Back

ⓘ 南山大学人類学博物館 (なんざんだいがく じんるいがくはくぶつかん)は愛知県名古屋市昭和区の南山大学構内にある大学博物館。 ..




南山大学人類学博物館
                                     

ⓘ 南山大学人類学博物館

南山大学人類学博物館 (なんざんだいがく じんるいがくはくぶつかん)は愛知県名古屋市昭和区の南山大学構内にある大学博物館。

                                     

1. 概要

南山大学の教育・研究への寄与ないし学術情報の発信を目的として運営されており、人類の歴史と文化に関係する資料を収集・保存・調査研究している。 <For Everyones Curiosities 全ての人の好奇心のために>を合言葉に、誰もが楽しめる「ユニバーサル・ミュージアム」を標榜しており、ほぼすべての展示資料にさわることができる。また、多言語や点字による解説を取り入れている。

                                     

2. 沿革

1949年(昭和24年)、南山大学人類学民俗学研究所の付属陳列室として昭和区五軒家町に設置。1958年(昭和33年)には千葉県市川市にあった考古学研究所が解体されたことに伴って、研究所の収蔵品の一部が移管された。

1964年(昭和39年)、大学キャンパスの移転に伴って研究所と別個に置かれる事となり、図書館の地下1階に移転、1973年(昭和48年)には地下3階に改めて移された。なお、この間の1967年(昭和42年)には文部省から「博物館相当施設」としての指定を受けている。

1979年(昭和54年)、人類学研究所から分離独立。人類学博物館と名称を改め、1983年(昭和58年)に図書館からG棟に移転。2012年(平成24年)5月、移転準備のため一時閉館したのち、2013年(平成25年)10月にR棟地下に移転した。

                                     

3. 展示室

人類学博物館の展示室では、時代や地域別ではなく、収集過程別に資料を展示している。常設展示スペースには、4つの展示カテゴリーがある。

                                     

3.1. 展示室 信仰と研究

南山大学の母体となる「神言会」に所属していた神父によって収集された資料群。

  • J・マリンガー神父によって収集された、ヨーロッパの旧石器時代の石器通称マリンガー・コレクション
  • G・グロート神父によって収集された、縄文時代の考古資料通称グロート・コレクション
                                     

3.2. 展示室 南山大学の人類学・考古学研究

南山大学所属の教職員や学生の調査・研究によって収集された資料群。

  • 名古屋市熱田区の高蔵遺跡・同市瑞穂区の瑞穂遺跡出土の弥生時代の考古資料
  • 昭和60年代に「南山大学東ニューギニア調査団」によって収集された、パプアニューギニアの民族誌資料
                                     

3.3. 展示室 昭和のカタログ

白黒テレビや氷冷蔵庫など、昭和30から40年代のくらしの品々。

                                     

4. 利用案内

  • 休館日 - 日・祝日・大学の事務休日、毎月最終水曜13時以降、大学入試期間
  • 入館料 - 無料
  • 開館時間 - 月曜日から土曜日 10:00〜16:30
                                     

5. アクセス

  • 名城線 - 八事日赤駅 1番出口から徒歩約8分
  • 鶴舞線 - いりなか駅 1番出口から徒歩約15分
  • 名古屋市営地下鉄
                                     
  • 人類学博物館 じんるいがくはくぶつかん 南山大学人類学博物館 メキシコ国立 人類学博物館 UBC 人類学博物館
  • 島根 大学 ミュージアム 城西 大学 水田美術館 城西国際 大学 水田美術館 信州 大学 自然科学館 椙山歴史文化館 西南学院 大学博物館 た行 玉川 大学 教育 博物館 多摩美術 大学 美術館 中京 大学 スポーツミュージアム 中部 大学 民族資料 博物館 帝塚 山大学 附属 博物館 東海 大学 海洋科 学博物館 東海 大学 自然史 博物館 東京海洋 大学 海洋科学部附属水産資料館
  • 掘は行われていないが 銅鏡や馬具 甲冑などの副葬品が出土したことから 尾張地域を支配した首長の墓と考えられている なお 出土品は名古屋市 博物館 や 南山大学人類学博物館 に収蔵されている 跡地には現在 名古屋スポーツセンターが建つ 古墳の規模はかつて 全長50メートル 後円部の直径30メートル 高さ8
  • 南山大学 なんざんだいがく 英語: Nanzan University は 愛知県名古屋市昭和区山里町18に本部を置く日本の私立 大学 である 1949年に設置された 大学 の略称は 南山 神言会宣教師ヨゼフ ライネルスが1932年に設立した旧制 南山 中学校に始まり 1946年に設立された旧制 南山
  • 南山大学人類学博物館 南山大学人類学博物館 オープンリサーチセンター研究報告第2冊 2011年3月 旧石器時代文化から縄文時代文化の潮流: 研究の視点 六一書房 2019年1月 ISBN 978 - 4 - 86445 - 109 - 3 a b 教員情報 愛知学院 大学
  • は 日本の 人類学 者 国立民族 学博物館 名誉教授 総合研究 大学 院 大学 名誉教授 専攻は社会 人類学 南アジア研究 主にインド スリランカなど南アジアの宗教を中心に研究活動を行っている 北海道出身 東京都立 大学 1949 - 2011 大学 院社会科学研究科社会 人類学 専攻課程単位取得 満期退学 南山大学
  • 2017年9月9日 は 日本の文化 人類学 者 広島県出身 1966年京都 大学 文学部イタリア文学科卒 68年同 大学 院文学研究科修士課程 言語学 修了 京都 大学人 文科学研究所助手 南山大学 講師 国立民族 学博物館 助教授 教授 京都外国語 大学 外国語学部教授を歴任 2008年より総合研究 大学 院 大学 理事 副学長を3年間務めた 国立民族 学博物館 名誉教授
  • なる また 公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる 八事パークマンション かつてこの敷地は上池という池があった場所という 南山大学 南山大学人類学博物館 般若台 大般若石経宝塔 郵便番号 : 466 - 0824 集配局 昭和郵便局 a b c 名古屋市計画局 1992, p. 793
  • 英文学者 一柳廣孝 - 横浜国立 大学 教授 成田興史 - 英米文学者 市村卓彦 - 精神分析学者 龍谷 大学 文学部名誉教授 金山茂雄 - 工学者 拓殖 大学 商学部教授 木下登 - スペイン語学者 南山大学 外国語学部教授 坂井信三 - 文化 人類学 者 南山大学人 文学部 人類 文化学科教授 酒井ツギ子
  • 当遺跡出土品の保管場所としては前述の名古屋市 博物館 のほか 京都 大学 総合 博物館 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所 明治 大学 考古 学博物館 名古屋市見晴台考古資料館 名古屋 大学 考古学研究室 南山大学人類学博物館 が挙げられる 名古屋市 1955, p. 161. a b
  • 名古屋 大学 医学部附属病院 名古屋第二赤十字病院 協会 愛知県看護協会 主な図書館 名古屋市図書館 名古屋市鶴舞中央図書館 主な郵便局 昭和郵便局 愛知県勤労会館 名古屋市公会堂 美術館 桑山美術館 昭和美術館 渡辺健一トリックアート美術館 博物館 南山大学人類学博物館 マンドリンの音の 博物館 劇場