Back

ⓘ 人物 ..




                                               

人物

人柄のこと。人格、性格。 優れた人のこと。 人間。 人および(人以外の)物。「人・物」 創作上の人物。

                                               

プロジェクト: 人物伝

まず最初に、心に留めておくべき重要な注意事項をひとつ: 数人のウィキペディアンが、人物伝に関する記事をどのように記述しどのように整理するかについての提案をすべく集まりました。これらは単なる提案であり、記事を執筆する際に迷わず作業を進めるよう手助けするためのものです。これらの提案に従う義務があるなどと感じたりするべきではありません。けれども、何を書いていいか、どこから手をつけていいかわからない、といった状態の人には、以下のガイドラインは助けになるかも知れません。つまるところ、われわれはあなたに記事を書いて欲しいのです! ウィキプロジェクト 人物伝 は、人物伝に関する記事の編集・整理のガイドライン ...

                                               

悪漢

悪漢 (あっかん)とは、本来的な意味では悪人、ならず者のうち特に男性を指す。 ただしピカレスク小説が「悪漢小説」などと訳されたのち、この語は別の意味合いも帯びるようになる。 悪事によって別の巨悪を討つアンチヒーロー/ダーティー・ヒーロー。 悪をなすことで成功を収めるが、やがて自ら破滅してゆく悲劇的人物。 現在、あえて悪人や悪党ではなく 悪漢 と言う場合には、上記(のうち特に2.)の意味であることが多い。

                                               

雨女

雨女 (あめおんな)とは、雨を呼ぶとされる日本の妖怪。また、その行動が雨を呼ぶかのように思える女性もこう呼ぶ。

                                               

怪人

怪人 ( かいじん )とは、怪しい人物、または奇怪な能力を持つ人物を指す言葉。狭義では冒険活劇、特にテレビの特撮番組に登場する「 特殊能力を持った悪人 」を指す。本稿ではこの 怪人 について記述する。

                                               

語り部

語り部 (かたりべ)とは、昔から語り伝えられる昔話、民話、神話、歴史などを現代に語り継いでいる人を指していう。 語り手 と呼ぶ場合もある。 古代の日本においては品部の職業部として置かれた職掌であった。また現代の日本においては話芸を中心とするタレント、あるいは災害や事件の教訓を語り継ぐ活動を行う者を「語り部」と紹介する例が見られる。

                                               

キーパーソン

キーパーソン とは、その名の示すとおり、任意の組織、コミュニティ、人間関係の中で、とくに大きな影響を全体におよぼす、「鍵となる人物」のこと。英語 key person は、以前には keyman と呼んでいたものを性差的なポリティカル・コレクトネスに配慮して言い換えたものである。

                                               

グルーピー

グルーピー とは、もともと音楽バンドを意味する「グループ」から派生した言葉で、その相手と親密な関係(肉体関係、ときには精神的つながり)を望む女性(ときに男性)のことを指す。現在では「有名人の熱狂的ファン」という意味で使われることが多い。 「ファン」や「サポーター」ではなく、侮蔑的な表現としてあえて「グルーピー」という言葉が使われることもある。英語圏では「ミュージシャン、アーティストに会おうとする(追っかけをする)少女」と意味されている。

                                               

孤高

孤高 (ここう)とは、個人の社会生活における1つの態度を表し、ある種の信念や美学に基づいて、集団に属さず他者と離れることで必要以上の苦労を1人で負うような人の中長期的な行動とその様態の全般を指す。本来は俗世間との通行を自ら断って1人で道を求める者の姿を指しており、私利私欲を求めず他者と妥協することなく「名誉」や「誇り」といったものを重視する姿勢から、周囲が「気高さ」を感じるような良い意味での形容に用いられる他に、協調性を欠いた独自の態度を軽く批判する場合にも用いられる。迎合主義の対極に位置する。芸術家や指導者に多く存在する。

                                               

視聴者

視聴者 (しちょうしゃ)とは、映像、とくにテレビ番組を見る人のこと。英語では、 テレビジョン・ビューアー (television viewer)。このほか英語では、ラジオのリスナーも含め オーディエンス (audience)ともいう。 視聴者の数の指標として視聴率があり、日本の主な調査会社にビデオリサーチがある。 インターネット放送や動画サービスでは、視聴者数あるいは再生回数が示されることが多い。

                                               

死の商人

死の商人 (しのしょうにん、英語: merchant of death )とは、友敵を問わず、兵器を販売して巨利を得る人物や組織への蔑称、または営利目的で兵器を販売し富を築いた人物や組織への蔑称。通常の商売を行っていたものと区別して記事の解説を行う。

                                               

重要参考人

重要参考人 (じゅうようさんこうにん)は、事件について深い関与をしている、または重要な情報を持っていると考えられる人物。 捜査の状況や供述内容によっては被疑者となる場合もある。

                                               

承継人

承継人 (しょうけいにん)とは、親や第三者などから、権利や地位を受け継いだ人のこと。

                                               

信者

信者 (しんじゃ)とは、 上記より転じて、特定の個人や団体や主義や製品などに熱中し、異なる主張を客観的に判断できない者。 特定の宗教を信仰する者。別に 信徒 (しんと)、 檀信徒 (だんしんと)、「~教徒」とも言う。

                                               

シンデレラ・ストーリー

『 シンデレラ・ストーリー 』( A Cinderella Story )とは、童話「シンデレラ」の主人公のように、有名ではない一般人女性が、短期間で(あるいは長い年月にわたる苦労の末)見違えるほどの成長と幸福を手にし、芸能界や社交界、その他の一流の場などにデビューしたり、あるいは資産家と結婚する成功物語をいう。

                                               

シンパ

シンパ とは、ある人物や団体の政治的思想に賛同し信奉者となった人のことをさす言葉。英語のシンパサイザー( Sympathizer)の略で、 共鳴者 、同情者の意味が、転じて、影響力のある人物、団体の信奉者、支持者、賛同者等々の類語と同じような意味でも使われる。 政治的な話題の中で使われた際には、特に共産主義や社会主義を支援・援助する人を意味することが多いが、必ずしも特定の政治的思想を持つ人、特定の政治団体を支持する人に限定されるわけではない。

                                               

扇動者

扇動者 (せんどうしゃ)は、市民や大衆の中にあって、特定のイデオロギーや政治的な意図に基づいて、突発的な大衆行動を率先して指揮したり、選挙運動で特定の政治グループに有利になるような世論形成に向けて活動したりする人。 アジテーター (agitator)とも。 演説や文章の発表を通じて、多くの人に対して自己の意図する政治的行動などを行うよう呼びかけ、活動を盛り上げるよう仕向ける。必ずしも自らが実際の行動の中心的役割を果たすものではなく、むしろ他の多数人によって実際の行動を行わせることで目的を遂げようとする。有能な扇動者は、多数の人を同調させて大きな社会的変革を起こすことができる。 扇動の結果、過激な実力行 ...

                                               

総代

総代 (そうだい)とは、何らかの団体・集団にかかわる者全ての代表、もしくは代理となる者のことである。「卒業生総代」などのように使う。総員代表を略した言い方である。

                                               

敵国人

法 における 敵国人 (英: enemy alien )とは互いに紛争状態にある国の市民、外国人(alien)、居留民(alien residents)のことを指す。常にそうとは限らないが、通常紛争当事国は宣戦布告ののち、戦争状態にあることが多い。

                                               

読者

読者 (どくしゃ)とは、書籍、新聞、雑誌等の文章を読む人、読み手のこと。 特にある作者や雑誌を好んで読む人を 愛読者 という。愛読者を「読者を愛すること」の意味とするのは筒井康隆の解釈である(『乱調文学大辞典』)。

                                               

仲人

仲人 (なこうど)は、日本において、人同士の間に入り、人間関係を仲立ちする役割の人。特に男女の間で結婚の仲立ちをする人を指すことが多い。江戸時代では、相手探し・見合いの段取り・結婚までを世話し、依頼した人の持参金の一割を礼金として受け取っていた。

                                               

反面教師

反面教師 (はんめんきょうし)とは、反省の材料となるような人や事例を指す。中国共産党中央委員会主席の毛沢東により発案された言葉で、中国語の原語では「反面教员」である。 日本の似たような諺に「人のふり見て我がふり直せ」というものがあり、日本でも一般にはその意味で慣用される語句になっているが、毛沢東の原典ではさらに詳細な意図が語られている。「絶対に真似したくない」と思わせる教育方法を指すこともある。

                                               

ファン

ファン (英: fan )または フアン は、特定の人物や事象に対する支持者や愛好者のこと。「熱狂的な」を意味する ファナティック (英: fanatic )の略。

                                               

傍観者

傍観者 (ぼうかんしゃ、英: Bystander )とは、その物事に関係のない立場(当事者ではないという立場)や態度で見ている人物。 傍観 (ぼうかん)- 手や口を出さずに、ただそばで見ていたり、ながめていたりすること。

                                               

面食い

                                               

モラリスト

モラリスト (仏: moraliste )とは、現実の人間を洞察し、人間の生き方を探求して、それを断章形式や箴言のような独特の非連続的な文章で綴り続けた人々のことである。特に16世紀から18世紀において活躍したモンテーニュ、ブレーズ・パスカル、ラ・ロシュフコー、ラ・ブリュイエールなどフランス語圏の思想家を指す事が多い。こういった人間性探究の姿勢は、フランス文学に脈打つひとつの伝統ともなっているといえる。

                                               

勇者

勇者 (ゆうしゃ、ようしゃ)とは、勇気のある者のこと。同義語・類義語に 勇士 (ゆうし:主に軍人)、 勇夫 (ゆうふ:男性)、 勇婦 (ゆうふ:女性)などがある。 しばしば英雄と同一視され、誰もが恐れる困難に立ち向かい偉業を成し遂げた者、または成し遂げようとしている者に対する敬意を表す呼称として用いられる。武勇に優れた戦士や、勝敗にかかわらず勇敢に戦った者に対しても用いる。

                                               

仮釈三郎

2020年6月・・・懲役4年の刑期を4カ月の仮釈放を貰い出所する。自身の刑務所で得た知識・考え方・底辺からの人生を脱出すべく、 Youtubeを軸に各SNSで刑務所や拘置所の生活を赤裸々に語る。 その他にも、大学等の講義資料制作に関するインタビューや、被害者・加害者家族からの電話相談も行う。