Back

ⓘ ディミトリオス・サルピンギディス (ギリシア語: Δημήτρης Σαλπιγγίδης, ラテン文字表記: Dimitris Salpingidis, 1981年8月10日 - )は、ギリシャ・テッサロニキ出身の元 ..




ディミトリオス・サルピンギディス
                                     

ⓘ ディミトリオス・サルピンギディス

ディミトリオス・サルピンギディス (ギリシア語: Δημήτρης Σαλπιγγίδης, ラテン文字表記: Dimitris Salpingidis, 1981年8月10日 - )は、ギリシャ・テッサロニキ出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード。

                                     

1.1. 経歴 クラブ

幼い頃からPAOKテッサロニキの支援を受け同クラブとプロ契約を交わすも、試合経験を積むためにAEラリッサ、カヴァラFCと立て続けにレンタル放出をされる。

約4年間のレンタルを経て、2003年にPAOKに復帰。すると、レギュラーフォワードとして100試合を越えるキャップを記録、約半分の試合で得点を挙げるという活躍を見せた。

この活躍が実り、2006年に強豪・パナシナイコスFCへの移籍が決まる。ここでも、PAOK時代と同じく得点力を発揮している。

2015年8月23日、クラブとの合意に基づき5シーズンプレーしたPAOKを退団することが発表された。1年以上フリー期間が続き翌年末を以て現役を引退、指導者に転身する意向を表明した。

                                     

1.2. 経歴 ギリシャ代表

ギリシャ代表としては、2005年にA代表に初招集を受ける。当初はベンチ要員であったが、徐々に出場機会を得るようになった。南アフリカ・ワールドカップ欧州予選・プレーオフではウクライナと出場枠を争う大一番で決勝点を挙げた。同大会本戦では、グループリーグ第2戦のナイジェリア戦で同国史上W杯初得点となる同点ゴールを決め、ギリシャの大会初勝利に貢献した。

                                     

2. 外部リンク

  • ディミトリオス・サルピンギディス - Soccerwayによる個人成績 (英語)
  • Dimitrios Salpingidis - player profile Transfermarkt
  • ギリシャサッカー協会による紹介 (ギリシア語)
                                     
  • 2010 テオドロス ザゴラキス 1989 - 1993 エルナン ロドリゴ ロペス 1998 アンテ コヴィッチ 2000 ディミトリオス サルピンギディス 2000 - 2002 エウゼビウシュ スモラレク 2009 - 2010 シャルル イタンジュ 2009 - 2010 ネマニャ ヴチチェヴィッチ
  • ったが ドンバス アリーナで行われた2ndレグで ディミトリオス サルピンギディス にゴールを奪われ0 - 1で敗北 本戦出場は成らなかった UEFA EURO 2012では3試合に出場した 父親はポントス人を祖先に持つギリシャ系ウクライナ人である ディ ナモ キエフ ウクライナ プレミアリーグ: 2008 09
  • なし 2021年1月19日現在 in out 2021年2月2日現在 テオドロス ザゴラキス 1993 - 1998, 2005 - 2007 ディミトリオス サルピンギディス 1999 - 2006, 2010 - 2015 ヨアンニス オッカス 2000 - 2003 セルジオ コンセイソン 2008 - 2009 ブルーノ チリッロ
  • 試合 うち先発1試合 に出場し ムラダー ボレスラフ戦では華麗なスルーパスで ディミトリオス サルピンギディス の得点をアシストした この試合はパナシナイコスのUEFAカップ通算50試合目だった 2007年にはセグンダ ディ ビシオン 2部 のエルチェCFに移籍した 2007 - 08シーズンを最後に現役引退した
  • 10年6月に南アフリカで行われた本大会ではグループリーグ初戦で韓国と対戦して0 - 2で敗れたが 第2戦のナイジェリア戦では ディミトリオス サルピンギディス とヴァシリス トロシ ディス の得点で2 - 1と逆転勝ちを収め ワールドカップ初勝利をあげた しかし第3戦のアルゼンチン戦では0 - 2で敗れ1勝2敗でグル
  • では後半開始から試合に投入されると 1得点3アシストの活躍でベルギーのクラブに5 - 1と快勝した 8月11日には テン カテ監督によって ディミトリオス サルピンギディス ジウベルト シウヴァとともにキャプテンのひとりに指名されたことが明らかになったが 18歳と125日でのキャプテン就任はクラブ史上最年
  • ビアンスキが肩の負傷で辞退したためヴォイチェフ シュチェスニーに次ぐ2番手として参加した ギリシャとの開幕戦で68分にシュチェスニーが ディミトリオス サルピンギディス を倒してペナルティーキックを献上し さらにレッドカードにより1発退場したことで途中出場すると ギオルゴス カラグーニスのPKを見事に止め その後も無失点に抑える活躍を見せた
  • FIFAワールドカップに出場したが得点者はなし 3得点 朴智星 1得点 ディミトリオス サルピンギディス 2010年 GL ナイジェリア戦 44分 ヴァシリス トロシ ディス 2010年 GL ナイジェリア戦 71分 アンドレアス サマリス 2014年 GL コートジボワール戦 42分 ゲオルギ オス サマラス 2014年 GL コートジボワール戦
  • 歴史家 社会学者 メト ディ オス - キリスト教聖職者 ナイトレイジ - メロ ディ ックデスメタルのバンド サーリフ オムルタク - 軍人 ディミトリオス サルピンギディス - サッカー選手 ニコラス ジシス - バスケットボール選手 マルクス トゥッリウス キケロ - 政治家 文筆家 哲学者 グレゴ リオス パラマス
  • は大会初日時点でそれぞれ所属していたクラブである 監督 カルロス アルベルト パレイラ 監督 ハビエル アギーレ 監督 オス カル タバレス 監督 レイモン ドメネク 監督 ディ エゴ マラドーナ 監督 ラーシュ ラーゲルベック 監督 許丁茂 監督 オットー レーハーゲル 監督 ファビオ カペッロ 監督