Back

ⓘ 法思想史 ..




                                               

パヴェウ・ヴウォトコヴィツ

パヴェウ・ヴウォトコヴィツ (ポーランド語: Paweł Włodkowic 、1370年頃 – 1435年)は、15世紀ポーランドにおける、カトリック教会の教会法学者。クラクフ大学の学長も務めた。ラテン語名では、 パウルス・ウラディミリ ( Paulus Vladimiri )と呼ばれる。「ヴウォトコヴィツ」は姓ではなく父称(父の名はヴウォジミェシュで、ヴウォトコヴィツは「ヴウォジミェシュの倅」の意味)。

                                     

ⓘ 法思想史

  • 思想 を扱う場合は政治 思想史 経済 思想史 社会 思想史 法思想史 教育 思想史 科学 思想史 など 思想史 と呼ぶことがあるが 区別は曖昧である また アメリカのアーサー O ラヴジョイらが提唱した観念 史 というものもある 歴史学や哲学 史 文学 史
  • 経済 思想史 けいざいしそうし 英: history of economic thought は 思想史 の一種であり 経済 思想 すなわち経済現象をとらえる基盤となる 思想 や その歴史を研究する学問分野である 日本においては経済学 史 history of economics の名も使われる 経済 思想
  • 野尻武敏 経済社会 思想史 の地平 晃洋書房 2011年 社会 思想史 で採り上げるべき事項としては 何が社会 思想 なのかの考えによって変わってくるが 一般的には次の事項が指摘できよう ソクラテス プラトン 儒教 思想 法 家 思想 農家 思想 経世致用の学 経世論 古農書の 思想 ルネサンス ヒューマニズム 宗教改革 自然 法思想
  • i 岩波 哲学 思想 事典 1998年 p.1523 a b 渡辺章悟 インド仏教の 法 滅 思想 2 初期仏教資料をめぐって なお 釈迦の入滅の年代は 現代では学問的に見れば諸説あるため 末法の年代設定にも諸説あり 定まっていない 森新之介 末代観と末 法思想 摂関院政期 思想史 研究 思文閣出版 2013年
  • この流れの中で キリスト教もまた自然 法思想 に影響を与え 自然 法 をキリスト教化していく アウグスティヌスとその後継者たちは 永久 法 としての神定法を導入し 自然 法 をこれに帰属せしめた 教令集を編纂したグラティアーヌスは 自然 法 を十戒および福音書の中に含まれているものと説明する この
  • 羅馬私法提要 有斐閣 1941年 法律 思想史 河出書房 1943年 羅馬 法 全5巻 岩波書店 1943年 - 1944年 法律 思想史 愛文館 1946年 法思想史 勁草書房 1953年 ローマ 法 入門 有斐閣 1953年 法思想史 入門 宝文館 NHK教養大学 1956年 法思想史 の話 勁草書房 1968年
  • は 日本の法学者 東京大学名誉教授 専門は 法 哲学 政治 思想史 憲 法思想史 旧満州国斉斉哈爾市生まれ 東京大学の碧海純一の弟子で 日本におけるハンス ケルゼン研究の第一人者 1960年代よりケルゼン研究 カール シュミット研究 および日本憲法学 史 研究に取り組む 1982年から2年間は佐藤誠三郎
  • 八木鉄男 法をめぐる人と 思想 ISBN 978 - 4 - 623 - 02145 - 1 ミネルヴァ書房 1991年 田中成明 竹下賢 亀本洋 平野仁彦 法思想史 ISBN 978 - 4 - 641 - 05972 - 6 有斐閣 初版1988年 第2版1997年 濱真一郎 よくわかる 法 哲学 法思想 ISBN
  • 国民主義の 思想史 的研究 法 の基本概念の 史 的変化と理論の考察 法 解釈の技法と思考にかんする比較 法 的考察 丸山眞男研究 など 近代ドイツの国家と法学 東京大学出版会 1979年 丸山眞男論ノート みすず書房 1988年 法 の歴史と 思想 放送大学教育振興会 1995年 法 哲学講義 東京大学出版会 2002年
  • 17世紀イギリス憲 法思想史 議員免責特権 情報公開 個人情報保護 ポストノーティス命令と良心の自由 判例による基本的人権の保障の研究 オンブズマンによる国民保護の仕組及びその制度の研究 近代イギリス憲 法思想史 研究 ベーコンからロックヘ お茶の水書房, 1983年 一七世紀イギリス憲 法思想史 法律文化社
  • 田中成明 深田三徳 亀本洋 平野仁彦 法思想史 第2版 有斐閣 1997年 角田猛之 平野敏彦 トピック 法思想 羅針盤としての歴史 法律文化社 2000年 角田猛之 マルチ リーガル カルチャー 法 文化へのアプローチ 改訂版 晃洋書房 2002年 角田猛之 恒藤恭の学問風景 その 法思想 の全体像 法律文化社 1999年
  • 日本 思想 大系 日本近代 思想 大系 現代日本 思想 大系 古代 中世の 思想 近世 思想 近代 思想 戦後 思想 竹内洋 革新幻想の戦後 史 絓秀実 革命的な あまりに革命的な 佐々木敦 ニッポンの 思想 思想 哲学 思想史 日本の 思想史 家 日本人論 日本論 仏教 日本の仏教 鎌倉仏教