番号

  • 88 (1985年 - 1988年)
  • 56 (1981年途中 - 1984年)
  • 103 (1989年 - 2000年)
  • 27 (1976年 - 1981年途中)
                                     

3. 出典

オリ選手寮移転へ 1・17の記憶、そのときイチローも - 朝日新聞デジタル、2016年1月12日

                                     

4. 関連項目

  • 兵庫県出身の人物一覧
  • 阪神タイガースの選手一覧
  • オリックス・バファローズの選手一覧