Back

ⓘ 哲学の理論 ..




                                               

Characterism

キャラクタリズム ( Characterism, キャラクター+イズム)は、1990年代後半より存在が顕著になったアート哲学である。日本由来のカルチャーとして代表されるアニメやゲームに影響を受けたキャラクター文化から派生したキャラクター性をアートのエレメントとしてのシンボルとして取り入れた現代アートである。その手法には村上隆、奈良美智、草間弥生などの影響も見られるが、未来や将来への個人的な精神的不安感を想像の世界の中で個々の作家独自キャラクターを通して体現しているのが特徴である。その世界とはポストアポカリプス、ミクロ、ゲームの中など、サブカルチャー的な要素が感じられる。 キャラクタリズムはニューヨーク市ブルッ ...

                                               

あいだ哲学

あいだ哲学 (あいだてつがく、間哲学)は、〈あいだ〉に着目した哲学。あいだ哲学の理論には和辻哲郎の間柄論など幾つか存在するが、狭義には篠原資明により提唱されたものをさす。 篠原にとって〈あいだ〉とは、それ以上さかのぼれない究極のカテゴリーである。したがって、〈あいだ〉を問題にするには、〈あいだ〉で生起する交通様態から分析するほかない。その意味で、あいだ哲学の方法論的側面が、交通論といわれるのである。交通様態としては、四つのものが想定されている。第一に、単交通、すなわち、一方通行的な交通。第二に、双交通、すなわち、双方向的な交通。第三に、反交通、すなわち、交通が遮断される様態。第四に、異交通、 ...

                                               

エピクロス主義

エピクロス主義 (エピクロスしゅぎ、Epicureanism)とは、ヘレニズム期のギリシア哲学者エピクロスに影響を受けた学派。またはそれが快楽主義として通俗化された思想をさす。

                                               

キエティスム

「静寂主義」とも訳される キエティスム (仏: Quiétisme, 英: Quietism クワイエティズム)は、様々な意味と定義を持つ用語である。 キエティスム は、17世紀にフランス、イタリア、スペインで広まったキリスト教哲学である。しかし、それ以前からすでに元になる考え方は存在した。 キエティスト として知られる神秘家たちは、多かれ少なかれ完成に不可欠な状態として、知性ある静寂と内面的な受動性を重視する。そしてそれら全ては公的にはローマ・カトリック教会によって、大変露骨に「異端」という言葉で排斥されてきた。 キエティスム は、ショーペンハウアーによれば、苦悩から救いに導く無私無欲の主義のことである。 キエティスム は ...

                                               

決疑論

決疑論 は、一般的な宗教ないし道徳上の規範を特殊・個別の事例に適用するに際し、類推によって一定の結論を得るための実践的な判定法である。 もともとはローマ・カトリック教会の教父に告解の際の指針を与えるためのもので、中世のスコラ学で重視されたが、近代に至って16世紀から17世紀にかけて個人の道徳的な判断に指針を与えるものとして発達した。イギリスの新聞では、人生相談欄において、自分の娘と知らずに結婚してしまった男性の場合、父親としての道徳的義務と夫としての道徳的義務が相反するが、今度どのように行動すればよいかとの質問に対し、回答者が道徳的な見地から複数の選択肢を挙げて指針を示すというような形でなされて ...

                                               

決定論

決定論 (けっていろん、英: determinism 、羅: determinare )とは、あらゆる出来事は、その出来事に先行する出来事 のみ によって決定している、とする立場。 対立する世界観や仮説は「 非決定論 」と呼ばれる。

                                               

構造構成主義

構造構成主義 (こうぞうこうせいしゅぎ、英: structural-constructivism )とは、人間科学においてありがちな信念体系どうしの対立( 信念対立 )を克服し、建設的なコラボレーションを促進するための方法論・思想・メタ理論のことである。構造構成学、超メタ理論と称されることもある。

                                               

社会構築主義

社会構築主義 (しゃかいこうちくしゅぎ、英: social constructionism )とは、人間関係が現実を作るという考え方である。現実、つまり現実の社会現象や、社会に存在する事実や実態、意味とは、個人の頭の中で作られるものではなく、人々の交渉の帰結であると考え、言語的に構築されるという社会学の立場である。 これは哲学的にはカントやヘーゲルなどドイツ観念論に起源をもつ。その後にデュルケームによって発展された。 、ピーター・L・バーガーとトーマス・ルックマンによる1966年の著書『現実の社会的構成』によりアメリカで有名になった。シュッツ、バーガー、ルックマンらの現象学的社会学、ハロルド・ガーフィンケルらのエスノメソ ...

                                               

主知主義

主知主義 (しゅちしゅぎ、英: intellectualism )とは、人間の精神(魂)を「知性・理性(理知)」「意志・気概」「感情・欲望」に三分割する見方の中で、知性・理性の働きを(意志や感情よりも)重視する哲学・神学・心理学・文学上の立場のこと。 知性主義 とも言う。

                                               

神秘主義

神秘主義 (しんぴしゅぎ、英: mysticism )とは、絶対者(神、最高実在、宇宙の究極的根拠などとされる存在)を、その絶対性のままに人間が自己の内面で直接に体験しようとする哲学ないし宗教上の思想のことである。

                                               

操作主義

操作主義 (そうさしゅぎ、英:operationalism)とは、特に心理学、社会科学、生命科学、物理学における 研究デザイン において、直接には測定できないが、それが反映されて生じる間接的な現象として観測できるように、間接的な測定のため必要な一連の手続きとして定義していく方法論である。たとえば、 ファジー概念 が、理論的な概念となるように、実験による観測の条件にてはっきりと区別あるいは測定でき、また理解できるように、と定義する手続きである。 広義には、概念の外延を特定する手続きを指す - 何がその概念の一部であり、そうでないのかを記述する。たとえば、医学では健康の現象を、ボディマス指数や喫煙のような一つ以上の指 ...

                                               

普遍主義

普遍主義 (ふへんしゅぎ、英: universalism )とは、個別のもの、個別性・特殊性よりも、全てまたは多くに共通する事柄、普遍性を尊重・重視する立場。または、普遍者(全体)を個別者(個人)の上にあるとし、後者は前者との関係によってのみ存在することができ、意義を持つとする立場。反対は個体主義または個人主義。中世ヨーロッパのキリスト教カトリックでの普遍論争に始まる概念で、ロシアと現代では外交用語としても使われる。

                                               

マターナリズム

マターナリズム (英: Maternalism )は、パターナリズムの対義語である。相手の同意を得て、寄り添いつつ進む道を決定していくという方針である。 日本では、母性主義とも呼ばれる。

                                               

ミルの方法

ミルの方法 (ミルのほうほう、英: Mills Methods )は、哲学者ジョン・スチュアート・ミルが1843年の著書『論理学体系』で述べた帰納の五つの方法。これらの方法は、因果関係の問題を解明することを意図している。 これらの方法のうち一致法(method of agreement)、差異法(method of difference)、そして共変法(method of concomitant variations)の三つは、イブン・スィーナーが1025年の著書『医学典範』(アラビア語: القانون في الطب Al-Qanun fi al-Tibb ; ペルシア語: قانون Qanun)ではじめて述べた。残りの二つ、一致差異併用法(joint method of agreement and difference)と剰余法(method of residues)は、ミルがはじめて ...