Back

ⓘ 政治経済学 ..




                                               

政治経済学

政治経済学 (せいじけいざいがく、英語: political economy )は、経済現象を社会的な構造や諸制度、文化、政治体制などを含めた広い視野から分析する学問。

                                               

アベノミクス

アベノミクス ・ 安倍ノミクス (英語・フランス語・ドイツ語: Abenomics、ロシア語: Абэномика (アベノミカ))は、日本の安倍晋三(当時自由民主党総裁・内閣総理大臣)が第2次安倍内閣において掲げた、一連の経済政策に対して与えられた通称である。主唱者である「 安倍 」の姓と、経済学・経済理論の総称である「 エコノミクス (英: economics )」とを合わせた造語(混成語)。 2013年6月14日発表の「日本再興戦略」で全体像が明示されたアベノミクスは、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「三本の矢」を経済成長を目的とした政策運営の柱に掲げている。

                                               

安定恐慌

安定恐慌 (あんていきょうこう)とは、インフレを収束させるため政府が金融を引き締めて貨幣価値を安定させる政策をとるときに起こる恐慌状態のこと。安定不況とも呼ばれる。

                                               

イギリス歴史学派

イギリス歴史学派 ( イギリスれきしがくは、English historical school of economics)とは、ドイツほど有名では無いにせよ、デイヴィッド・リカードの演繹的手法が成功を収めた後の19世紀初頭、経済学における帰納的アプローチへの回帰を目指した一派。 フランシス・ベーコンやアダム・スミスら、経験主義や帰納法を重視した先人を継承したとされる。ウィリアム・ヒューウェルやウォルター・バジョット、アーノルド・トインビー、ジョン・ケルズ・イングラムらが属した。 なお、ドイツ歴史学派とは事実上無関係に発展を遂げており(イングラムのように影響を受けた者もいるが)、従前のイギリス経済学に対する批判意識により生まれたものと ...

                                               

クネノミクス

クネノミクス は、朴槿恵韓国大統領が掲げる経済政策を指す言葉である。現地メディアなどが使っている。毎日経済新聞が発行した本のタイトルが名前の由来となっている。

                                               

クリントノミクス

クリントノミクス (英:Clintonomics)は、アメリカのビル・クリントン大統領が掲げた経済政策。 クリントン政権下で、1996年に最低賃金が引き上げられた。この際に失業率の上昇はみられず、低所得者層の給料が増加する結果となった。最近の研究では、最低賃金の上昇は労働者の離職・転職率を減少させ、会社の労働生産性を向上させることがわかっている。最低賃金引き上げは、労働生産性増加すなわち会社の収益増という形で賃金上昇によるビジネスコストの上昇を埋め合わせる。 「双子の赤字」と呼ばれ30年近く続いていた連邦政府の財政赤字は1998年に解消され、2001年まで黒字が続いた。

                                               

軍産複合体

軍産複合体 (ぐんさんふくごうたい、Military-industrial complex, MIC)とは、軍需産業を中心とした私企業と軍隊、および政府機関が形成する政治的・経済的・軍事的な勢力の連合体を指す概念である。 この概念は特にアメリカ合衆国に言及する際に用いられ、1961年1月、ドワイト・D・アイゼンハワー大統領が退任演説 において、軍産複合体の存在を指摘し、それが国家・社会に過剰な影響力を行使する可能性、議会・政府の政治的・経済的・軍事的な決定に影響を与える可能性を告発したことにより、一般的に認識されるようになった。アメリカでの軍産複合体は、軍需産業と国防総省、議会が形成する経済的・軍事的・政治的な連合体である。

                                               

経済制裁

経済制裁 (けいざいせいさい、economic sanctions)とは、経済の力をもって制裁を加える国家行為である。 ある国家の行った、不当もしくは違法な行為に対して、行政府や議会などが民間企業や大衆に呼びかける道義的ボイコットから、封鎖海域や港湾などを設定し、同区域を航行・停泊する商船に臨検を行い、敵性国家に所属する貨物等を拿捕・没収するなど、さまざまな手段がある。また資産凍結など、金融制裁の手段がとられることがある。

                                               

経済ナショナリズム

経済ナショナリズム (economic nationalism)とは、国家による経済活動の管理を重視する政策や、それを支持するイデオロギーの1つ。 輸入関税や労働力・物品・資本に規制をかけてでも、国内経済での労働・資本形成についての安定を重視する。多くの場合新自由主義やグローバリズムと対立し、少なくとも無制限な自由貿易には懐疑的な立場を取る。保護主義・輸入規制も関連する。 大きな政府を志向するという点では、左派のイデオロギーと共通するが、左派のように「平等」「高福祉」を志向するわけでは、必ずしもない。 経済活動が、「Nation」(民族・国民・国家)の概念と不可分であることや、従来の自由主義と統制主義という二項対立では ...

                                               

古典的自由主義

古典的自由主義 ( こてんてきじゆうしゅぎ 、 ( 英: classical liberalism )は、個人の自由と小さな政府を強調する思想であり、伝統的自由主義、レッセフェール自由主義、市場自由主義、また英語ではリバタリアニズム、英米以外では単に自由主義(リベラリズム)と呼ばれることもある。 人間の合理性、個人の財産権、自然権、自由権の保障、個人の拘束からの自由、政府に対する憲法的制約、自由市場、そして政府に財政面の制約を課すための金本位制を重視する。これらの価値は、ジョン・ロック、アダム・スミス、デイヴィッド・ヒューム、デヴィッド・リカード、ヴォルテール、モンテスキューらの書物で挙げられているものである。このこ ...

                                               

最低限所得保障

最低限所得保障 (さいていげんしょとくほしょう、英:Guaranteed minimum income)は、「全ての個人にベーシックニーズを満たす一定額の所得を給付する」制度・構想である。 主なものとして 参加所得 Participation Income 負の所得税 Negative Income Tax 最低保障年金 社会配当 Social Dividend ベーシックインカム Basic Income 障害年金 Disability Pension などが存在する。それぞれの中身は給付に課される条件においてそれぞれ大きく異なる。

                                               

資産凍結

資産凍結 (しさんとうけつ、asset freezing)とは、資産の移動や処分を禁止したり制限すること。 具体的には、銀行に命じて銀行口座からお金を引き出すことや他の口座へ送金することをさせないようにしたり、土地の登記の変更することを禁止する、等々がある。

                                               

市場原理主義

市場原理主義 (しじょうげんりしゅぎ、英: Market fundamentalism )とは、低福祉低負担、自己責任をベースとし、小さな政府を推進し、政府が市場に干渉せず放任することにより国民に最大の公平と繁栄をもたらすと信じる思想的立場。 発言者の経済哲学によって批判的に軽蔑語として使われることもある。

                                               

市民参加型予算

市民参加型予算 (しみんさんかがたよさん)とは、自治体の予算配分を自治体職員ではなく、その自治体に住む住民が決定する制度である。ブラジルのポルトアレグレ市で1989年に始まり、その後ブラジル各地のみならずウルグアイやアルゼンチンなどの南米諸国や、スペイン・フランス・ドイツなどヨーロッパ諸国、アメリカ合衆国、カナダ、韓国にも広がりを見せている。参加民主主義及び連帯経済の一形態とみなされている。日本では、東京都や三重県のほか、一部の市町村で導入されている。中央政府では、ポルトガルで導入されている。

                                               

社会経済状況

社会経済状況 は、個人または家族(世帯)の社会状況のことである。教育(就学年数)、収入、職業などを組み合わせて評価する。SESは、資源、特権、権力へのアクセスのばらつきを明らかにする。 家族のSESを分析する場合は、世帯収入、稼ぎ手の教育(就学年数)、職業、および合計収入を調べ、個人のSESを分析する場合は個人の属性(収入、教育、職業など)のみを評価する 。 社会経済的状況 、 社会経済的地位 とも。

                                               

スタグフレーション

スタグフレーション (stagflation)とは、経済現象の一つであり、「stagnation(停滞)」と「inflation(インフレーション)」の合成語で、経済活動の停滞(不況)と物価の持続的な上昇が併存する状態を指す。

                                               

製造業に関する報告書 (ハミルトン)

製造業に関する報告書 (せいぞうぎょうにかんするほうこくしょ、英: Report on Manufactures )は、アメリカ合衆国建国の父であり初代アメリカ合衆国財務長官でもあるアレクサンダー・ハミルトンが、アメリカ合衆国議会の要請に応えて発行した3件の主要経済政策報告書のうち、三番目のものであり、代表作であると言うことができる。1791年12月5日に議会に提出され、新しい共和国の経済を活性化させ、1783年に終わったアメリカ独立戦争で勝ち取った国の独立を確かなものにする経済政策を推奨した。 ハミルトンの「製造業に関する報告書」は、イギリスのエリザベス1世時代の重商主義と、フランスのジャン=バティスト・コルベールの施策の双方 ...

                                               

相対的過剰人口

相対的過剰人口 (そうたいてきかじょうじんこう、英:relative surplus-population)は、マルクス経済学の用語。資本の有機的構成の高度化が資本蓄積の多くの局面で進むことにより、可変資本で購入する労働力の一部が過剰なものとなる。こうしたプロセスによって生み出される失業者を、相対的過剰人口という。産業予備軍とも呼ばれ、景気循環における好況時には労働力の需要の増加分をまかない、一方では、一定の失業者を出しておくことで労働者の使用人に対する発言力を弱める効果があるとされる。カール・マルクスはその主著資本論第1部第23章において、相対的超過人口を「資本蓄積の敵対」として説明し、自著の『哲学の貧困』の「生産関 ...

                                               

帝国主義

帝国主義 (ていこくしゅぎ、英: imperialism )または インペリアリズム とは、一つの国家または民族が自国の利益・領土・勢力の拡大を目指して、政治的・経済的・軍事的に他国や他民族を侵略・支配・抑圧し、強大な国家をつくろうとする運動・思想・政策である。

                                               

DJノミクス

DJノミクス (DJnomics)は、金大中韓国大統領のイニシャル(DJ)とEconomics(経済)のnomicsの合成語である。 これは1997年に起きたアジア経済危機を克服するためには過去の権威主義的な官僚経済の枠を破壊する経済パラダイムが必要であり「民主主義と市場経済を併行させる発展」を骨子とするDJノミクスがこの時代にとって必要とされる経済哲学であるということである。ここで示した民主主義とは、過去30年間続いてきた政経癒着と不正腐敗、道徳的形骸などアジア経済危機を発生させた根本原因を治し、個人の努力と能力によって正当に評価されるようにしようという意味である。

                                               

電力自由化

電力自由化 (でんりょくじゆうか)、または電力市場の自由化とは、従来自然独占とされてきた電気事業において市場参入規制を緩和し、市場競争を導入することである。電気料金の引き下げや電気事業における資源配分の効率化を進めることを目的としている。コンテスタビリティ理論を理論的支柱とする。

                                               

ドイモイ

ドイモイ ( ベトナム語: Đổi mới / )は、1986年のベトナム共産党第6回党大会で提起されたスローガンであり、主に経済(価格の自由化、国際分業型産業構造、生産性の向上)、社会思想面において新方向への転換を目指すものである。直訳すれば「新しい物に換える」の意。日本語では「刷新」と翻訳された。

                                               

福祉国家論

福祉国家 (ふくしこっか 英: Welfare State )は、国家の機能を安全保障や治安維持などに限定(夜警国家)するのではなく、社会保障制度の整備を通じて国民の生活の安定を図ること。広義には財政政策や雇用政策を含める場合もある。 一般に国民の福祉増進を国家の目標とし、相当程度に福祉を実現している現代国家をいい、政治的には民主主義を、経済的には混合経済の体制を採る。 「福祉国家」の語は、1928年にスウェーデンの社会大臣グスタフ・メッレル(Gustav Möller)が選挙パンフレットで用いたほか、英語圏ではイギリスのウィリアム・テンプルが『市民と聖職者』(1941年)のなかで言及している。特に第二次世界大戦中にはイギリスが ...

                                               

ウィリアム・プレイフェア

ウィリアム・プレイフェア (William Playfair、1759年9月22日 - 1823年2月11日)は、イギリスのエンジニア、政治経済学者である。スコットランド生まれ。主著に"The Commercial and Political Atlas"(1786年)と"Statistical Breviary" (1801年)がある。 統計グラフの発明者として様々なインフォグラフィックを発明している。1786年の著書で折れ線グラフと面グラフ、棒グラフを、1801年の著書で円グラフを初めて掲載した。

                                               

フランソワ・ペルー

フランソワ・ペルー (François Perroux、1903年12月19日 - 1987年6月2日)は、フランス・リヨン出身の経済学者。

                                               

ポリシーミックス

ポリシーミックス とは政治経済学用語の一つ。政策目標を達成するために、いくつかの政策を組み合わせて同時期に実施するということ。これを行うことでそれぞれの政策の長所や短所が組み合わさった相乗効果が期待できる。現代の日本ではゴミを減らすという政策目標のために、不法投棄の規制、ゴミ処理の費用回収、リサイクル費用の補助などといった政策の組み合わせが行われている。過去のアメリカ合衆国で実施されていたレーガノミクスという政策もこれに当てはまり、当時の不況を解決させるという政策目標のために、減税で消費や投資の活性化、インフレーションを抑える金融政策、規制緩和などといった政策の組み合わせが実施された。

                                               

モンドラゴン協同組合企業

モンドラゴン協同組合企業 スペイン語: Corporación Mondragón )は、スペインのバスク州ギプスコア県アラサーテ/モンドラゴンに基盤をおく労働者協同組合の集合体である。 1956年にギプスコア県モンドラゴンの町に組合は設立されたが、その起源は、バスク人のカトリック聖職者ホセ・マリア・アリスメンディアリエタが1943年に開設した小さな技術系学校にさかのぼる。アリスメンディアリエタが1941年にモンドラゴンに着任した時、人口約7.000人の町は、貧困、飢え、亡命、そして緊張を招いたスペイン内戦の後遺症に苦しめられていた。彼は技術学校の門戸を全ての人に開いた。時がたつにつれ、学校は地元企業の熟練労働者、技師、管理者の養成 ...

                                               

ユリノミクス

ユリノミクス は、小池百合子が掲げる経済政策である。 「有機体の尿の成分の総体を識別すること」という意味のurinomicsとは同音異義。

                                               

リコノミクス

リコノミクス とは、中華人民共和国の李克強首相が掲げる経済政策を指す言葉である。

                                               

レーガノミクス

レーガノミクス (英: Reaganomics )とは、1980年代にアメリカのロナルド・レーガン大統領がとった経済政策の総称である。命名者はABCのブロードキャスターである ポール・ハーベイ 。 経済活動に関する規制の撤廃と緩和による自由競争の促進、通貨供給量に基づく金融の引き締めと緩和、戦略防衛構想SDIの推進などによる軍事支出の増大、大規模な減税による供給面からの経済刺激を主張する政策を遂行した。グループ・ブリュッセル・ランバートがコールバーグ・クラビス・ロバーツやフィデリティ・インベストメンツと連携し、M&Aを流行させ、アメリカ史上3番目に長い平時の好景気だったとされる。

                                               

レッセフェール

レッセフェール (仏: laissez-faire )とは、フランス語で「なすに任せよ」の意。経済学で頻繁に用いられており、その場合は「政府が企業や個人の経済活動に干渉せず市場のはたらきに任せること」を指す。 自由放任主義 (じゆうほうにんしゅぎ)と一般には訳される。

                                               

労働者協同組合

労働者協同組合 (ろうどうしゃきょうどうくみあい)とは、協同組合の一形態。そこで働く労働者自身が主として資金を持ち寄り、労働者自身によって所有・管理される協同組合である。「 ワーカーズ・コレクティブ 」、「 ワーカーズ・コープ 」、「 協同労働の協同組合 」とも。略称は「 労協 」、「 ワーコレ 」。 地域社会活性化の担い手としても期待されている。