Back

ⓘ 人体 ..




                                               

人体

人体 (じんたい、英: human body )とは、人間の体を指す。

                                               

暗順応

暗順応 (あんじゅんのう、英語: adaptation )とは、可視光量の多い環境から少ない環境へ急激に変化した場合に、時間経過とともに徐々に視力が確保される、動物の自律機能である。

                                               

椅座

椅座 (いざ)は、姿勢のひとつ。椅坐、倚座、倚坐とも書き、読みはいずれも「いざ」。

                                               

エンバーミング

エンバーミング (embalming)とは、遺体を消毒や保存処理、また必要に応じて修復することで長期保存を可能にする技法。日本語では 遺体衛生保全 という。土葬が基本の北米等では、遺体から感染症が蔓延することを防止する目的もある。

                                               

骸骨

骸骨 (がいこつ)とは、第1義には、脊椎動物の死骸の腐敗が進んで有機物が消失したことで骨格だけになったもの。白骨。むくろ(骸)。死体。骨のほかに靭帯と軟骨をも含む。第2義には、体の骨。体の骨組。骨格。第3義には、勤めなどを終えた後の、役立たなくなった身の譬え。 英語では skeleton の第1義とおおよそ同義である。 日本語では一般に硬骨魚類などの骨格だけになった死骸は骸骨とは呼ばず、主にヒト、または哺乳類の骨格死体を骸骨と呼ぶ。ヒトの頭蓋骨(頭の骸骨)は「 髑髏 (どくろ、されこうべ)」「 しゃれこうべ "」などと呼ぶ。

                                               

外皮系

外皮系 (がいひけい)とは、皮膚、髪、羽毛、鱗、爪、皮膚腺とそれらの生成物(汗、粘液)を含む、しばしば動物の最も大きい器官系である。外皮系は動物を外界から区別し、分離し、守り、またその環境に関する情報を与える。水生または湿潤環境に生息する小型の無脊椎動物は、それらの外側の層(外皮)で呼吸する。このガス交換システムは、ガスが体内の液体の中へ、および中から外へ拡散するだけであるが、外皮交換と呼ばれる。英語のintegumentaryという語は、ラテン語で「覆うこと」を意味するintegumentumから来ている。