Back

ⓘ 防諜 ..




                                               

オルドリッチ・エイムズ

オルドリッチ(オールドリッチ)・ヘイゼン・エイムズ は、CIA工作官。ソ連KGBおよびロシアSVRの協力者である事が発覚し1994年に逮捕された。

                                               

メレディス・ガードナー

メレディス・ノックス・ガードナー はアメリカの言語学者、暗号解読者。20世紀のアメリカの防諜活動部隊の中で最も偉大な人物となった。英語の他にドイツ語、サンスクリット語、リトアニア語、スペイン語、フランス語、日本語、ロシア語を扱えるマルチリンガルであった。

                                               

外事課

外事課 (がいじか、英語:Foreign Affairs Division)とは、日本の公安警察の中で、外国諜報機関の諜報活動・国際テロリズム・戦略物資の不正輸出・外国人の不法滞在などを捜査する課である。

                                               

獲得工作

獲得工作 (かくとくこうさく)とは、情報機関が協力者を得るために使う工作活動の一種。

                                               

機密情報隔離施設

機密情報隔離施設 (きみつじょうほうかくりしせつ、英: Sensitive Compartmented Information Facility 、略称: SCIF 〈 英語発音: 〉)とは、盗聴など外部からの諜報活動による情報漏洩の恐れなく機密情報を扱うための特定の基準を満たす設備を備えた施設。アメリカ合衆国連邦政府のインテリジェンス・コミュニティーを統括する国家情報長官室により認定される。

                                               

軍事機密

軍事機密 (ぐんじきみつ、英: military secrecy )とは、 軍事上の秘密情報。 軍事上の秘密に等級をつけ重要度を区別したときの名称の一つ。 「軍機」と略すことがある。

                                               

軍事情報包括保護協定

軍事情報に関する包括的保全協定 (ぐんじじょうほうにかんするほうかつてきほぜんきょうてい、英語: General Security of Military Information Agreement, GSOMIA 、ジーソミア)とは、同盟など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密軍事情報を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ協定。 この協定は、軍事技術だけではなく戦術データ、暗号情報、高度のシステム統合技術など有事の際の共同作戦に必要な情報が網羅的に対象となる。秘密情報活動で得られた情報も含まれるのが一般的とされている。 2019年8月現在、日本はアメリカ合衆国やNATOなど7カ国と、アメリカ合衆国は60カ国以上と、韓国は21カ国とこの協定を締結している。

                                               

戦時改描

戦時改描 (せんじかいびょう)とは、軍事的に重要な施設が、地形図上に偽って表現されたことである。初期には重要な施設を空白にしておく「省略改描」であったが、第一次世界大戦での首都爆撃を機に架空のリンゴ畑や桑畑が描かれるようになった。日本では主に第二次世界大戦中、陸軍参謀本部の外局である陸地測量部によって行われた。対象となったのは、軍事施設、基幹産業関連、皇室関連施設などで、その施設への攻撃などを恐れたためと考えられる。陸地測量部の主な仕事は改描と敵の改描の看破であり、貯水池は芝生、火薬庫は桑畑にしたりした。改描を行った際には、軍事関係の記号を「陸海軍官衙」として星の下に錨を描いた記号に変更し ...

                                               

デッド・ドロップ

デッド・ドロップ (英: Dead drop )とは、スパイが情報を交換する技術の一種。

                                               

特定秘密の保護に関する法律

特定秘密の保護に関する法律 (とくていひみつのほごにかんするほうりつ、平成25年12月13日法律第108号、英語:Specially Designated Secrets Act 略称SDS Act。)は、日本の安全保障に関する情報のうち特に秘匿することが必要であるものを「特定秘密」として指定し、取扱者の適性評価の実施や漏えいした場合の罰則などを定めた日本の法律である。通称は 特定秘密保護法 (とくていひみつほごほう)。 秘密保護法 、 特定秘密法 、 秘密法 などとも呼ばれる。 2013年(平成25年)10月25日、第2次安倍内閣が閣議決定をして第185回国会に提出し、同年12月6日に成立し、同年12月13日に公布され、2014年(平成26年)12月10日に施行した。

                                               

ハニートラップ

ハニートラップ ( 英: honey trap )は、スパイが行う色仕掛けによる諜報活動。女性スパイが男性に仕掛ける場合を指すのが通例。

                                               

キム・フィルビー

ハロルド・エイドリアン・ラッセル・「キム」・フィルビー (Harold Adrian Russell "Kim" Philby:1912年1月1日 - 1988年5月11日)は、イギリス秘密情報部(MI6)職員でソビエト連邦情報機関(NKVD、KGB)の協力者。 イギリスの上流階級出身者から成るソ連のスパイ網「ケンブリッジ・ファイヴ」の一人でその中心人物。MI6の長官候補にも擬せられたが、二重スパイであることが発覚しソ連に亡命した。

                                               

クラウス・フックス

クラウス・エミール・ユリウス・フックス (ドイツ語: Klaus Emil Julius Fuchs, 1911年12月29日 - 1988年1月28日)は、ドイツ生まれの理論物理学者。マンハッタン計画でアメリカの原子爆弾開発に貢献したが、そのかたわらスパイとしてソビエト連邦に機密情報を流し続けていた。スパイとして有罪判決を受け刑に服し、釈放された後は東ドイツの理論物理学の重要人物となった。

                                               

ロナルド・ペルトン

ロナルド・ペルトン ( Ronald William Pelton )は、元アメリカ国家安全保障局 の職員。借金に困って、ソ連のスパイとなったが、その後逮捕された。ペルトンがソ連に漏らしたアメリカ側の情報として、ソ連軍の海底ケーブル盗聴作戦「アイヴィー・ベル」がある。 ペルトンは最初アメリカ空軍に勤め、そこでロシア語を教わった。1960年代、通信傍受活動のためにパキスタンのペシャーワルに派遣される。ペシャーワル駐在中は、ギャンブルに興ずる姿がしばし目撃されていた。ペシャーワルに15ヶ月滞在後、国家安全保障局に移る。1980年にペルトンはNSAを退職する。その後は、安全保障とは関係のない職を転々とするものの、家の修理などの費用が ...

                                               

防衛秘密の漏洩

防衛秘密の漏洩 (ぼうえいひみつのろうえい)とは、2001年(平成13年)の自衛隊法改正において言及される防衛秘密(軍事機密。自衛隊用語での言い換え。)を外部に漏らす行為。発信側と受け手(漏洩を共謀し、教唆し、又は煽動した者)双方に罰を科される(場合によっては、過失による漏洩でも罰が科されることもある)。また、報道などで防衛省における秘密すべてを防衛秘密と表現される場合もあるため、正規の防衛秘密以外についても記述する。

                                               

セオドア・ホール

セオドア・アルヴィン・ホール (英語: Theodore Alvin Hall, 1925年10月20日 - 1999年11月1日)は、アメリカ合衆国の理論物理学者で、ソビエト連邦のスパイでもあった人物。マンハッタン計画でアメリカの原子爆弾開発に貢献したが、そのかたわらスパイとしてソビエト連邦のために活動し、プルトニウムを用いた原子爆弾「ファットマン」の詳細な設計や、プルトニウムの精製方法といった機密情報を流し続けていた。兄のエドワード・ナサニエル・ホール(Edward Nathaniel Hall, 1914年 - 2006年)はロケット工学者で、アメリカのICBM開発に主導的な役割を果たした人物である。

                                               

ヴィタリー・ユルチェンコ

ヴィタリー・ユルチェンコ (ロシア語: Виталий Юрченко 、 Vitaly Yurchenko 、1936年5月2日-)は、ソ連のKGB職員。退役大佐。対外諜報を担当した第1総局所属だったが、その中でもKRライン(防諜、カウンタースパイ)に属していた。

                                               

オットー・ヨーン

オットー・ヨーン (Otto John;1909年3月19日 - 1997年3月26日)は、ドイツの反ナチス・レジスタンス、ドイツの防諜機関である連邦憲法擁護庁(BfV)初代長官、ソ連国家保安委員会(KGB)のスパイ。

                                               

李春光事件

李春光事件 (りしゅんこうじけん)は、中華人民共和国駐日大使館の一等書記官が虚偽の身分で外国人登録証と銀行口座を取得し、ウィーン条約で禁ずる商業活動や、スパイ活動をしていたとされる事件。