Back

ⓘ 汎神論 ..




                                               

ゴットホルト・エフライム・レッシング

ゴットホルト・エフライム・レッシング ( Gotthold Ephraim Lessing, 1729年1月22日 - 1781年 2月15日)は、ドイツの詩人、劇作家、思想家、批評家。ドイツ啓蒙思想の代表的な人物であり、フランス古典主義からの解放を目指し、ドイツ文学のその後のあり方を決めた人物である。その活動は、ゲーテやシラー、カント、ヤコービ、ハーマン、ヘルダー、メンデルスゾーンなど当時のドイツ文学・思想に多大な影響を及ぼした。西洋近代の転生説を最初に明記した人物と言われており、この転生思想は現代日本への影響も大きい。 また彼の死後、文学・哲学界でいわゆる「スピノザ論争」がおきた。

                                               

フォルテ・ガルテン

フォルテ・ガルデン は、ヘッセン州 ダルムシュタット市(ドイツ)にある私立の公共庭園である。マチルデンホーエのアールヌーヴォ―エリアにある多神教のパーマカルチャー庭園で、ジョン・ウィルクス、ヤコポ・フォギニ、ジェローム・アベル・セギュン、ヘソン・ヒョンなどの世界的に有名な彫刻家によってヴィクトル・シャウベルガーの「浮揚力」の発見が芸術的に描写されている。庭園はダルムシュタットのヘンリー・ノールドの私有地であるが、一般に公開されている。