Back

ⓘ セヤド・サリホヴィッチ ( Sejad Salihović, 1984年10月8日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ・ズヴォルニク出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィル ..




セヤド・サリホヴィッチ
                                     

ⓘ セヤド・サリホヴィッチ

セヤド・サリホヴィッチ ( Sejad Salihović, 1984年10月8日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ・ズヴォルニク出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィルダー。左足から強烈なシュートを放ち、フリーキックのスペシャリストとして知られていた。

                                     

1. 経歴

1984年、ボスニア・ヘルツェゴビナに生まれる、紛争の始まる前の1992年に家族でドイツのベルリンに移住。17年後の2009年6月に家族とともに故郷を訪問した。

                                     

1.1. 経歴 クラブ

ヘルタ・ツェーレンドルフのユースチームに所属後、2000年にヘルタ・ベルリンのユースチームに移籍した。

2004年にトップチームに昇格し9月26日、ハンブルガーSV戦でドイツ・ブンデスリーガデビューを飾った。2006年にTSG1899ホッフェンハイムに移籍した。2007–08シーズンは2. ブンデスリーガで準優勝に貢献し、雑誌で2. ブンデスリーガ2007–08シーズンの最高の選手と評された。2008年11月に契約を2012年6月まで延長した。

2015年6月7日、貴州人和足球倶楽部へ7月1日付で移籍すると発表された。

2017年2月、FCザンクト・ガレンへ6月末までの契約で完全移籍。6月末の契約満了後夏の移籍期間内に新たな所属先が見つけ出せず無所属状態となった。

2017年9月13日、中盤選手の相次ぐ負傷で手薄になっていたハンブルガーSVと2017-18シーズン終了までの契約を結んだ。

                                     

1.2. 経歴 代表

2007年10月17日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表としてデビューを果たした。2009年9月9日、トルコ代表戦でフリーキックから代表初ゴールを決めた。

                                     

2. 外部リンク

  • Career stats at Fussballdaten.de
  • Profile at TSG-Hoffenheim.de
                                     
  • アルミン フェー 1983 - 1984 マルコ タルデッリ 1987 - 1988 ハカン ヤキン 1998 ジャンルカ ガウディーノ 2016 - セヤド サリホヴィッチ 2017 トランクイロ バルネッタ 2017 - イバン サモラーノ 1988 - 1990 ホセ カルドーソ 1990 - 1992 マリオ フリック
  • アスミル ベゴ ヴィッチ DF エルミン ビチャクチ ッチ エミル スパヒ ッチ メンスール ムイジャ セアド コラシナツ ハリス メジュニャニン MF ムハメド ベシ ッチ ズヴェズダン ミシモ ヴィッチ セヤド サリホヴィッチ ハサン サリ ハミジ ッチ エル ヴィ ル ラヒミ ッチ ズラタン バイラモビ ッチ ミラレム ピャニッチ
  • 2009 - 2015 ファビオ フィルマーニ 2011 ルベン スアレス 2012 ズヴェズダン ミシモ ヴィッチ 2013 - 2016 クシシュトフ モンチニスキ 2014 - 2015 セヤド サリホヴィッチ 2015 - 2017 ネルソン クエバス 2003 曲波 2010 - 2014 モハメド カロン 2010
  • た 1920年には中等学校も建てられた これは第二次世界大戦まで町の唯一の中等学校であった セカ アレクシ ッチ 歌手 セヤド サリホヴィッチ サッカー選手 エルミン ビチャクチ ッチ サッカー選手 Official results from the book: Ethnic composition
  • 2004 イ ヴィ ツァ オリ ッチ 1998 - 1999 アリ ダエイ 1998 - 2000 バルト ホール 2001 - 2004 ルイゾン 2002 - 2003 ナンド ラファエル 2002 - 2006 フレディ ボビ ッチ 2003 - 2005 セヤド サリホヴィッチ 2004 - 2006
  • 2013年1月に負傷から復帰後は マルコ クルツ de 新監督の下で主将の座をアンドレアス ベックと セヤド サリホヴィッチ に譲ることとなったが 冬季合宿で信頼を取り戻し正GKを任された だが 再び度重なるミスを犯してしまい チームはリーグ最多の43失点を記録し
  • に貢献した一方 2週間後の12月10日のTSG1899ホッフェンハイム戦 0 - 2 で セヤド サリホヴィッチ に対してのファールでレッドカードを提示され退場となり 1人少なくなったチームは苦しみヴェダド イビシェ ヴィッチ に2得点を許した さらに 21日のDFBポカール3回戦のSpVggグロイター フュル