Back

ⓘ 家庭経済学 (かていけいざいがく)とは、家庭がおもに貨幣を通じて社会と結びつきながら生活の内容を調整していく側面を問題と捉え、日本においては家政学の一分野として ..




家庭経済学
                                     

ⓘ 家庭経済学

家庭経済学 (かていけいざいがく)とは、家庭がおもに貨幣を通じて社会と結びつきながら生活の内容を調整していく側面を問題と捉え、日本においては家政学の一分野として研究され発展してきた学問である。また同時に、経済学からのアプローチでは、家庭という範囲に着目したミクロ経済学と捉え、アプローチの多様化から学際分野化した。 家政経済学 (かせいけいざいがく)、 生活経済学 (せいかつけいざいがく)ともいう。

                                     

1.1. 概要 家庭経済学の対象

家庭経済学の対象は家庭生活を運営及び組織する際の、または経営する際の諸問題のうち、とくに経済的な問題を明らかにすることである。

                                     

1.2. 概要 家庭経済学の範囲

家庭経済学は家庭における経済問題全般を取り扱うが、おおまかに取り扱う範囲は以下に挙げるとおりである。

  • 税金と社会保障
  • 家計調査
  • 家計の収入と支出
  • 家計の貯蓄
  • 家庭経営の歴史および将来像(現在の課題も含む)
  • 消費者問題
  • 家庭経済を取り巻く環境論
                                     

2. 家庭経済の構造

一般にどの家庭(家政・家計)にも年間収入と年間支出がある。年間収入と年間支出の差を「家庭経済余剰」と呼ぶ。この家庭経済余剰が大きいほど年間の家庭における資産・貯蓄が増えたことになる。また、固定資産と金融資産を中心とした資産と貸付金、借入金を含めたものを「純資産」と呼ぶ。この際には低価格の家具・衣料品・日用雑貨品などの流動資産は、購入時期に消耗してしまったとみなす。よって普通は所有資産には入れない。 一期間の家庭経済の構造は次の式で表すことができる。

  • 家計純資産=固定資産+金融資産-負債
  • 当年の家計純資産=前年の家計純資産+当年家庭経済余剰
  • 家計実収入-家計実支出=家庭経済余剰
                                     

2.1. 家庭経済の構造 家庭収入

家庭収入の構造は次のように構成される

  • 実収入
  • 世帯主収入
  • 定期収入
  • 賞与
  • 臨時収入
  • 勤め先収入
  • 経常収入
  • 他の世帯員収入
  • 妻の収入
  • 内職収入
  • 事業収入
  • 事業・内職収入
  • 他の経常収入
  • 財産収入
  • 仕送り金
  • 社会保障給付
  • 特別収入
  • 受贈金
  • その他
  • 実収入以外の収入
  • 預金引き出し、保険取引、土地・家屋の借入金、他の収入、月賦、掛け売り、有価証券売却、財産売却、その他
  • 繰入金

よって 家庭収入=実収入+実収入以外の収入+繰入金 が成り立つ。

                                     

3. 参考文献

  • 「家庭経済学(家政学シリーズ3)」社団法人日本家政学会 1990.3 ISBN 4-254-60553-6
  • 「家庭経営学通論」 堀田剛吉 編著 1996.4 ISBN 4-7606-0301-8
  • 「生活のマネージメント(やさしい生活実践シリーズⅠ)」 堀田剛吉、須田博司 編著 1996.4
                                     
  • 家庭経済学 中央 経済 社 1969年 西欧の工業経営 中央 経済 社 1971年 経済学 中央 経済 社 1971年 企業経営 学 要論 中央 経済 社 1991年 家庭 管理論 - 家庭経済学 的研究 中央 経済 社 1993年 企業経営 学 の哲学 本質 体系 白桃書房 1996年
  • 日本家政学会生活経営学部会部会長  2020年8月まで 2019年 生活 経済学 会会長 お茶の水女子大学修士 家政学 1980 生活経営 学 家庭経済学 現代生活 学 女性問題 家政学 財産 共同性 ジェンダー 東京女性財団 1998 介護福祉士養成講座 家政学概論 中央法規 担当 家庭 生活と 家庭経 営 現代社会の生活経営 光生館 2001
  • 2009年 平成21年 2月11日 は 日本の 経済学 者 専門は 家庭経済学 静岡県浜名郡生まれ 1975年お茶の水女子大学家政学部卒 1980年一橋大学大学院 経済学 研究科博士課程単位修得満期退学 共立女子大学専任講師 お茶の水女子大学生活科学部助教授 教授 大学院人間文化創成科学研究科教授 生活科学部長 1996年家計 経済
  • 家庭 生活と結びつきがある物に限定される 家庭 数学 家庭 美学 家庭 社会 学 家庭 地理 学 生活 学  など 家庭 政 経済学 個別の家政の経営問題 家庭経 営理論 家庭経済学 家族関係 学 家庭 教育を含む 時間 エネルギー管理論などを含む なお 家庭経 営 学 の代わりに 家庭 管理 学 という名称を使う場合もある
  • 経済学 方法論 日本評論社, 1966年 家庭経済学 消費の 経済 理論 学 文社, 1967年 経済 原論講義要覧 慶応通信, 1989年 経済学 方法論の探究 富田重夫論文集編集委員会, 2012年 気賀健三 経済 原論 学 文社, 1959年 気賀健三, 松浦保 経済 原論
  • われわれの生活と経済学 日本出版協同株式会社 1951年 取締役会の組織と運営 共著 日本 経済 新聞社 1951年 西洋 経済 史 日本評論社 1951年 1958年増補 婦人の 経済学 家庭経済 光生館 1953年 日本 経済 と農業協同運動について 愛知県信用農業協同組合連合会 1953年 Cooperative
  • 任 名誉教授 1994年日本家政学会賞受賞 クララ ツェトキンの婦人解放論 有斐閣 1984 現代婦人論入門 白石書店 1985 家庭経済学 有斐閣 経済学 叢書 1990 両性の新しい秩序の世紀へ 女性 家族 開発 白石書店 1993 国際女性デーは大河のように 御茶の水書房 2003
  • 漁村の貧困 1985 第8巻 労働と休養 1985 家庭経済 論 中鉢正美共著 国土社 1950 生活教育 編 国土社 1956 家庭 管理 学 共著 光生館 1957 教育実践講座 第9巻 技術教育の実践 家庭 編 編 国土社 1958 生活衛生 学 原島進共編 光生館 1958 技術革新と技術教育 編
  • 第一講座 被服 学 住居 学 住居環境 学 被服 学 第二講座 保健衛生 学 保健栄養 学 第三講座 家庭経済学 社会福祉 学 消費 経済学 社会福祉 学 1953年4月 農学部生活科学科を5講座に改組 学内扱い 第一講座 住居環境 学 第二講座 被服 学 材料 学 第三講座
  • 密には貨幣供給システムである 近代社会における 経済 は 物やサービスを生産する企業 物やサービスを消費する消費者である 家庭 家計 公共的サービスを提供する政府の3つに分けられる 以上のような 経済 を主な対象とする学問として 経済学 がある 日本語の 経済 は英語の economy の訳語であるが この語は古典ギリシャ語の