Back

ⓘ 内的自然増加率 (ないてきしぜんぞうかりつ)とは、個体群生態学において、その生物が潜在的にもっている最大の繁殖増加率。英語では intrinsic rate of natural increase ..




                                     

ⓘ 内的自然増加率

内的自然増加率 (ないてきしぜんぞうかりつ)とは、個体群生態学において、その生物が潜在的にもっている最大の繁殖増加率。英語では intrinsic rate of natural increase や intrinsic natural growth rate 、単に intrinsic growth rate 、あるいは biotic potential とも呼ばれる。

                                     

1. 理論的側面

個体群成長の計算モデルであるロジスティック方程式では、個体群サイズ成長速度 dN / dt を以下のように求めることができる。

d N d t = N r − k N {\displaystyle {\frac {dN}{dt}}\ =Nr-kN}

式中の r が内的自然増加率と呼ばれる定数である。

また、アルフレッド・ロトカが導入した true rate of natural increase (真の自然増加率)についても intrinsic rate of natural increase と呼ばれる。ただし、この定義は、ロトカが提唱した「安定人口」の自然増加率であり、普通出生率を b 、普通死亡率を d として r = b − d で定義されるものである。

                                     

2. 実際の生物の場合

実際の生物においては、rはまずは子孫を作る数によって決まる。例えば産卵数、種子生産数のようなものである。

                                     
  • 手で分析が進められるうちに 次第に内容を変じ この両者が対立するものとして考えられるようになった r選択 r すなわち 内的自然増加率 を高くする方向への進化である では 内的 増加率 を高くするにはどうすればいいか 簡単に言えば 同一時間内で よりたくさん子供を作れるようになればよい ロジスティック式に
  • 自然 な点を解消するために このモデルを考案した マルサスは 人口論 で 人口は原理的に指数関数的に 増加 することを指摘した しかし 実際には環境や資源は限られているため 人口の 増加 にはいずれブレーキがかかると考えるのが 自然 である 人口が増えるに連れて人口 増加率
  • という常微分方程式で表される ここで t は時間 N は個体数 dN dt は N の時間微分で個体数 増加率 を示す r は 内的自然増加率 と呼ばれる K は環境収容力と呼ばれる正の定数である 右辺の 1 N K が個体数が増えるほど個体数 増加率 を抑える効果を与えている ここにもう一種が加わり 元からいた種と限られた資
  • は個体群サイズ増加率を Nは個体群サイズを rは 内的 増加率 を表す これは1個体数当りの理論上の最大個体 増加率 を表す この概念は昆虫の個体群動態論において一般的に使用されており 環境要素が害虫の個体数 増加率 にどのような影響を与えるかを決定する際に用いられる 指数関数的人口 増加 やロジスティック人口 増加 も参照のこと 個体群生態学
  • ここでNは個体数 rは 内的自然増加率 kは1個体の 増加 による増殖 率 の低下 率 である つまり 本来の増殖 率 rに対して 個体数がNの時にはkNの分だけブレーキがかかる これを環境抵抗というが 密度効果はこの一部をなすものと考えられる この式を見れば N 0でない限りはNが小さいほど 増加率
  • ある 特に数理モデルから計算された場合 手法には生存関数 ヤコビ行列の最大固有値の再配置 next - generation method 内的自然増加率 からの計算 エンデミックな定常状態の感受性人口からの計算 平均感染年齢からの計算 最終規模方程式からの計算などがある 多くの手法は たとえ同じ
  • 増加 させていると述べている Schmidt他はこれに反論し メタンの記録からは人為的な面での重要性は考えられないとしている とにかく その重要性は 含まれる因子の定量化を通して評価することが出来る 外的要因に対する 内的
  • 3 - 1 ここで t は連続時間 N は生物個体数で t の関数 N t dN dt は N の時間微分で時刻t における N の 増加率 K は環境収容力で r は 内的自然増加率 である K と r が定数である ロジスティック方程式 式 3 - 1 の形式は ロジスティック写像 式 1 - 1 と同様に変
  • 行動主義 こうどうしゅぎ 英: behaviorism とは 心理学のアプローチの1つで 内的 心的状態に依拠せずとも科学的に行動を研究できるという主張である 行動主義は 唯物論 機械論の一形態であると考えられ あたかもブラックボックスのような外からは観察ができない心が単独で存在することを認めていない
  • 1000年から1820年の間に 世界経済は人口 増加率 の6倍の速さで成長したため 個人の所得は平均して50 増加 した 1820年から1998年の間に 世界経済は50倍に成長し 人口の 増加 よりもはるかに速い速度で成長したため 個人は平均で9倍の所得 増加 を享受した この間 ヨーロッパ 北米 オーストラ
  • ランスしようとする 甘えと愛を断念して手に入れたのは病理 的自 尊心であり 背後には茫漠たる自己不信が横たわっている 内的 価値は自分の存在が周囲から許され愛されており 無条件に自分という存在には価値があるという感覚があるときに成立する 自己の 内的 なものに自信がない彼らは 周囲の人からどう思われるかに敏