Back

ⓘ 宮台真司. 宮台 真司 (みやだい しんじ、「宮臺眞司」とも表記。1959年3月3日 - )は、日本の社会学者、映画批評家。学位は社会学博士(東京大学・1990年)。東京都立大学 ..




                                     

ⓘ 宮台真司

宮台 真司 (みやだい しんじ、「宮臺眞司」とも表記。1959年3月3日 - )は、日本の社会学者、映画批評家。学位は社会学博士(東京大学・1990年)。東京都立大学教授。大学院大学至善館特任教授。「オウム事件真相究明の会」呼びかけ人。宮城県仙台市出身。

                                     

1.1. 経歴 1950 - 80年代

1959年、仙台市に生まれる。父親の転勤に伴い小学生時代の大部分を埼玉県入間市と京都府京都市で、小学6年生の秋から大学生時代を東京都三鷹市と神奈川県大和市で過ごす。小学生時代、6回転校を経験した。小学校時代については、度重なる転校経験や早生まれという身体的なハンディキャップがあったことなどから、「周囲やコミュニティーに対するコミュニケーションの手法について、非常に意識的だった」と振り返っている。「『自分』をどのようなキャラクターとして演じるか、転校するごとに自分で考えて切り替えていた」

1971年、学園紛争で荒廃していた麻布学園に進学する。宮台はこの頃から、好んで哲学や思想の本を読むようになる。1977年、麻布高校卒業。同年 駿台予備学校入校。一浪後の1978年、東京大学教養学部文科III類に進学。廣松渉・小室直樹・見田宗介・吉田民人等に師事した。1980年東京大学文学部社会学科進学、1982年東京大学大学院社会学研究科入学。1984年、同大学院修士課程修了。

                                     

1.2. 経歴 1990年代

1990年、権力関係を数理的(数理社会学)に分析する論文『権力の予期理論』で社会学博士の学位を取得。

1993年からブルセラ、援助交際、オウム真理教などを論じてメディアで注目され、ブルセラ社会学者として一躍論壇の主役に躍り出た。

『中央公論』1994年1月号に山崎浩一、秋元康との「逆襲された「メディアの神話」′93世相座談会」と題した対談が掲載された。

また1999年から神保哲生が代表を務めるインターネット放送局ビデオニュース・ドットコムで、神保とともに『マル激トーク・オン・ディマンド』のホストを務めている。

                                     

1.3. 経歴 2000 - 20年代

宮台の門下生として、鈴木謙介・西田亮介・鈴木弘輝らがいる。

                                     

2. 年譜

  • 1965年4月 - 東北大学附属小学校(現・宮城教育大学附属小学校)入学
以降、富士見市立鶴瀬西小学校(現・富士見市立つるせ台小学校)→京都市立松尾小学校→京都市立山階小学校→京都市立安朱小学校と転校
  • 1984年3月 - 東京大学大学院社会学研究科社会学Aコース修士課程修了
  • 1990年3月 - 東京大学大学院社会学研究科博士課程社会学博士学位取得(学位論文は「権力の予期理論〜了解を媒介にした作動形式〜」)
  • 1977年3月 - 麻布高等学校卒業
  • 1987年3月 - 東京大学大学院社会学研究科博士課程満期退学
  • 1993年4月 - 東京都立大学人文学部社会学科助教授(社会学教室)着任
  • 1971年3月 - 三鷹市立第六小学校卒業
  • 1974年3月 - 麻布中学校卒業
  • 1982年3月 - 東京大学文学部社会学専修課程卒業
  • 1987年4月 - 東京大学教養学部助手(社会学教室)着任
  • 1991年4月 - 東京外国語大学外国語学部専任講師(社会学教室)着任
2005年から首都大学東京(2020年から再度「東京都立大学」)に改組
  • 2007年4月 - 首都大学東京教授(社会学分野)昇任
東京都立大学大学院人文科学研究科社会行動学専攻社会学分野・人文社会学部人間社会学科社会学教室の教授(現職)
                                     

3. 人物

2015年12月9日には憲政記念館において、辻元清美議員の「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京」という政治資金規正法に基づく政治資金パーティーに参加している。

幼少時から霊感が強く、神秘的な経験を多く体験しており、不可解に思っていたが、現在では社会的に理解できる現象だという見解を持っているようである。

                                     

4.1. 主張 思想・活動・発言

1990年代はリベラルを名乗っていたが、2000年代になると天皇主義に基づく思想も展開する。「解放的関心の強烈な〈左〉と、条理によって条理の限界を見極める〈右〉は、論理的に両立可能」と主張する。

誤った右翼思想をもつと自らが定義した政治家に特に厳しく、「政府に逆らう者は反日分子」と発言した柏村武昭に対し、このような発言をする政治家を取り除くことが真の右翼であるとした。また小池百合子をアメリカ合衆国に何も条件をつけずにテロ対策特別措置法を延長したという理由で売国政治家とした。小泉内閣に関しては、その中期までは非常に好意的であり、メディアでも度々称賛してきた。 ただし2006年頃から竹中平蔵の主導した市場原理主義を厳しく批判している。

日本国憲法については改憲論者である。憲法改正をして、重武装化&対米中立であるべきであるとする。ここでの重武装とは対地反撃能力を中核とする抑止力としての反撃能力のことである。具体的には航続距離の長い爆撃機や長距離ミサイルを持つことで、激しい地上戦に持ち込まれないためにこそ重武装化すべきであると主張する。「重武装化&対米中立」化のためには、

  • アジア諸国の疑惑や懸念をどう取り除くか
  • 憲法改正に必要な国民意思や、重武装を制御する頭脳(民度)をどう形成するか
  • アメリカ合衆国の機嫌を損なわないようにするにはどうするべきか

などの障害を克服する必要があると主張する。また、押し付け憲法論は誤りだと主張する。

田原総一朗に対しては批判的で、2019年4月のAbemaPrimeにおいて「何のために朝生やってきたんだよ」と切り捨てた発言をしている。かつては『朝まで生テレビ!』の出演者から番組進行までの全てをプロデュースしており、田原の降番を主張したと述べている。

                                     

4.2. 主張 徴兵制度

徴兵制度について、大韓民国で施行されている大韓民国国軍の徴兵制度に対して好意を寄せている。安藤美冬との対談において、宮台の教え子であるイ・ヒョンソクの「社会化→脱社会化→再社会化」という言葉を引用した上で、徴兵制を評価し、日本でも「ネット上で「許さん!」と噴き上がる」人間に対する「処方箋」として徴兵制を導入するのは有効ではないかという趣旨の発言をしている。

宮台は、日本に徴兵制度を導入するのは現実的に不可能であるとするが、徴兵制度があると自分が、あるいは自分の子どもが、戦地に送られる可能性があるので、シビリアンコントロール(文民統制)のあり方をちゃんとチェックしよう、そのためにちゃんとした政治家を選ぼうという意欲が非常に強くなる。それが政治参加意欲の大きな原動力になると主張する。

                                     

4.3. 主張 映画

アントニオ・グラムシの影響で映画によって革命を起こすべく映画作家を目指し、それに役立つと考えて社会学を学んだ。

映画監督の園子温とは個人的にも親交があり、園監督の「紀子の食卓」(2006年)を非常に高く評価している。また「愛のむきだし」(2008年)には、新宗教の指導者の一人として出演している。「ヒミズ」(2012年)では、テレビの中で東日本大震災について語る知識人という役で出演している。「ラブ&ピース」(2015年6月27日、アスミック・エース)では、討論番組での知識人の一人として出演している。

                                     

4.4. 主張 セクシュアリティ・結婚

性風俗、セクシュアリティ、自身の性体験などについても活発に研究・発言している。売春合法化論者。援助交際を専門的に調べるきっかけは、当時付き合っていた女子高生が、援助交際をやっていたからだった。過去にテレクラにハマっていた時期があったが、母親に50枚の会員証が見つかり、すべて捨てられている。なお、その後も続けていた。

最初に自慰をしたのは小学3年生あたりで、対象にした漫画のキャラクターは『サイボーグ009』に登場するフランソワーズ・アルヌール。この時の妄想は、自分自身がフランソワーズになりきって拷問される、というシチュエーションとのこと。

中学高校時代、空手道部に所属していた新入部員のときに、先輩から愛撫の仕方などを学んだとして、次のように自著で書いている。「先輩に全身なめられて、『宮台君はアドレナリンの匂いがするね。感じてるよ。チンチン勃ってるじゃないか』」と、全身を愛撫されたあと言われた。また、中学時代には中央線でよく男の痴漢にあったとして、「触ってくるのが 男でも、あの年代はすぐに変な気分になってチンチンが勃ちます(笑)。 しかも男が男に触られてるんだと恥ずかしくて、女の子みたいに 『この人痴漢です!』って言えないじゃないですか。だから触られ放題で、ずいぶん感じさせられました」と自身の体験について発言している。

宮台が最初に結婚したのは、イタズラ好きな友人からもらった、水を垂らすだけで陽性反応と同じサインを示すエイズ検査のダミーキットを、それとは知らずに、当時交際していた女性と自分の唾液を混ぜて使ったところが、エイズの陽性反応が出たと思い込んだことがきっかけであるが、その後にテレクラ問題の報道が要因となり、離婚に至る。

現在の伴侶は、東京大学名誉教授佐伯胖の娘であるが、過去に佐伯の教育論を大批判しており、結婚を決めた女性が、その佐伯の娘であるとは知らず、佐伯の両親に結婚の挨拶しに行くのが大変困った。なお、結婚に反対しなかったのは佐伯胖だけで、結婚の際に言われたのは「うちはカトリックですよ、離婚はできませんよ」の一言だけだった。

                                     

4.5. 主張 オウム事件真相究明の会

2018年6月4日に立ち上げ記者会見を行った「オウム事件真相究明の会」では、呼びかけ人として名前を連ねた。オウム真理教については、教祖の麻原彰晃(2018年7月6日死刑執行)に対する確定判決で、「被告人は、東京に大量のサリンを散布して首都を壊滅しその後にオウム国家を建設して自ら日本を支配することなどを企て、ヘリコプターの購入及び出家信者によるヘリコプターの操縦免許の取得を図るとともに、大量のサリンを生成するサリンプラントの建設を教団幹部らに指示したものというべきである」という事実認定がされているが、宮台はこの記者会見で、「いわゆるですね私利私欲に基づく犯罪、人殺し、あるいは、いわゆる誰から見ても脅迫だと分かるような手段による、そうした手段を用いた命令による人殺しと今回の事件は違っているんですね」、「今の凶悪犯罪と違って、自分は攻撃性は無いと、人を憎んではいない」と述べた。これに対して江川紹子、滝本太郎、青沼陽一郎、山口貴士は、長年に渡って行われていた裁判の結果を見ていない、信者の主張を助けているなどと批判した。

                                     

5. 評価

政治学者の姜尚中は「宮台さんこそ、現代における丸山眞男のもっとも卓越した後継者」と評価している。

                                     

6.1. 著作 「M2」単行本シリーズ

宮崎哲弥との共著

  • 『M2:ナショナリズムの作法』(インフォバーン、2007年)
  • 『M2:思考のロバストネス』(インフォバーン、2006年)
  • 『ニッポン問題。M2:2』(インフォバーン、2003年)
  • 『M2われらの時代に』(朝日新聞社、2002年)
  • 『エイリアンズ――論壇外知性体による「侵犯」的時評03-04』(インフォバーン、2004年)
                                     

6.2. 著作 マル激単行本シリーズ

神保哲生との共著

  • 『アメリカン・ディストピア――21世紀の戦争とジャーナリズム』(春秋社、2003年)
  • 『増税は誰のためか 』(扶桑社、2012年)
  • 『反グローバリゼーションとポピュリズム 「トランプ化」する世界』光文社、2017年
  • 『ネット社会の未来像』(春秋社、2006年)
  • 『漂流するメディア政治――情報利権と新世紀の世界秩序』(春秋社、2002年)
  • 『沖縄の真実、ヤマトの欺瞞』(春秋社、2010年)
  • 『暴走する検察 歪んだ正義と日本の劣化』光文社、2020年
  • 『天皇と日本のナショナリズム』(春秋社、2006年)
  • 『地震と原発 今からの危機』(春秋社、2011年)
  • 『中国――隣りの大国とのつきあいかた』(春秋社、2007年)
  • 『教育をめぐる虚構と真実』(春秋社、2008年)
                                     

6.3. 著作 「人生の教科書」シリーズ

藤原和博との共著

  • 2005年に、1つの文庫本にまとめた『人生の教科書「よのなかのルール」』がちくま文庫より出版されている。
  • 『人生の教科書「よのなか」』(筑摩書房、1998年)
  • 『人生の教科書「ルール」』(筑摩書房、1999年)
                                     

6.4. 著作 編著

  • 『サブカル「真」論――Thats Japan special:連続シンポジウムの記録』(ウェイツ、2005年)
  • 『統治・自律・民主主義―パターナリズムの政治社会学』(現代位相研究所、2012年)
  • 『教育「真」論――Thats Japan special:連続シンポジウムの記録』(ウェイツ、2004年)
                                     

6.5. 著作 共編著

  • (辻泉・岡井崇之)『「男らしさ」の快楽――ポピュラー文化からみたその実態』(勁草書房、2009年)
  • (鈴木弘輝)『21世紀の現実――社会学の挑戦』(ミネルヴァ書房、2004年)
  • (高岡健)『こころ「真」論:連続シンポジウムの記録』(ウェイツ、2006年)
  • (門脇厚司)『「異界」を生きる少年少女』(東洋館出版社、1995年)
                                     

6.6. 著作 共訳書

  • (大澤真幸)G・スペンサー=ブラウン『形式の法則』(朝日出版社、1987年)
                                     

7. 出演番組

  • 博士も知らないニッポンのウラ(ミランカ)
  • マル激トークオンディマンドビデオニュース・ドットコム
                                     

8. その他

  • TEPCOインターカレッジデザイン選手権審査委員
  • 第27期東京都青少年問題協議会 委員
                                     

9. 外部リンク

  • 教員紹介 宮台 真司 | 東京都立大学
  • 宮台真司 miyadai - Twitter
  • MIYADAI.com Blog閉鎖
  • マル激!メールマガジン(まぐまぐ)
  • ビデオニュース・ドットコム (神保哲生と毎週放送するインターネット放送)