Back

ⓘ ケビン・サリバン ( Kevin Francis Sullivan 、1949年10月26日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。マサチューセッツ州ボストン出身。 1970年代にベビーフェイスのポ ..




ケビン・サリバン
                                     

ⓘ ケビン・サリバン

ケビン・サリバン ( Kevin Francis Sullivan 、1949年10月26日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。マサチューセッツ州ボストン出身。

1970年代にベビーフェイスのポジションで活動後、1980年代より怪奇派のヒールに転向。 ザ・タスクマスター ( The Taskmaster )を名乗ってヒール軍団の首領を務め、マネージャーやブッカーとしても活躍した。

                                     

1.1. 来歴 ベビーフェイス時代

1970年10月、ジョージア州アトランタでのスカンドル・アクバとのスタジオTVマッチにてデビュー。同地区でジョバーを務めた後、1971年より ジョニー・ウエスト ( Johnny West )のリングネームでNWAガルフ・コースト地区に入り、ケン・ルーカスとのコンビで活動。3月11日にエディ・サリバン&ダンディ・ジャック・モレルからガルフ・コースト・タッグ王座を、6月2日には松岡巌鉄&大熊元司のライジング・サンズからUSタッグ王座をそれぞれ奪取した。

その後、リングネームを本名の ケビン・サリバン ( Kevin Sullivan )に戻し、1972年よりテネシーのNWAミッドアメリカ地区に進出、3月24日にはロバート・フラーと組んで同地区版のNWA世界タッグ王座を獲得している。1973年からは、長年の主戦場となるフロリダのCWFに参戦、主宰者エディ・グラハムの息子マイク・グラハムのパートナーに起用され、ボビー・シェーン&ゴージャス・ジョージ・ジュニアなどのチームを破りNWAフロリダ・タッグ王座を2回獲得した。翌1974年5月、全日本プロレスに初来日。前年にデビューしたジャンボ鶴田とのシングルマッチも組まれ、当時の日本では「南部の若獅子」なるニックネームが付けられた。

1975年10月より、ニューヨークのWWWFに登場。イワン・プトスキーとのタッグチームなどで活動し、1976年には、WWWFヘビー級王者ブルーノ・サンマルチノの挑戦者としてWWWFに参戦していたスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディのコンビとも対戦、ジ・エクスキューショナーズ(キラー・コワルスキー&ビッグ・ジョン・スタッド)が保持していたWWWF世界タッグ王座にも挑戦した。WWWFには1977年まで出場して、アーニー・ラッド、スーパースター・ビリー・グラハム、バロン・シクルナ、バグジー・マグロー、クラッシャー・ブラックウェル、スパイロス・アリオン、トーア・カマタ、ニコライ・ボルコフ、ケン・パテラとも対戦した。

その後、1977年5月の全日本プロレス再来日を経て、1978年は中西部のNWAセントラル・ステーツ地区で活動。ケン・ルーカスと再びコンビを組み、4月24日にアレックス・スミルノフ&ブルドッグ・ボブ・ブラウンからセントラル・ステーツ版のNWA世界タッグ王座を奪取。南部ではアラバマのサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングにて、1979年にトニー・チャールズとUSジュニアヘビー級王座を争った。

1980年はジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリングを主戦場に、4月21日にトニー・アトラスと組んでスミルノフ&イワン・コロフからNWAジョージア・タッグ王座を奪取。シングルでも、6月8日にトーナメントの決勝でエディ・マンスフィールドを破り、空位となっていたNWAジョージア・ジュニアヘビー級王座を獲得、以降もスタンリー・レーンやダッチ・マンテルを相手に同王座を争い、レス・ソントンが保持していたNWA世界ジュニアヘビー級王座にも挑戦した。

                                     

1.2. 来歴 ヒール転向後

デビュー以来一貫してベビーフェイスだったが、1980年末よりジョージア地区にてヒールのポジションに回るようになり、同年11月29日にはスティーブ・カーン、翌1981年2月21日にはスティーブ・オルソノスキーと、フェイス陣営の選手からNWAナショナルTV王座を奪取。カーンとは "Boston Street Fight" なるハードコア・レスリング形式のデスマッチも行った。同年4月からはメンフィスのCWAにもヒールとして参戦、ジミー・ハートのファースト・ファミリーに加入し、ウェイン・ファリスと組んでジェリー・ローラー&ビル・ダンディーとAWA南部タッグ王座を争った。

1982年8月、古巣であるフロリダのCWFに復帰。当初は従前と同様にベビーフェイスとしてケンドー・ナガサキなどと対戦していたが、10月より本格的にヒールに転向。ジェイク・ロバーツ、ジム・ガービン、ビッグ・ジョン・スタッド、デレク・ドレイパーらと結託して、ダスティ・ローデスとも抗争を開始。11月22日にはバリー・ウインダムを破り、NWA南部ヘビー級王座を獲得した。以降もCWFに定着して、1983年からはペイントレスラーに変身。パープル・ヘイズ、マハ・シン、ルナ・バション&ウィノナ・リトルハートのドーターズ・オブ・ダークネス、そして妻となるフォーリン・エンジェルとの怪奇派ユニット、 アーミー・オブ・ダークネス ( The Army of Darkness )のリーダーとなって、ローデスやブラックジャック・マリガンと抗争を展開した。

CWFを主戦場としつつ他地区にも出場し、サンアントニオのサウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリングでは1984年12月9日にキラー・ブルックスを下してSCWヘビー級王座を獲得。アラバマのサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングでは、1986年9月22日にブラッド・アームストロング、同年12月15日にザ・バレットからNWAコンチネンタル・ヘビー級王座をそれぞれ奪取した。

本拠地のCWFでは1987年1月16日にレックス・ルガー、2月18日にバッドニュース・アレンを破ってNWA南部ヘビー級王座に返り咲いたが、同月にジム・クロケット・プロモーションズがCWFを吸収合併したことによりタイトルは封印され、50年以上の歴史を持つ同王座の最後のチャンピオンとなった。以降、ジム・クロケット・ジュニア主宰のMACWに主戦場を移して、バーシティ・クラブのプレイング・マネージャーとなって活動。1988年から1989年にかけて、ロード・ウォリアーズやスタイナー・ブラザーズと抗争を繰り広げた。MACWがテッド・ターナーに買収され、新団体のWCWが発足してからも継続参戦していたが、副社長ジム・ハードへの不満などもあり、契約満了の1991年下期にWCWを離脱。

1992年1月、FMWに来日。ザ・シークの参謀役となって、14年ぶりの日本マット登場を果たした。その後はW★INGプロモーションにも度々来日し、レザーフェイス、フレディ・クルーガー(ダグ・ギルバート)、クリプト・キーパー(ホセ・エストラーダ・ジュニア)ら怪奇派の親玉となって活躍した。同時期、アメリカではジム・コルネット主宰のスモーキー・マウンテン・レスリングや初期のECWで活動。ECWではタズマニアックと怪奇派コンビを組み、1993年12月4日にトミー・ドリーマー&シェーン・ダグラス、1994年3月5日にブルーズ・ブラザーズを破り、ECWタッグ王座を2回獲得している。

1994年よりWCWに復帰し、5月22日にカクタス・ジャックと組んでナスティ・ボーイズからWCW世界タッグ王座を奪取。その後はデイブ・サリバンとの兄弟アングルを経て、11月よりザ・ブッチャー&ジ・アバランシュと スリー・フェイシズ・オブ・フィアー ( The 3 Faces of Fear )なるトリオを結成、彼らに先んじて同年にWWFから移籍してきたハルク・ホーガンとの抗争を開始する。翌1995年からは、ブッチャーとアバランシュをペイントレスラーのゾディアックとシャークに変身させ、カマラやミング、ザ・ジャイアントらを配下に、モンスター軍団の ダンジョン・オブ・ドゥーム ( The Dungeon of Doom )を率いて活動。自らを ザ・タスクマスター ( The Taskmaster )と称し、ザ・ウィザードことキング・イヤウケアの「息子」として、ホーガン、スティング、ランディ・サベージらベビーフェイス勢との抗争を指揮した。

WCWではエリック・ビショフの体制下、リック・フレアー、アーン・アンダーソン、ラリー・ズビスコらと共にブッカーも兼任していたが、マッチメイクを巡ってブライアン・ピルマンなど選手との確執も起こしている( 詳細は「ブライアン・ピルマン」の項を参照 )。妻だった女性マネージャーのウーマンとクリス・ベノワとの不倫アングルでは、ウーマンを巡ってベノワと抗争を展開したが、ベノワとウーマンは実際に恋仲になり、ウーマンはサリバンと離婚の上で正式にベノワと再婚した。1997年4月12日にはWCWとの提携ルートで新日本プロレスの東京ドーム大会に来日し、ベノワとの因縁マッチを行っている。WWFとのマンデー・ナイト・ウォーズが激化していた1998年からはブッキング業務に専念し、2000年1月には一時更迭されていたビンス・ルッソに代わってヘッド・ブッカーに就任したが、ブッキングに不満を持つベノワ、エディ・ゲレロ、ディーン・マレンコ、ペリー・サターンらが同月にWWFに移籍し、ほどなくしてサリバンも退陣した。

2001年のWCW崩壊後は、2003年にTNA、2006年にジャガロ・チャンピオンシップ・レスリングに登場。2014年にはNWA殿堂に迎えられた。近年も各地のインディー団体に時折出場している。

                                     

2. 得意技

ダイビング・フット・スタンプ この技はサリバンがW★INGに参戦していた際、全日本女子プロレスからゲスト参戦していた伊藤薫に直伝された。
                                     

3. 獲得タイトル

チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座: 1回
  • NWAフロリダ・タッグ王座: 3回(w / マイク・グラハム)
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版): 4回
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・タッグ王座: 1回(w / トニー・アトラス)
  • NWAナショナルTV王座: 2回
  • NWAジョージア・ジュニアヘビー級王座: 2回
ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング / サウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAコンチネンタル・ヘビー級王座: 2回
  • NWAガルフ・コースト・タッグ王座: 2回(w / ケン・ルーカス)
  • NWA USタッグ王座(ガルフ・コースト版): 1回(w / ケン・ルーカス)
  • NWA USジュニアヘビー級王座(アラバマ版): 2回
セントラル・ステーツ・レスリング
  • NWA世界タッグ王座(セントラル・ステーツ版): 1回(w / ケン・ルーカス)
NWAミッドアメリカ / コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
  • NWAミッドアメリカTV王座: 1回
  • NWA南部タッグ王座(ミッドアメリカ版): 1回(w / レン・ロッシー)
  • NWA世界タッグ王座(ミッドアメリカ版): 2回(w / ロバート・フラー、マイク・グラハム)
  • AWA南部タッグ王座: 2回(w / ウェイン・ファリス)
サザン・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA南部ヘビー級王座(テネシー版): 1回
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWA USタッグ王座(ミッドアトランティック版): 1回(w / スティーブ・ウィリアムス)
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
  • WCW世界タッグ王座: 1回(w / カクタス・ジャック)
イースタン・チャンピオンシップ・レスリング
  • ECWタッグ王座: 1回(w / タズマニアック)
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCWヘビー級王座: 1回


                                     

4. マネージャー担当選手

プレイング・マネージャーとして、NWAやWCWにおいてヒールのマネージメントも兼任していた(サリバン自身のマネージャーは、妻でもあったウーマンをはじめ、ゲーリー・ハート、サー・オリバー・フンパーディンク、センシュアス・シェリー、ジャクリーンなどが務めていた)。

  • オズ
  • カマラ
  • カクタス・ジャック
  • ミング
  • カリーム・モハメッド
  • ワンマン・ギャング
  • スーパースター・ビリー・グラハム
  • マハ・シン
  • ザ・ナイトストーカー
  • マイク・ロトンド
  • アブドーラ・ザ・ブッチャー
  • スティーブ・ウィリアムス
  • カルマ
  • ザ・ゾディアック
  • バンバン・ビガロ
  • バズ・ソイヤー
  • ザ・シャーク
  • パープル・ヘイズ
  • ブラック・ブラッド
  • イライジャ・アキーム
  • ダニー・スパイビー
  • リック・スタイナー
  • ザ・ジャイアント
                                     

5. 外部リンク

  • Kevin Sullivan at WWE.com
  • Online World of Wrestling
  • The Internet Wrestling Database
  • The Accelerators Wrestling Rollercoaster
                                     
  • ケヴィン ロドニー サリヴァン 英語版 - アメリカ合衆国の俳優 映画監督 ケビン サリバン - アメリカ合衆国のプロレスラー ケヴィン サリ ヴァン 陸上選手 英語版 - カナダの陸上選手 ケヴィン サリ ヴァン オーストラリアンフットボール選手 英語版 - オーストラリアンフットボール選手
  • アメリカのアメリカンフットボール選手 コーチ ケビン グレッグ - アメリカの野球選手 ケビン クローン - アメリカのコラムニスト ケビン コスナー - アメリカの俳優 ケヴィン コンロイ - アメリカの俳優 ケビン サリバン - アメリカのプロレスラー ケビン サンダーソン - アメリカのテクノミュージシャン ケビン ジャービス
  • ひと夏をプリンスエドワード島で過ごそうと手紙をよこす 不安なジェーンだが父と会い父と過ごすうちに いきいきとめざましく成長してゆく 赤毛のアン に続き ケビン サリバン が1989年に映画化 別れた両親の仲を戻そうとする少女の話で キャストにはサラ ポーリーや 赤毛のアン に続きコリーン デューハーストなどが出演
  • スティーブ ウィリアムス Steve Williams オクラホマ大学出身 ダン スパイビー Dan Spivey ジョージア大学出身 ケビン サリバン Kevin Sullivan プレイング マネージャー ロトンド スタイナー ウィリアムスは ギミックではなく大学時代は実際にレスリング選手としての実績を残している
  • ケビン サリバン と結婚 WCW離脱後 全盛期のECWでサンドマンのマネージャーも務めていた時期もあった 程なくしてWCWに復帰 夫 サリバン とクリス ベノワのウーマンを巡る愛憎劇のストーリーの裏で 実際にベノワと恋愛関係となり サリバン と離婚の後に再婚 表舞台からフェードアウトし家庭に入った
  • 1972年 父親のエディ グラハムが主宰していたチャンピオンシップ レスリング フロム フロリダ CWF にてデビュー 当時ベビーフェイスだった ケビン サリバン との若手コンビで売り出される 1974年2月 エディ グラハムと共に全日本プロレスに初来日 前年にデビューしたジャンボ鶴田ともシングルマッチで
  • るNWAミッドアトランティック地区にて活動し グレッグ バレンタイン ポール ジョーンズ ワンマン ギャングらを担当 その後はフロリダに戻り ケビン サリバン と結託してローデスやブラックジャック マリガンと抗争を展開した 彼自身はレスラーではないが試合にも時折出場しており フロリダでは1980年に
  • ザ レネゲード w ジミー ハート vs ポール オーンドーフ 王者が防衛に成功 カマラ w ケビン サリバン vs ジム ドゥガン ダイヤモンド ダラス ペイジ vs デーブ サリバン WCW世界タッグ選手権試合 トライアングルマッチ ハーレム ヒート ブッカー T&スティービー レイ c w
  • ケビン サリバン 赤毛のアン 1985年 続 赤毛のアン アンの青春 1988年 赤毛のアン アンの結婚 2000年 ステファン スケイニ監督 赤毛のアン 新たな始まり 2008 ケビン サリバン 監督
  • 15, 447人 ジ アサシンズ マスクド アサシン1号&マスクド アサシン2号 vs. ルーファス R ジョーンズ&バグジー マグロー ケビン サリバン &マーク ルーイン vs. スコット マギー&ジョニー ウィーバー アブドーラ ザ ブッチャー vs. カルロス コロン ボブ オートン ジュニア&ディック スレーター