Back

ⓘ 被服管理学. 被服学整理学 (ひふくせいりがく)は、被服学の一学問分野である。 ..




                                     

ⓘ 被服管理学

被服学整理学 (ひふくせいりがく)は、被服学の一学問分野である。

                                     

1. 概要

ここで言う「整理」には、元来、布帛表面のキメ(肌理)すなわち質感(テクスチャ)を整えるといった意味合いがあり、その研究課題は、洗浄や加工の分野が主たるものである。現在では、さまざまな表面(界面)現象について利用する立場から総合的に研究する科学、すなわち応用界面科学として、「洗浄」、「加工」、「染色」、「色彩」などがその主要研究テーマとなっている。

なお、洗浄をはじめとする手入れなどは被服の消費段階で重要な役割を果たすことから、こうした行為を管理と捉え、被服管理学と称している場合もある。

                                     

2. 関連産業

関連産業としては「染色整理業」、「洗濯業」があげられる。「日本標準産業分類」(総務省統計局)による分類(分類番号)は次の通りである。

大分類 F 製造業 中分類 11 繊維工業(衣服,その他の繊維製品を除く) 小分類 116 染色整理業

主として綿状繊維、糸、織物、ニット、レース、繊維雑品などに精練、漂白、染色及び整理仕上げ、その他の処理を行う事業所をいう。 機械染色整理業とは、精練、漂白、浸染、なっ染及び整理仕上げの工程が機械的に行われているものをいう。

また、手加工染色整理業とは、精練、漂白、浸染、なっ染の工程が、主として人力によって行われるもので、その加工品の整理仕上工程が機械化されていても機械染色整理業とは認めない。 --日本標準産業分類

細分類 1161 綿・スフ・麻織物機械染色業 1162 絹・人絹織物機械染色業 1163 毛織物機械染色整理業 1164 織物整理業 1165 織物手加工染色整理業 1166 綿状繊維・糸染色整理業 1167 ニット・レース染色整理業 1168 繊維雑品染色整理業 大分類 Q サービス業(他に分類されないもの) 中分類 82 洗濯・理容・美容・浴場業

この中分類には,洗濯業,洗張・染物業,理容業,美容業,浴場業などの主として個人に対して身の回りの清潔を保持するためのサービスを提供する事業所が分類される。 --日本標準産業分類

小分類 821 洗濯業 細分類 8211 普通洗濯業 8212 洗濯物取次業 8213 リネンサプライ業 小分類 829 その他の洗濯・理容・美容・浴場業 細分類 8291 洗張・染物業
                                     

3. 外部リンク

  • 界面活性剤の種類 Webサイト「生活環境化学の部屋」
  • 社団法人 日本家政学会 被服整理学部会 --被服整理学部会のHP
                                     
  • 被服整理学 被服 管 理学 は 被服 の表面に関わる諸現象を取り扱う学問分野 繊維製品の洗浄や加工などを扱う 被服 構成 学 被服 造形 学 は 被服 の制作に必要な事項を取り扱う学問分野 体型 学 人間工学 から縫製に至るまでを扱う 被服 意匠 学 被服 衛生 学 被服 心 理学 服飾美学 衣料管理士
  • 東京家政学院大学家政学部講師 1997年 東京家政学院大学家政学部助教授 2005年 東京家政学院大学家政学部教授 家政学士 東京家政学院大学 被服整理学 生活科学一般 界面活性剤水溶液の界面活性作用に関する研究 衣類の洗浄に関する研究 天然染料を用いた工芸染色における最適条件の探索 ぬれとはなにか
  • 食物 学 食料経済 学 食品 学 献立 学 栄養生 理学 食品栄養 学 栄養科学 調 理学 を含む 住居 学 住居計画 学 住居材料 学 住居意匠 学 住居管 理学 住居生活 学 住居環境論などを含む 被服 学 被服 材料 学 被服整理学 被服 意匠 学 被服 構成 学 被服 管 理学 その他 被服 文化 歴史などを含む 児童 学 育児 学
  • 機大学出版局 1996年3月 ISBN 978 - 4 - 501 - 61430 - 0 板張り 伸子 籡 洗濯糊 ドライクリーニング 日本標準産業分類 被服整理学 丸洗 和服 和服の洗濯の方法 デジタル大辞泉 洗い張り - コトバンク 大辞林 第三版 洗い張り - コトバンク 世界大百科事典 第2版 洗張り
  • 週報287 p 12 被服 協会P 10 a b 被服 協会P 12 被服 協会P 27 被服 協会P 13 - 16 a b c 写真週報142 P 13 a b c 写真週報142 P 12 被服 協会P 17 - 20 被服 協会 国民服 男子用 の手引 二木貞夫編集 被服 協会 1940年
  • 品質管理 TES 繊維製品品質管理士 教育 教員 高等教育 大学教員 大学院 短期大学を含む - 被服 学科 生活科学 家政学 教育 学 家庭科教育 工学 繊維 高分子工学 人間工学 など および応用的に 医学 商学 経営 学 芸術 学 など 中等教育 高等学校教員 中学校教員 初等教育 小学校教員 - 家庭 教科 技術 家庭
  • を備えるもののうちから 警察本部長が命ずる 4 都道府県は 政令で定める基準に従い条例で定めるところにより 交通巡視員に対し その職務遂行上必要な 被服 を支給し 及び装備品を貸与するものとする - 道路交通法 警察官の階級章との違いは 台の上に階級表示の短冊板 ではなく交通腕章と同じ 緑の地に白線2本 である事
  • 当初 赤羽から陸軍 被服 本廠の一部機能が移転した その後も陸軍によって買収された10万坪に及ぶ大規模軍需工場である陸軍 被服 本廠朝霞出張所の建設が開始され 1941年 昭和16年 に正式操業を開始する 工場の本格操業に合わせ 1940年 昭和15年 には朝霞駅近くから 被服 本廠朝霞出張所までの引き込み線が作られている
  • まさお 1966年7月9日 - は日本の心 理学 者である 同志社大学心 理学 部および大学院心 理学 研究科教授 専門は 健康心 理学 臨床社会心 理学 ミリタリー心 理学 安全保障心 理学 である  同志社大学学部 大学院生時代は日本の 実験異常心 理学 の先駆者である松山義則と濱治世に師事 1995
  • は欧米文化の影響もあり変化に富む多様性のある文化がその特長である 台湾原住民は現在40数万人が台湾内に居住している 人類 学 や民俗 学 の視点より原住民の建築 焼畑農業 刺青 被服 舞踊などが研究され 南島文化に近い文化を有していることが明らかとなっている 平野部に居住する原住民は漢化が進んでいるが