Back

ⓘ キリスト教芸術 ..




                                               

黄金背景

黄金背景 (おうごんはいけい)とは、中世ヨーロッパの絵画技術である。

                                               

キーファーマルクトの祭壇画

キーファーマルクト(ケーファーマルクト)の祭壇画 (キーファーマルクト(ケーファーマルクト)のさいだんが、ドイツ語: Kefermarkter Flügelaltar )は、オーストリアのオーバーエスターライヒ州 キーファーマルクト(ケーファーマルクト)の教区教会にある後期ゴシック様式の祭壇画である。祭壇画は騎士クリストフ・フォン・ツェルキングが製作を依頼し、1497年に完成したと推測されている。豪華に装飾された木製の祭壇画には、中央部にペトロ、 ヴォルフガング およびクリストフォロスの各聖人が描かれている。側板にはマリアの生涯に題をとった情景が描かれ、祭壇画には複雑な上部構造とゲオルギオスおよびフロリアヌスの両聖人を示す ...

                                               

キリスト教美術史

キリスト教美術史 (キリストきょうびじゅつし)は、キリスト教文化における美術の歴史である。本項では、ローマ・カトリックやプロテスタント教会との関係の中での美術史を扱う。

                                               

祭壇画

祭壇画 (さいだんが)または アルターピース ( altarpiece )は、教会の祭壇飾りのこと。具体的には、宗教的題材を描いた絵もしくはレリーフを、教会の祭壇背後の枠の中に取り付ける。祭壇画はしばしば2つないしそれ以上の分かれたパネルから成り、パネルは板絵の技法で作られる。パネルが2つなら 二連祭壇画 、3つなら 三連祭壇画 、それ以上なら 多翼祭壇画 と呼ばれる。彫刻群を祭壇の上に置くこともあるし、場合によっては、祭壇そのものを指すこともある。 もし祭壇が聖歌隊席と区切られていなければ、祭壇画の表裏に絵を描くこともできる。内陣障壁、背障も一般に飾られる。 有名な例としては、 ゴシック期のファイト・シュトースの ...

                                               

殉教血史 日本二十六聖人

『 殉教血史 日本二十六聖人 』(じゅんきょうけっし にっぽんにじゅうろくせいじん)は、1931年10月1日に公開された日本映画である。

                                               

初期キリスト教美術

初期キリスト教美術 は、キリスト教初期段階の美術を指す。おそらく2世紀末から3世紀初頭に制作が開始されたと思われる。ローマ帝国勢力圏内で発生し、604年、教皇グレゴリウス1世の死まで続いた。古代ローマ末期の文化を母体として、政治的・宗教的状況の変化のはざまで、東方・西方世界それぞれに発展して行った。キリスト教独自の図像は、のちに神学体系の発展にともない、徐々に確立して行った。

                                               

聖会話

聖会話 はキリスト教の聖像様式あるいは主題のひとつで、特定のエピソードに依らず画面内に聖人を一堂に描いたものを言う。 聖母子を中心に、そのほかの聖人を配置する、 聖母子と聖会話 が一般的。 イタリア・ルネサンス期にこの様式が生まれる伊:sacra conversazione。 それまでは、多翼祭壇画として聖人像を並べるものであった。

                                               

聖家族

聖家族 (せいかぞく、羅: Sacra Familia )は、幼少年時代のイエス・キリストと養父ヨセフ、聖母マリアのことであり、キリスト教美術の主題のひとつであった。 聖家族をモチーフとした作品の創造は、15世紀から17世紀のルネサンス美術・バロック美術において盛んであった。よく描かれたのは『マタイによる福音書』が伝える聖母のエジプト逃避で、旅の途上で休憩するマリア母子が豊かな風景画として描かれた。後の画家は、この画題に幼い洗礼者ヨハネや他の聖人を配した。 16世紀のイタリア美術は、フランドル絵画の影響により風景画の技法が発達し、とくに宗教画でその技法が取り入れられた。ティントレットの『エジプトへの逃避』はその影 ...

                                               

聖母子像

聖母子像 (せいぼしぞう)は、聖母マリアと幼児イエス・キリストを共に描いたキリスト教、特に西方教会の図像をいう。 正教会では聖母子像という呼称は用いられない。そもそも生神女マリヤのイコンには一部の例外を除いてイイスス・ハリストス(イエス・キリストの現代ギリシャ語読み)も書き込まれるのがむしろ一般的であって、わざわざ「聖母子」と称する必要性がない。イコンの命名においてももっぱら「生神女」もしくは「神の母」と呼ぶ。

                                               

東方三博士の礼拝

東方三博士の礼拝 (とうほうさんはかせのれいはい、英語: Adoration of the Magi )は、キリスト教のイエス誕生の主題の名前である。 マギの礼拝 とも呼ばれる。

                                               

長谷川路可

長谷川 路可 (はせがわ ろか、1897年7月9日 - 1967年7月3日)は、大正・昭和にかけて国内外で活躍した日本画家・フレスコ画家。カトリック美術家としてキリスト教黎明期のキリシタンを題材にした宗教画制作に取り組むとともに、日本のフレスコ・モザイク壁画のパイオニアとして旧国立競技場などの公共施設に多くの作品を制作する。また、文化服装学院をはじめ、いくつかの教育機関で服飾史を講じた。本名は 龍三 。

                                               

ピエタ

ピエタ (イタリア語:Pietà、哀れみ・慈悲などの意)とは、聖母子像のうち、死んで十字架から降ろされたキリストを抱く母マリア(聖母マリア)の彫刻や絵の事を指す。 多くの芸術家がピエタを製作しており、中でもミケランジェロが1499年に完成させた、現在のバチカンのサン・ピエトロ大聖堂にあるものが有名。この作品は、ミケランジェロが署名を入れた唯一の作品として知られる。なお、ミケランジェロはピエタを4体製作している(サンピエトロのピエタ以外の3つは未完)。 そのほか、ティツィアーノ、ドラクロワなどがピエタを製作している。

                                               

みんなの聖書 マンガシリーズ

『 みんなの聖書 マンガシリーズ 』(みんなのせいしょ マンガシリーズ)は、キリスト教聖書を漫画にして分かり易くしようとする取り組みで、5巻の日本語版が日本聖書協会から発行された。日本国外において、英語やスペイン語でも発行されて、特に若い世代へ聖書への理解を世界規模で広げようとする計画となっている。

                                     

ⓘ キリスト教芸術

  • ランド フランス スペイン ポルトガル ウェールズの守護聖人である 勇士たちは キリスト教芸術 民間伝承で英雄的な戦士として描かれている 最も特筆すべきはリチャード ジョンソン 英語版 による1596年の書籍 キリスト教 圏の七勇士の有名な歴史 英語: Famous Historie of the Seaven
  • キリスト教 美術史 キリスト きょうびじゅつし は キリスト教 文化における美術の歴史である 本項では ローマ カトリックやプロテスタン ト教 会との関係の中での美術史を扱う イタリアではゴシック美術は発達しなかった 絵画は自然描写や客観的表現に重点が置かれた 彫刻では ドナテッロが ダビデ や マグダ
  • キリスト の生涯における重要な事蹟の表現は そのメッセージを伝える上で重要となったが それだけではない キリスト の賛美は テッサロニキ勅令の後 キリスト教 信仰を持った皇帝を間接的に祝福している 帝国と教会の関係はますます緊密になり 特に5世紀からは キリスト教
  • 韓国の キリスト教 かんこくの キリスト きょう は大韓民国における キリスト教 本項では大韓民国のみならず朝鮮半島における キリスト教 の歴史と現状についても扱う 韓国統計庁の発表によると2005年の韓国において キリスト教 徒は総人口の約3割を占め 総人口の約2割を占める仏教徒よりも信者数が多く 韓国の宗教人
  • 初期 キリスト教 しょき キリスト きょう では 古代における キリスト教 の展開を概説する ここでは キリスト教 成立から新約聖書の成立までを原始 キリスト教 とし 新約聖書の成立後の1世紀後半から古代末期の3世紀までを 初期 キリスト教 とする 3世紀以降については古代末期の キリスト教 で詳述する
  • キリスト教 のメッセージを伝えようとする音楽が数えられる キリスト教 にテク スト 音楽性の題材をとる音楽も場合によっては キリスト教 音楽に含まれうるが キリスト教 に題材をとっている曲だからといって キリスト教 音楽とみなされるとは限らない たとえ歌詞が キリスト教
  • Auferstehung ロシア語: Воскресение では キリスト教 における復活を扱う キリスト教 においては 十字架につけられたイエス キリスト が 眠っている者の初穂として死人の中から復活したことが信仰されている コリントの信徒への手紙一 15: 20 キリスト が復活し キリスト の復活によって全ての人が生きるとされ コリントの信徒への手紙一 15:
  • キリスト教 はその地方ごとの変化をみせたかも知れない 早い時期のゲルマン人の 芸術 には 勝利した キリスト の表象がしばしばみられることから キリスト教 宣教師が キリスト を 強さと幸運を備えた人物 だと紹介したことを 研究者達は示唆している さらに キリスト
  • という英語に翻訳した この場面は 多くの キリスト教芸術 の題材となっている 芸術 の世界でエッケ ホモは キリスト の受難や生涯を描いた連作には不可欠な 重要な場面である 他に キリスト に対する鞭打ち 荊冠 嘲笑の場面 または荊冠と嘲笑の組み合わせなどが挙げられる 通常は ピラトと キリスト 嘲笑する群衆とエルサレムの街の部分が描写される
  • 末日聖徒イエス キリスト教 会 まつじつせいと イエス キリスト きょうかい 英: The Church of Jesus Christ of Latter - day Saints, 略称: LDS は 1830年にアメリカ合衆国ジョセフ スミス ジュニアによってイエス キリスト