Back

ⓘ 宗教美術 ..




                                               

イスラム美術

イスラム美術 (イスラムびじゅつ)もしくは イスラーム美術 (イスラームびじゅつ)は、ヒジュラ(西暦622年)以降21世紀に至るまでの、スペイン、モロッコからインドまでにわたる「イスラーム教徒の君主が支配する地域で生み出された美術作品、もしくはイスラーム教徒のためにつくられた作品」を指す。 域内での職人、商人、パトロン、そして作品の移動のために、イスラーム美術はある程度の様式的な一体性を見せる。イスラーム世界全域で共通の文字が用いられ、特にカリグラフィーが重用されることが一体感を強めている。装飾性に注意が払われ、幾何学的構造や装飾で全体を覆うことが重視されるといった共通の要素も際立っている。しかし ...

                                               

仏教美術

仏教美術 (ぶっきょうびじゅつ)とは、仏教に関係する美術である。仏教の影響を受ける芸術的習慣を仏、菩薩および他のエンティティを描写技術の媒体をとおした歴史的神話的に著名な仏像これらすべての生活からの物語のシーンをマンダラおよび他のグラフィック教材で仏教の慣行に関連するものを物理的に表す、たとえば バジュラス、鐘、仏塔、仏教寺院の建築物など が挙げられるが 仏教美術は、紀元前6世紀から5世紀にかけてのシッダールタゴータマの歴史的生活の後にインド亜大陸で始まり、その後、アジアや世界に広がる他の文化との接触によって発展。 仏教の芸術は信者に続きダルマは新しいホスト国ごとに広がり、適応し進化。北へと開発 ...

                                               

まぐさ石

まぐさ石 (まぐさいし)または リンテル (lintel)とは、古代の建築で2つの支柱の上に水平に渡されたブロックを指す。「まぐさ(目草、楣)」も「リンテル」も窓や出入り口などの上に水平に渡した構造を指し、上部の重量を支える役目を持つ。古代の建築では、石を積み上げた柱の上にまぐさ石が置かれていた。たとえば、ギリシアのミケーネにあるアトレウスの宝庫などの建築物に見られる。しかし、古代の建築のまぐさ石は、単なるまぐさとしてだけの役割を持つわけではない。