Back

ⓘ 終末論 ..




                                               

2012年人類滅亡説

2012年人類滅亡説 (にせんじゅうにねんじんるいめつぼうせつ)は、マヤ文明で用いられていた暦の1つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に1つの区切りを迎えるとされることから連想された説である。 21世紀初頭のオカルト雑誌や予言関連書などで、1999年のノストラダムスの大予言に続く終末論として採り上げられてきたが、懐疑的な論者はマヤ暦の周期性は人類滅亡を想定したものではないと反論をしている。学術的にもマヤ人の宗教観や未来観を知る上で意味があるとしても、それが現実に対応するものとは考えられていない。 結果として2012年に人類が滅亡することはなく、この説は従来の全ての「滅亡予言」同様に的中しなかった。

                                               

宇宙の終焉

宇宙の終焉 (うちゅうのしゅうえん、Ultimate fate of the universe)とは、宇宙物理学における、宇宙の進化の最終段階についての議論である。さまざまな科学理論により、さまざまな終焉が描かれており、存続期間も有限、無限の両方が提示されている。 宇宙はビッグバンから始まったという仮説は、多くの科学者により合意を獲得している。宇宙の終焉は、宇宙の質量 / エネルギー、宇宙の平均密度、宇宙の膨張率といった物理的性質に依存している。

                                               

カリ・ユガ

カリ・ユガ (サンスクリット語: कलियुग 、男性の悪魔カリの時代、悪徳の時代とも呼ばれる)は、インド哲学において循環すると考えられている4つのユガのうち、最後の段階である。他の3つは サティヤ・ユガ 、 トレーター・ユガ 、そして ドヴァーパラ・ユガ である。 スーリヤ・シッダーンタ による、ヒンドゥー暦や仏滅紀元といった紀年法の基礎となっている天文学の論文によれば、カリ・ユガはユリウス暦では紀元前3102年2月18日午前0時より、グレゴリオ暦を過去に適応すれば紀元前3102年1月23日より始まった。また、この日付はクリシュナが地球を離れ、自身の住処へ帰った日であると多くのヒンドゥー教徒によって考えられている。ヒンド ...

                                               

終末兵器

終末兵器 (しゅうまつへいき)または 最終兵器 (さいしゅうへいき、英語: Doomsday device)は、惑星(多くの場合、地球)上のすべての生物を滅ぼすことができ、終わりの時(ドゥームズデイ)をもたらすという仮定上の装置、兵器。 「終末兵器」や「 核のホロコースト 」といった概念は20世紀、特に第一次世界大戦以降に文学や芸術分野から発生したもので、急速に進歩する科学技術が最終的に世界の破滅をもたらすという現実的な恐怖をその端緒としている。この問題を扱ったサイエンス・フィクションは、これまでに世界中で数多く執筆されてきた。1960年代に英語で doomsday machine という語が登場したが、次第に頭韻を踏んだ doomsday dev ...

                                               

推背図

推背図 (すいはいず、簡体字:推背图、繁体字:推背圖)は、中国に伝わる讖緯(予言)書。唐代の李淳風と袁天罡によるものとされる。

                                               

ティブルのシビュラ

ティブルのシビュラ (Tiburtina Sibylla) は、伝説上のシビュラの一人であり、その人物に仮託された予言書の仮題でもある。シビュラとは古代の巫女、女預言者のことであり、伝説上、10人いたとされるシビュラのうち、ティブルのシビュラはその名のとおり、ティブル (現ティヴォリ)にいたとされる。彼女の予言をまとめたとされる書物は正式名を持たないので、『ティブルのシビュラ』あるいは『ティブルのシビュラの託宣』などと呼ばれることもある。ただし、伝説的な予言書である『シビュラの書』や、キリスト教において新約外典などに分類される『シビュラの託宣』とは、まったく別の文書である。もちろん、その作品は古代の権威ある巫女 ...

                                               

天の戦い

天の戦い (てんのたたかい)は、『ヨハネの黙示録』に登場する、天国で大天使ミカエルが率いる 天使軍団 とドラゴンの戦争である。悪魔やサタンと認められた者は、倒されて地上に追放される。

                                               

ドゥームズデー・カルト

ドゥームズデー・カルト (英: doomsday cult )とは、人類の絶滅を信じるカルト信仰。終末論の1つ。"doom"は、英語で「凶運」や「死」を意味する語である。

                                               

熱的死

熱的死 (ねってきし、英: The heat death of the universe)とは、宇宙の最終状態として考えられうる状態で、宇宙のエントロピーが最大となる状態を指す。この状態に達した宇宙は完全に均一であり、何も変化しなくなる。

                                               

ノストラダムスの大予言

『 ノストラダムスの大予言 』(ノストラダムスのだいよげん)は、1973年に祥伝社から発行された五島勉の著書。フランスの医師・占星術師ノストラダムスが著した『予言集』(初版1555年)について、彼の伝記や逸話を交えて解釈するという体裁をとっていた。その中で、1999年7の月に人類が滅亡するという解釈を掲載したことにより、公害問題などで将来に対する不安を抱えていた当時の日本でベストセラーとなった。実質的に日本でのノストラダムス現象の幕開けとなった著作であり、オカルトブームの先駆けともなった。 翌1974年には、東宝でこれを原作にした同名の日本映画も制作公開されている(当時の文部省推薦映画)。その作品については、 ...

                                               

ビッグクランチ

ビッグクランチ (Big Crunch)とは、予測される宇宙の終焉の一形態である。現在考えられている宇宙モデルでは、宇宙はビッグバンによって膨張を開始したとされているが、宇宙全体に含まれる質量(エネルギー)がある値よりも大きい場合には、自身の持つ重力によっていずれ膨張から収縮に転じ、宇宙にある全ての物質と時空は無次元の特異点に収束すると考えられる。 ただし、プランク長と呼ばれる微小な長さよりも十分に小さくなった宇宙を理論的に取り扱うためには、一般相対性理論に加えて量子力学的効果をとり入れる必要がある。このような理論を量子重力理論と呼ぶが、2020年現在では完全な量子重力理論はまだ構築されていないため、ビッ ...

                                               

ビッグリップ

ビッグリップ は、2003年に公表された宇宙の終焉についての仮説である。恒星や銀河から原子や亜原子粒子に至るまで、宇宙の全ての物質は、宇宙の加速のために未来のある時点でバラバラになる。理論的には、宇宙の計量は、有限な時間で無限大になりうる。

                                               

百王説

                                               

プレッパー

プレッパー (Prepper)とは、自然災害や経済恐慌などで発生するカタストロフィに対処するため、生存術や物資の備蓄、避難訓練などに日常的に取り組んでいる人のこと。中央政府や地方自治体の公的支援を当てにせず、自力で生き延びることを信条としている。「prepare(準備する、備える)」に由来し、即ち「備える人」を意味する。

                                               

ヘヴンズ・ゲート (宗教団体)

ヘヴンズ・ゲート (英: Heavens Gate ;日: 天国の門)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴを拠点に活動した、マーシャル・アップルホワイトとボニー・ネトルスによるUFOを信仰する宗教団体である。1997年のヘール・ボップ彗星出現の際に集団自殺を行い、消滅した。 神智学協会や近現代の様々な大衆運動の影響を受けているが、宗教学者の吉永進一は、ヘブンズ・ゲートの教義はグノーシス主義の系譜に連なると指摘している。

                                               

膨張する宇宙の未来

これまでの観測結果から推測すると、宇宙の拡大が永遠に続くことが示唆されている。 もしこの推測が正しければ、宇宙が膨張するのに伴い、宇宙は冷却され、最終的に生命を維持することができなくなるというのが定説である。 そのため、この宇宙の終焉のシナリオは、熱的死と一般に呼ばれている。 もし宇宙定数で表されている通り、定常的にエネルギーが宇宙に対して均一に分布しているか、クインテッセンスのようなスカラー場が時間と空間を変えるエネルギーの密度の係数が動的に変化し、宇宙の膨張を加速させるのであれば、銀河団の間の距離はますます遠ざかっていくだろう。さらに赤方偏移により、古代の宇宙からの光はより波長が引き伸ば ...

                                               

ムースピリ

『 ムースピリ 』( ムスピリ 、 ムスピッリー とも、Muspilli)は、古高ドイツ語による叙事詩としてはわずかに2つ残存している作品のうちの1つである。 もう1つの詩が『ヒルデブラントの歌』である。

                                               

黙示

黙示 (もくし、古希: Απōκάλυψις 、希: apocalypsis 、アポカリプス)は、初期のユダヤ教およびキリスト教において、神が選ばれた預言者に与えたとする「秘密の暴露」、またそれを記録したもの。黙示を記録した書を 黙示文学 (もくしぶんがく)という。黙示文学はユダヤ教・キリスト教・イスラム教の伝統において極めて重要である。 黙示文学では、天地創造以来現代を経て終末に至るまでの時代区分の説明、善と悪の対立、現代が悪の支配する時代であるという認識、終末による悪の時代の終焉、死者の復活、最後の審判、天国と地獄などの教義が与えられている。 黙示文学は元来、ギリシア語を話すユダヤ人に向けて書かれたものだったようであ ...

                                               

ユニバーサル・ライフ

ユニバーサル・ライフ は、一部の" 新啓示運動”のメンバーや" カルト批評家”らなどからも批評され、何かと物議を醸すことでも知られている、ドイツのヴュルツブルクに本拠地を置くキリスト教系の新宗教運動である。このグループは、もとは"Heimholungswerk Jesu Christi"(ドイツ語で「イエス・キリストを家に呼び寄せる働き」)と呼ばれていたが、1984年以降は『ユニバーサル・ライフ』として知られるようになった。 非公式の略号 は"UL"

                                               

ラグナロク

ラグナロク ( 古ノルド語 : Ragnarøk (Ragnarök、ラグナレク))は、北欧神話の世界における終末の日のことである。 元来の語義は「神々の死と滅亡の運命」であったが、『新エッダ』の作者スノッリが誤ってこの語RagnarökをRagnarök r Ragnarök krと同一視したことが原因で「神々の黄昏」という誤訳が生まれ、広く流布している。