Back

ⓘ プロジェクト: 法学. まず最初に、心に留めておくべき重要な注意事項をひとつ: 数人のウィキペディアンが法学関連の記事でどのようにデータを整理するかについての提案を ..




                                     

ⓘ プロジェクト: 法学

まず最初に、心に留めておくべき重要な注意事項をひとつ:

数人のウィキペディアンが法学関連の記事でどのようにデータを整理するかについての提案をすべく集まりました。これら単なる提案であり、記事を執筆する際に迷わず作業を進めるよう手助けするためのものです。これらの提案に従う義務があるなどと感じたりするべきではありません。けれども、何を書いていいか、どこから手をつけていいかわからない、といった状態の人には、以下のガイドラインは助けになるかも知れません。つまるところ、われわれはあなたに記事を書いて欲しいのです!  

                                     

1. プロジェクト名

ウィキプロジェクト 法学 の基本的な目的は、法学に関する記事について、どのような情報を、どの程度、どのようなやり方で記述するべきかを提案することです。

                                     

2.1. 基本方針 編集方針

ウィキペディアにおいては、検証可能性の確保、中立的な観点からの記述および独自研究の禁止が公式に 義務 付けられています。これらを他のガイドラインや利用者間の合意によって覆すことはできません。

ウィキプロジェクト 法学は、ウィキペディアの公式ガイドラインに則って、以下のような執筆および編集の仕方を 推奨 します。これらの規定は、公式ガイドラインの3原則によって直接に義務付けられているものではありませんが、法学の特性に鑑みて同3原則から間接的に導き出されると解されるものです。

  • 補足1-1:法曹関係者はアクセス可能であるけれども一般人がアクセス不可能であるかまたはアクセスするのが非常に困難である情報源にもとづく記述は、推奨規定違反ではなく義務規定違反です。例えば「学会発表のレジュメに書いてある」とか「知り合いの弁護士が私的に使っているマニュアル本に書いてある」という主張は、抗弁になりません。
  • 法学初心者に優しい記事 :法ないし法学の内容、とりわけ実定法の分野においてどのような法令が施行されどのように実務運用されているかについては、数学などと異なり単に思考するだけでは適切な情報に辿り付くことができません。より広範な検証可能性を提供するために、基礎的な情報(法曹関係者にとっては暗黙了解であり普通は出典が求められないような情報)についても出典の明記が 推奨 されます。
  • 補足1-2:法律書は一定の知識がないと情報源の特定が困難ですから、単に参考文献に記載するだけでなく、具体的なページ数や箇所を書くことが推奨されます。また、法学部の学生や法曹関係者にとってはほとんど自明な省略の仕方であっても、なるべくそれを避けることも推奨されます。例えば、民事訴訟法を民訴と略す場合には、少なくとも最初の引用箇所では正式名称で書くことが推奨されます。
  • 補足2-4:学説の状況は時代により変化を生じる場合があるため、同じ論点でも文献によって「通説」「多数説」「少数説」「有力説」など表現に違いがあることも考慮する必要があります。中立的な観点の確保は推奨規定ではなく義務規定ですので、学説の状況に変化がみられるときは、それについて言及した情報源を別途加えるなど学説の状況に合わせて適時的確に反映させることが必要です。
  • 補足2-1:学説の状況について誤った印象を与えるような書き方を避けること。例えば、少数説があたかも多数説であるかのような書き方、あるいは反対に多数説が少数説であるかのような書き方をしないこと。これには、記述量の著しい偏向も含まれます。例えば、通説が1行で説明され、有力説が何十行にもわたって記述されているような場合。
  • 補足2-2:特定の実務家の意見があたかも実務家全体の意見であるかのように書かないこと。例えば、最高裁判決における少数反対意見があたかも裁判官一般の意見であるかのような書き方を避けること。また例えば、特定の弁護士の私的見解を紹介する際に「弁護士は〜と考えている」という風に一般化して書かないこと。
  • 補足2-3:実務と通説が異なる場合には、必ず両方について言及すること。学説偏重や実務偏重を避けること。
  • 学説の勢力と実務での取扱いに関する中立性 :法ないし法学において中立的な観点から書くということは、全ての発表済みの学説や実務を等価なものとして扱うということではありません。この分野では、学説の勢力と実務での取扱いについても、多数説は多数説として少数説は少数説として中立の立場から扱うことが 推奨 されます。
  • 推論的記述の回避 :法や法学には例外が多数存在します。したがって、教科書に書いてある事柄や判例から推論によって得た結論を書くことは、他の分野よりもずっとお勧めできません。それがどれほど自明な推論であろうとも、単なる言い換えでないかぎりは、出典なしに記事にすることは控えることが 推奨 されます。
  • 補足3-2:推論の仕方があまりにも冗長でオリジナリティに富んでいるときには、独自研究禁止の原則に触れる虞があります。
  • 補足3-1:それがとても自明な推論に見える場合は、いろいろな本をよく読んでみましょう。普通は誰かが気付いてどこかに記載しているはずです。
                                     

2.2. 基本方針 法の適用に関する注意事項

  • 時間的適用範囲 現行法を中心に記述します。既に失効した法令であればその旨を明記し、定義や要件など現行法との変更点があれば明記します。準備中の法案をあたかも確定事項のように書いてはいけません。公布されたが施行されていない法律については施行時期に配慮して記述します。
  • 補足:独自研究の禁止と検証可能性は多くの点で同時に発生します。独自研究には信頼性のある出典が普通存在しないからです。両者の境界を正確に区切ることは困難ですが、事実に関する文章については検証可能性を、事実の解釈に関する文章については独自研究を適用する手法が 参考 になります。
  • 地理的適用範囲 特定の地域にしか適用されない法律の適用範囲を曖昧にしてはいけません。例えば、州法についてはそれが特定の州にしか適用されないことを明記し、また国際法については、条約の批准の有無に注意することが必要です。現行法関連については下のを貼ってください。
  • 未成年者保護を理由とする削除 :(Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか参照)
                                     

2.3. 基本方針 多数決について

多数決はウィキペディアにおける意思決定ルールではありません。何ら議論を始めずにいきなり多数決に付しても、その結果は何の拘束力も持ちません(Wikipedia:ウィキペディアは何ではないかおよびWikipedia:投票の指針参照)。議論した後で投票を開始する場合でも、それまでの議論に現れた賛否の意見をカウントするという遡及的投票は認められません。なぜなら、遡及的投票は投票告知前と告知後に誰も意見を変更していないということを前提としているのですが、これはウィキペディアにおける議論の趣旨に反しているからです。

                                     

2.4. 基本方針 スタブの利用

しかし、このような制約があるからといって尻込みすることはありません。記事が不十分であるかまたは確実さに自信が持てない場合には、Wikipedia:スタブを利用すればよいのです。スタブは利用者に注意を呼び掛けるだけでなく、その他の執筆者の協力を得るためにも役立ちます。基本的なスタブには以下のものがあります。

                                     

3. 関連プロジェクト

上位プロジェクト

上位プロジェクトは今のところありません。

下位プロジェクト

このプロジェクトの下位に位置するウィキプロジェクトには以下のものがあります:

  • ウィキプロジェクト 日本の法令

類似のウィキプロジェクト

類似のウィキプロジェクトは今のところありません。

                                     

4. 参加者

当プロジェクトはウィキペディア日本語版のアカウントをお持ちで、かつ法学に興味のある方ならどなたでも参加することができます。

ユーザーボックス をご自身の利用者ページに使用すると、自動的に Category:ウィキプロジェクト 法学に参加しているウィキペディアン に利用者名が登録されます。

また、ユーザーボックスを使わず直接、 を利用者ページに埋め込むこともできます。

                                     

5. 法学記事のフォーマット

このウィキプロジェクトで扱われる各種の記事のフォーマットについての議論を提供して下さい。この主題にあてはまる各種のカテゴリーについても。

                                     

5.1. 法学記事のフォーマット 送り仮名について

Wikipedia:記事名の付け方では記事名の送り仮名について「送り仮名の付け方」(昭和48年6月18日内閣告示第2号(昭和56年10月1日内閣告示第3号改正))に定める本則によることを原則としている。ただし、法律用語を扱っている記事については、記事名の送り仮名は、原則として常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)の告示にあわせて定められた「公用文における漢字使用等について」(平成22年11月30日付内閣訓令第1号)及び「法令における漢字使用等について」(平成22年11月30日付内閣法制局長官決定)による。具体例は次の通り。 (具体例)

「預り金」「縁組」「先取特権」「取消し」「取調べ」「取次ぎ」「請負」「裏書」「敷金」「問屋」「両替」

なお、記事で扱われている内容が政治学や経済学など他の学術領域にも及び、各領域で表記例に差異があるときには、記事名として最も適切なものを総合的に判断する。

                                     

5.2. 法学記事のフォーマット 子記事について

法制度や法手続は場所(領土・領空・領海)ではなく人(国籍等)を基準に適用範囲が定まることもあるため地域別の子記事は原則として法域で整理します。

(具体例) 判決 日本法

なお、法令名や機関名そのものは国名で整理されています。

(具体例) 民法 日本
                                     

5.3. 法学記事のフォーマット カテゴリー

Category:法学を参考にしながら、階層構造を考えてみましょう。下段の法学カテゴリから飛んでみて下さい。

※以下の分類案はさらなる改善を求めています。

  • Category:刑法
  • Category:民事手続法
  • Category:国際法
  • Category:分野別の法
  • Category:憲法
  • Category:民法
  • Category:行政法
  • Category:法
  • Category:国際私法
  • Category:刑事手続法
  • Category:日本の民法
  • Category:日本の商法
  • Category:中国の法
  • Category:ドイツの法
  • Category:日本の民事訴訟法
  • Category:イギリスの法
  • Category:フランスの法
  • Category:日本の刑法
  • Category:日本の行政法
  • Category:日本の憲法
  • Category:日本の法
  • Category:日本の刑事訴訟法
  • Category:各国の法
  • Category:アメリカ合衆国の法
  • Category:法学者
  • Category:日本の法学者
  • Category:法学
  • Category:ローマ法
  • Categoyr:律令
  • Category:法史学
  • Category:法制史
  • Category:法社会学
  • Category:法思想史
  • Category:利益法学
  • Category:自然法論
  • Category:法哲学
  • Category:法実証主義
  • Category:概念法学
  • Category:法と経済学
  • Category:法律書


                                     

5.4. 法学記事のフォーマット 階層構造の定義

※カテゴリーと階層構造の違いは、階層構造の方がより詳細化されているということです。例えば、殺人罪というテーマは階層構造の中で定義されますが、これをカテゴリーにするのは推奨されません。ウィキペディアでは、あまりにも詳細なカテゴライズが勧められていないからです。

  • 法哲学
  • 法制史・法思想史
  • 基礎法
  • 法学
  • 憲法
  • 民事訴訟法
  • 刑事訴訟法
  • 訴訟法
  • 刑法
  • 公法
  • 商法
  • 私法
  • 民法
                                     

5.5. 法学記事のフォーマット 引用の仕方

引用の仕方についてはいくつかのルールがあります。これらは執筆者 義務 付けるものではありませんが,著しく違反する場合には,検証可能性に抵触する虞があります。

  • ページ数の明記 :文献から引用する場合には,参照したページ数を明記することが 推奨 されます。特に出典が要求されている場合には,単に書名を挙げるだけでは足りません。一般的な検証可能性が満たされていないからです。数百ページもの著作の中から該当する情報を探す責任は,出典を要求する側にはありません。
                                     

6.1. 一般的な戦略と議論の場 カテゴリーの整理

法カテゴリをご覧になれば分かると思いますが、現在の法および法学に関するカテゴリはかなり錯綜しています(例えば、「分野別の法」の他に「法の一覧」というカテゴリがありますが、これは重複のように思えます)。そこで、法に関するカテゴリの整理を提案します。今はさしあたり、以下のような整理方針を示します。

  • 法令の下位カテゴリを、「日本法」「外国法」「国際法」に分ける。
  • 2番目の階層のカテゴリを、「法令」と「法学」に2分する。前者は具体的な法令を含み、後者は個々の法律用語や法思想を含む。
  • この整理案においては法を最上位カテゴリにする。

ご検討のほどよろしくお願いします。--Inabasan 2009年1月31日 土 15:35 UTC

こちらでの議論に気付かずCategory‐ノート:法の書き込みをしてしまいました。第3点についてだけコメントすると、「日本法」と「外国法」を並列させるのはWP:JPOVの問題があり難しい気がします。--ゴーヤーズ 2009年2月2日 月 00:54 UTC コメントありがとうございます。確かに難しいようですね。第3点についてはCategory‐ノート:法のゴーヤーズさんの案に賛成します。--Inabasan 2009年2月2日 月 04:17 UTC 五月雨式ですみません。Category:法の一覧というカテゴリは、「法に関する『一覧記事』を集めたカテゴリ」という意味ですので、Category:分野別の法とは重複しないものと思います。--ゴーヤーズ 2009年2月3日 火 02:31 UTC
                                     

6.2. 一般的な戦略と議論の場 法学記事の充実化プロジェクト(2010年)

その名の通り、法律記事の強化を目指すプロジェクトです。とりあえず私は正義のページを英語版からの簡易翻訳で補充する作業を進めたいと思います。--Inabasan 2010年1月3日 日 03:30 UTC

                                     

7. テンプレート

法学のテンプレート

法学のテンプレートは、を入れて下さい。

                                     
  • jpのおそらくは1名のIPユーザさんにより以下のような新記事が山盛り立っていますが やや一面的というかエッセイ的な感がないでもありません 特にズィンミー関係や 法学 関連における 法学 派の無視などは問題があるように思われます お得意の点から修正をお願いできればと思います - - Kotoito 2007年8月23日 木 11: 34
  •   ウィキプロジェクト 刑法 プロジェクト: 日本の法令 なし プロジェクト: 事件 事故 刑法などに規定された事項や刑 法学 において議論の対象とされる概念の数は多数あり ウィキペディアの項目としてもすでに多数存在するとともに これからもかなりの数の項目が執筆されることが予
  • ものに関する記事 以下 法令記事といいます でどのような情報を どの程度 どのようなやり方で記述するべきかを提案することです ウィキプロジェクト 法学 ウィキプロジェクト 刑法 犯罪 類似のウィキプロジェクトは今のところありません ただし今後 日本国以外の法令 または条約を対象としたウィキプロ