Back

ⓘ 古代エジプト ..




                                               

エジプト新王国

エジプト新王国 (エジプトしんおうこく、紀元前1570年頃 - 紀元前1070年頃)は古代エジプト史における時代区分。エジプト第18王朝の王イアフメス1世が第15王朝(ヒクソス)を滅ぼしてエジプトを再統一してからの時代が新王国に分類されている。古代エジプト文明が最も栄えた時代であり、この時代に建てられた無数の記念建造物、文化遺産は現在に至ってもエジプトに数多く残されている。

                                               

古代エジプト

古代エジプト (こだいエジプト、英: Ancient Egypt ; 阿: مصر القديمة ‎)は、古代のエジプトに対する呼称。具体的に、どの時期を指すかについては様々な説が存在するが、この項においては紀元前3000年頃に始まった第1王朝から紀元前30年にプトレマイオス朝が共和制ローマによって滅ぼされるまでの時代を扱う。 エジプトは不毛の砂漠地帯であるが、毎年春のナイル川の増水で水に覆われる地域には河土が運ばれて堆積し、農耕や灌漑が可能になる。この氾濫原だけが居住に適しており、主な活動はナイル河畔で行われた。ナイル川の恩恵を受ける地域はケメト(黒い大地)と呼ばれ、ケメトはエジプトそのものを指す言葉として周囲に広がるデシェレ ...

                                               

アアル

アアル (英: Aaru 、Yaaru、 IaruまたはAalu)とは、古代エジプト神話における楽園のこと。

                                               

アエギュプトゥス

アエギュプトゥス (ラテン語: Aegyptus )は、古代のエジプトがローマ帝国の属州だった時代の地名で、「エジプト(Egypt)」の語源でもある。シナイ半島は含まない点を除けば、属州の領域は現在のエジプトとほとんど同じ。西側はキュレナイカ属州と隣り合い、東側はアラビア属州と隣り合っていた。 元はプトレマイオス朝が支配していたが、紀元前30年にクレオパトラ7世とマルクス・アントニウスをオクタウィアヌス(のちの初代ローマ皇帝アウグストゥス)が破ったことにより、ローマの支配下に入った。またローマ皇帝の私領として、皇帝個人の収入源となった。この地域は、ローマ帝国にとって重要な穀物の供給地となった。7世紀にイスラム帝 ...

                                               

アテン

アテン 、 アトン (Aten)は、エジプトの太陽神の一つ。

                                               

アブシール

アブシール (Abusir、エジプト語: pr wsjr 、コプト語: ⲃⲟⲩⲥⲓⲣⲓ 、ギリシア語: Βούσιρις 、アラビア語: ابوصير ‎)はエジプトの考古遺跡の地名で、「オシリスの家または神殿」を意味する。エジプト古王国のネクロポリスがあり、後世の遺跡も追加されている。カイロの近郊にある。隣接するナイル川河畔の村も同じ名称である。サッカラから数キロメートル北にあり、サッカラと同様に古代エジプトの首都メンフィスの高級役人の墓地としても使われた。エジプトには他にもアブシールまたはブシリと呼ばれる村がある。 アブシールは、ギーザ北部からサッカラ以南まで南北に続く広大な「ピラミッド平原」の中では比較的狭い区域だが、古王国第5王朝 ...