Back

ⓘ 補習科 (ほしゅうか)とは、日本で浪人生を対象として普通科の高等学校に設置された学科のことである。鳥取県のように専攻科が浪人生向け教育を担っているところもあった ..




                                     

ⓘ 補習科

補習科 (ほしゅうか)とは、日本で浪人生を対象として普通科の高等学校に設置された学科のことである。鳥取県のように専攻科が浪人生向け教育を担っているところもあった。明治時代に中学校令として設置された「補習科」が起源であるとされており、その補習科を中学校令が失効した後もそのまま継続させたものである。現在、公立高校に補習科を設置させてもよいという法律の根拠はない。

地方の予備校が少ない地域の普通科高校で設置させることが多く、予備校に比べるとかなり安い授業料で授業を受けることができる。その高校の卒業生しか入科できない場合が多いが、周辺校の卒業生の入科を認めている学校もある。また、その高校の卒業生であっても前年度の卒業生しか入科を認めていない高校が多いが、香川県立高松西高等学校のように複数年度にわたり入科・在籍を認めている高校も存在する。希望者は誰でも入科できるというわけではなく、入科試験を行っている学校が多い。現役時より校則が厳しいことが多い(例えば、数回遅刻で退学など)。授業を行う等の生徒の指導をするのは、その高校の教員である場合が多い。

東京都においては1968年(1967年度)に都の指導により都立高校の補習科は廃止された。予備校の進出、自治体の財政上の問題、入科希望者の減少などを理由に多くの高校で補習科は廃止され、現在補習科が存置されている高校のある県は少ない。島根県、岡山県、香川県、宮崎県のみである。

                                     

1. 補習科のある学校

公立高校

  • 岡山県立岡山操山高等学校
  • 岡山県立岡山朝日高等学校
  • 島根県立松江南高等学校
  • 岡山県立岡山一宮高等学校
  • 島根県立浜田高等学校
  • 宮崎県立宮崎南高等学校
  • 島根県立出雲高等学校
  • 島根県立松江東高等学校
  • 香川県立高松西高等学校
  • 香川県立観音寺第一高等学校
  • 岡山県立岡山芳泉高等学校
  • 香川県立坂出高等学校
  • 高松第一高等学校(高松市立)
  • 香川県立丸亀高等学校
  • 島根県立松江北高等学校
  • 香川県立高松高等学校

私立高校

  • 岡山高等学校
                                     

2. 補習科が独立した例

  • 福高研修学園 - 福岡県立福岡高等学校の補習科が学校法人として独立し、福岡高等学校の敷地内に予備校として存在していた(2016年閉校)。福岡県内で最後まで残った県立高校併設型予備校であった。
  • 倉吉鴨水館 - 鳥取県立倉吉東高等学校の専攻科廃止に伴い、高校既卒の大学志望者の勉学の場としてNPO法人が同校の敷地内に設置した教育施設。認可を受けて2017年に各種学校となった。県立高校併設型予備校。
  • 城北中学校・高等学校・城北予備校 - 旧制東京府立第四中学校の補習科が私立学校として分離・独立し、戦後中高一貫校と予備校に発展した(現在予備校は廃止)。
                                     

3. 補習科に類する課程の例

  • 八洲学園高等学校 - 前述のやしま高等専修学校の専攻科での実績を基に、5年間在籍で発達障害のなどの生徒の社会的自立を促すための5年制コースを全国の通信制高校で初めて設けた。
  • 学校法人八洲学園
  • やしま高等専修学校 - 専修学校高等課程の3年の本科の上に2年制の「専攻科」があり、学習障害や発達障害の生徒に社会的自立を促す教育を行なっている。専攻科を名乗るものの学校教育法に定められた専攻科とは異なる。
  • 学校法人国際学園
  • 星槎国際高等学校 - 前述の八洲学園のように、社会的自立を促す「専攻科 標準コース」(修業年限1年以上)が設けられている。なお、かつての鳥取県立の高校専攻科のように、正式な専攻科として認可されており、大学とのダブルスクール生や高校新卒後の進学先や就職先を中途で辞め、高校在校時からの慣れた先生との繋がりを継続して入学する人もいる。
                                     

4. 関連項目

  • 補修科 - 本項の補習科とは別物。現在は警察学校や消防学校に設置されているが、旧制の実業学校での専門教育や海軍工廠での職業教育課程として設置されていた。
  • 専攻科
                                     
  • 補習 的内容の授業を行う 補習 授業校が多く存在する 補習 校を併設する日本人学校もある 日本語 補習 授業校と言うが 日本語を教える語学学級を持つ 補習 校は非常に少なく ほとんどの 補習 校は国語や算数を日本語で教える日本の学校として認識されている 時折 日本人学校 と称されるまぎらわしい 補習
  • 全日制課程 普通 科 1902年 明治35年 - 私立高知女学校設立 1902年 明治35年 - 成女学舎と合併 私立土佐女学校と改称 1903年 明治36年 - 高知共立学校と合同 1904年 明治37年 - 私立土佐高等女学校設立 1910年 明治43年 - 補習科 を設置 1926年 大正15年
  • 技芸専修 科 を実科と改称 補習科 を廃止 1920年3月 - 実科を廃止 1922年7月1日 - 同窓会名を あげまき会 とする 1925年4月 - 講 習科 を設置 1928年3月 - 生徒の制服を定める セーラー型 1938年4月 - 補習科 を設置 1943年4月 - 補習科 を廃止し 専攻 科 を設置
  • 町立高遠実業 補習 学校 高遠尋常高等小学校併設 長野県上伊那誌現代社会篇p.1200 高遠町誌p.237 1907年 - 高遠尋常高等小学校に 補習科 が創立 一部 高等小学校 補習科 二部 女子裁縫 科 三部 男子夜学科 四部 子守 科 を置いて 補習 教育を始めた 1914年 - 一部 高等 補習科 二部 夜学科 三部 裁縫科 とした
  • 5年制に変更 高等 科 を専攻 科 被服専攻 科 3年制 と改称 補習科 2年課程を廃止 1946年4月 専攻 科 に英語 科 を増設 1947年3月 専門学校令により大阪市立女子専門学校を設置 修業年限 3年 被服 科 育児 科 英語 科 大阪市立西華高等女学校の専攻 科 は廃止 専攻 科 在学生は市立女専に編入
  • 1927年 昭和2年 - 研究 科 を設置 1935年 昭和10年 11月 - 到津校舎に移転 1938年 昭和13年 この年 - 研究 科 を家政専攻 科 補習科 に改編 10月 - 新校舎落成式を挙行 1941年 昭和16年 - 教員養成 科 専攻 科 を設置 1944年 昭和19年
  • 北川翼 諸岡了介 2016年12月 地方における浪人生 補習科 と地域間格差 PDF 島根大学教育学部紀要 人文 社会科学 第50巻. 島根大学. 2018年4月28日閲覧 鳥取県立倉吉東高等学校 補習科 専攻 科 公式サイト 鳥取県立倉吉東高等学校 倉吉東高等学校育友会 PTA  
  • 宮古高等学校女子部 宮古女子高等学校 廃校 沖縄県立八重山高等女学校 八重山高等学校 沖縄県立八重山高等学校 首里小学校女子 補習科 首里女子実業 補習 学校 首里区立女子工芸学校 首里市立女子工芸学校 沖縄県立女子工芸学校 沖縄県立首里高等女学校 沖縄戦により壊滅 廃校
  • 橘樹郡橘 宮前村立高等明治小学校を橘 宮前2村学校組合で設立 仮校舎を梶ヶ谷西福寺に設置 修業年限を2ヵ年 さらに2ヵ年の 補習科 設置が許可された 私立学而学校と尋常盛隆小学校 補習科 が合併し創設 1905年 明治37年 - 高等明治小学校の 補習科 を廃し 修業年限4ヵ年の高等小学校となる 1910年 明治42年 - 明治小学校が2ヵ年の修業年限をもつ高等小学校となる
  • 修業年限 - 男子は6年 普通 科 5年 演 習科 1年 女子は5年 普通 科 4年 演 習科 1年 入学資格 - 普通 科 の場合は尋常小学校を卒業した12歳以上の者 演 習科 の場合は普通 科 の修了者 または中学校か修業年限4年の高等女学校の卒業者 特 科 修業年限: 3年または2年 入学資格: 修業年限2年の高等小学校卒業者 の設置が可能
  • 1886年 明治19年 - 玉簡易 科 小学校に改称する 1888年 明治21年 - 玉尋常小学校に改称する 1893年 明治26年 - 補習科 を設置 1923年 大正12年 - 農業 補習科 を設置 1926年 大正15年 - 青年訓練所を設置 1935年 昭和10年 - 農業 補習 学校及び青年訓練所を廃止 青年学校を設置