Back

ⓘ 仏教美術 ..




                                               

阿弥陀聖衆来迎図

阿弥陀聖衆来迎図 (あみだしょうじゅらいごうず)は、阿弥陀仏が多くの聖衆(菩薩衆)を従えて来迎する姿を描いた図。数ある作品の中で最高傑作とされる高野山有志八幡講十八箇院蔵のものなどが知られ、この作品は国宝に指定されている。

                                               

有賀祥隆

有賀 祥隆 (ありが よしたか、1940年11月6日- )は、日本の仏教美術史学者、東北大学名誉教授。

                                               

絵因果経

絵因果経 (えいんがきょう)は仏伝経典の代表的なものの1つである『過去現在因果経』の写本の一種で、巻子本の下段に経文を書写し、上段に経文の内容を説明した絵画を描いたもので、日本において平安時代以降盛行する絵巻物の原初的形態とみなされている。

                                               

絵仏師

絵仏師 (えぶっし)とは、僧籍にあって、主に仏教絵画の制作や仏像の彩色などに従事した専門職。 中国北宋もしくは日本鎌倉時代以後に、主に水墨画を描く禅僧(例外あり)を特に 画僧 (がそう)と呼んで、他の絵仏師と区別される場合もあるが、両者が混用される場合もあり、厳密な区別がある訳ではない。

                                               

円覚寺址十層石塔

円覚寺址十層石塔 (えんかくじし じっそうせきとう)は、大韓民国ソウル特別市鍾路区のタプコル公園にある朝鮮王朝時代の石塔。1962年12月20日、韓国の国宝第2号に指定された。

                                               

エンドレス・ノット

宝結び (サンスクリット語: śrīvatsa ; チベット語 དཔལ་བེའུ། dpal beu ; モンゴル語 Улзии )とは、結び目を用いた吉祥紋である。連続する無限を意味し、永久の繁栄、長寿、多幸などを願うシンボルである。 ジャイナ教と仏教における八吉祥( アシュタマンガラ (Ashtamangala;八吉祥)のうちのひとつであり、重要なシンボルである。さらにチベット、モンゴル、トゥヴァ共和国、カルムイク共和国、ブリヤート共和国など、チベット仏教の影響を大きく受ける地方の重要な文化的シンボルである。また中国芸術の中でも見られ、中国結びに取り入れられることもある。

                                     

ⓘ 仏教美術

  • 仏教美術 この項目では 仏教美術 視覚芸術 応用 美術 について解説する 仏教美術 ぶっきょうびじゅつ とは 仏教 に基づいた 美術 的実践であり 仏教 思想 信仰に基づいた礼拝対象 あるいはそれら活動のための造形 美術 の総称 これらの芸術には 仏陀や菩薩 実在 伝説上の尊格や尊者 祖師 または彼らの生涯
  • 奈良国立博物館 仏教美術 資料研究センター ならこくりつはくぶつかん ぶっきょうびじゅつしりょうけんきゅうセンター Research Center for Buddhist Art Materials of Nara National Museum は 仏教美術
  • 浄土 教美術 じょうどきょうびじゅつ は 仏教美術 の1種であり 浄土教 浄土信仰 に基づいた造形芸術をいう 日本では密 教美術 とともに平安時代から鎌倉時代 特に平安時代後期 にかけて大いに栄えた 多くは阿弥陀信仰に伴って生じた 例えば 阿弥陀堂 は 死ぬ前に極楽浄土を迎えることを望んだ貴族らが 中に
  • 美術 史は西洋 美術 史と平行に そして数世紀早く発展してきた イスラム 美術 インド 美術 中国 美術 日本 美術 は西洋に大きな影響を与えてきたが またその逆も言える 仏教美術 はインド亜大陸において 紀元前5 6世紀の釈尊の生涯から何世紀にも亘って発展してきた 仏教 の信者が各地に広がるにつれ 仏教美術
  • 光背 こうはい とは 仏像 仏画などの 仏教美術 や キリスト 教美術 などにおいて 神仏や聖人の体から発せられる光明を視覚的に表現したものである 後光とも呼ばれる 仏教美術 における光背は インド 仏教 では頭部の背後にある頭光 ずこう に始まり その後体全体を覆う挙身光 きょうしんこう が生まれた 仏教
  • 仏教美術 と非宗 教美術 の双方ともが繁栄した 応仁の乱 1467年 - 1477年 後100年以上にわたり 日本では政治的 社会的 そして経済的に分裂した戦国時代に突入した 徳川幕府が治める江戸時代に入ると 組織的宗教は人々の生活にはほとんど影響を及ぼすことはなくなり 残った 美術
  • 美術 作品はその大部分が宗 教美術 すなわち インド発祥の3宗教 仏教 ジャイナ教 ヒンドゥー教 と外来のイスラム教にかかわる 美術 である 現存する古代 中世インドの絵画や彫刻は ストゥーパ 仏塔 寺院などの建造物や石窟寺院を荘厳 装飾していたものが大部分であり インド 美術
  • 世界美術大全集 東洋編 第12巻 東南アジア 責任編集 小学館 2001 芸術学フォーラム 4 東洋の 美術 山岡泰造 曽布川寛共編 勁草書房 2006 アジア 仏教美術 論集 東南アジア 責任編集 中央公論 美術 出版 2019 肥塚隆 現代日本人名録 2002年 researchmap
  • たかあき 1911年3月9日 - 1983年1月5日 は 日本の 美術 史家 仏教 学者 真言宗の僧侶 京都市立芸術大学名誉教授 嵯峨 美術 短期大学元学長 密 教美術 や仏像研究の第一人者 密教図像学会会長も務めた 広島県生まれ インドネシア インド アフガニスタンなど 仏教美術 の伝流経路 源流地を訪ね歩いた 1911年
  • 151年 統治下にガンダーラ 美術 は繁栄し 多くの 仏教 建造物が建立された カニシカ王は 仏教 が中央アジアから極東にまで広がりを見せることになった最大の功労者だった 王のもとで ガンダーラは周辺文明の中心となり その地で栄えた 仏教美術 はアジア全域に広がった ペシャーワルには120メートルもの巨大な仏塔が建立されたほか 数多くの 仏教
  • あきら 1945年2月7日 - は 日本の 仏教美術 史学者 名古屋大学名誉教授 専門は 仏教美術 史 静岡県沼津市生まれ 1968年名古屋大学文学部美学 美術 史卒業 72年同大学院博士課程印度哲学中退 1969年よりインド パキスタン アフガニスタン 中国の 仏教美術 の調査を行う 1991年に 涅槃と弥勒の図像学