Back

ⓘ 軍事教育と訓練 ..




                                               

軍事教育

軍事教育 (ぐんじきょういく Military Education)とは一般に軍事要員に対して作戦行動を遂行するために必要な知識と技術を付与する教育である。

                                               

軍事訓練

軍事訓練 (ぐんじくんれん、英: military training )は、軍隊において軍人が受ける軍事的な体力や技能を習得するための訓練である。 軍事訓練は職業軍人が平時において受けているが、戦時においては一般市民が受ける場合もある。戦前・戦中の日本では学校教練として学科が設けられ、一般的な学生が軍事訓練を受けた歴史がある。 中国の大学では『軍訓』と呼ばれる訓練が義務化されている。

                                               

STA-21

STA-21 または Seaman to Admiral (直訳すると水兵から提督) - 21 は、 アメリカ海軍が21世紀において現役の下士官・兵に大学の学位を取得させ、士官に任官させる制度である。

                                               

アグレッサー部隊

アグレッサー部隊 (アグレッサーぶたい:英語: Aggressor squadron )とは軍の演習・訓練において敵部隊をシミュレートする役割を持った専門の飛行隊のことである。 アグレッサーAggressor”とは英語で「侵略(国)側」を意味する単語で、アメリカ海軍においてはアドバーサリー(Adversary、「敵」の意味)部隊と呼称される。

                                               

欧州安全保障・防衛大学校

欧州安全保障・防衛大学校 (おうしゅうあんぜんほしょうぼうえいだいがっこう、英語: European Security and Defence College 、略称: ESDC 。フランス語: Collège Européen de Sécurité et de Défense 、略称: CESD )は、欧州連合が策定した共通安全保障防衛政策を対象とし、仮想空間を用いた戦略レベルの教育訓練を実施する機関。欧州安全保障・防衛大学校は欧州連合理事会の決定により2005年に設立される。大学校は共通安全保障防衛政策における教育訓練分野での民事・軍事双方の重要な中核体であり、欧州連合加盟国の様々な国家機関、例えば国防大学校をはじめとする安全保障および防衛問題に対処する機関、そして欧州連合安全保障 ...

                                               

M検

M検 (エムけん)とは、戦前の軍隊・学校・刑務所などで行われた男性の生殖器露出検査を意味する俗語である。 サンスクリット語の男根を意味する「魔羅」に由来する「M」や英語の "Membrum" の頭文字から由来する「M」から取ったものと言われ、男性器を検査することを「M検」と呼ばれるようになった。 M検は1871年春に大阪兵学寮で行われた日本で最初の徴兵検査が始まりである。 この検査を実施したのは堀内利國、長瀬時衡らが、オランダ軍医のアントニウス・ボードウィンからの助言でオランダの海陸軍撰兵検査条例を参考とし、疾病や欠損があれば兵役に適さない者として除外を目的としたものである。集団生活を送る軍隊にとっては性病の蔓延 ...

                                               

演習弾

演習弾 (えんしゅうだん、Training Projectile、 TP )は、訓練に用いられる砲弾、ロケット弾、誘導弾など弾薬類のうち、射撃性能を有するものである。実弾と同じ射撃手順と弾道特性と、安全性が高く、安価であることが要求される(安全性が高いといっても爆発しないだけで実弾とほぼ同じ質量のものが高速で飛んでくるので、直撃したらその運動エネルギーに見合った破壊力がある)。日本軍では 代用弾 (だいようだん)と称した。 他の訓練用弾薬類には、擬製弾や狭搾弾がある。

                                               

小樽高商軍事教練事件

小樽高商軍事教練事件 (おたるこうしょうぐんじきょうれんじけん)は、1925年(大正14年)に北海道の小樽高等商業学校(現在の小樽商科大学の前身)で起きた軍事教練反対事件。

                                               

海軍中学校

                                               

海軍予備校

                                               

仮想敵部隊

仮想敵部隊 とは、軍事演習において敵軍を演じる為に編成される部隊である。英語では opposing force (対抗部隊)と呼ばれるほか、アメリカ合衆国やオーストラリアではこれを略した OPFOR が使われる事も多い。またカナダでは単に enemy force (敵軍)という表現も使われる。空軍・航空部隊では同様の部隊をアグレッサー部隊と呼ぶ。

                                               

学校教練

学校教練 (がっこうきょうれん)とは、大日本帝国の学校における教練をいう。「教練」とは教えて熟練させるの意。 軍事教練 ともいう。1925年から行われ、これによって配属された陸軍現役将校を一般に 配属将校 という。

                                               

観閲式

観閲式 (かんえつしき)は、自衛隊などにおいて実施される式典および総合訓練。諸外国の観兵式に相当する。

                                               

観艦式

観艦式 (かんかんしき)とは、軍事パレードのひとつで、軍艦を並べて壮行する式のことである。国家の祝典の際や、海軍の記念行事の一環として行なわれるのが一般的である。現代では水上艦や潜水艦だけでなく海軍航空隊の航空機も参加することが多い。

                                               

観兵式

観兵式 (かんぺいしき)は、国家元首などへのお披露目や内外への示威目的で行われ、兵士・兵器のパレードや戦闘機の演示飛行を伴う国家や軍隊の儀式。「軍事パレード」とも呼ばれる。 19世紀後半までの軍隊では行進と戦闘が分かちがたく結びついていたが、今日の観兵式はそのほとんどが国家や軍の記念行事として行われる。海軍では、観艦式が相当する。

                                               

基本教練

基本教練 (きほんきょうれん、英:Military Drill)とは個人および部隊の基本動作を統制する一定の動作様式である。

                                               

気をつけ

気をつけ (きをつけ、英:attention)は直立不動となる人体の姿勢のこと、及びその姿勢を命ずる号令の一種である。

                                               

縮射弾

縮射弾 (しゅくしゃだん)とは、主に射撃訓練で使用される弾薬である。

                                               

成城学校

                                               

徴兵検査

徴兵検査 (ちょうへいけんさ)は各国の憲法・法律で徴兵制度が義務付けられている国において、一定の年齢に達した者に対して身体検査を行い、合格した者を徴兵対象の候補者とするための検査。

                                               

Virtual Battlespace

Virtual Battlespace (略称: VBS )は、アメリカ海兵隊・アメリカ陸軍・オーストラリア国防軍や英国防省など世界各国の軍事機関で採用されているWindows用の軍事教練用シミュレータ。 FPSゲームのARMA: Cold War Assault 及びARMA: Armed Assault、ARMA2、ARMA3から派生したソフトウェア、いわゆるシリアスゲームの一種である。

                                               

標的曳航機

標的曳航機 (ひょうてきえいこうき、英: target tug )は、機関銃やミサイルの発射訓練のためにドローン、布製吹流し、その他の標的を曳航する航空機である。標的曳航機は後方支援を行う輸送機や多用途機のほか、旧態化した第一戦機から転用されることが多かったが、イギリスにあるマイルズ社のマーティネットのように、いくつかの機体はこの任務を目的として設計された。

                                               

兵 (日本軍)

旧日本軍における 兵 (へい)は、軍隊における階級群のひとつで、下士官の下に置かれる最下級の軍人である。似たような言葉に兵士や兵隊があるが、ここでは1945年まで置かれていた旧日本軍の兵についてのみ触れる。 陸軍は下から二等兵、一等兵、上等兵と分かれていた。入営すると二等兵となり、以後概ね半年後の選考を経て一等兵になり、更に成績優秀な者は年末に上等兵になる者がいた。他に公務による傷病、疾病のため危篤に陥った者、抜群の功績をあげた者が、特に上等兵に進級することがあった。 海軍は時期により呼称が変わるが下から四等兵、三等兵、二等兵、一等兵と分かれていた。まず海兵団に入団し、四等兵となった。以後進級試験 ...

                                               

ミリタリーケイデンス

ミリタリーケイデンス (英語: military cadence )とは、軍隊で訓練時に唱和される行進曲、労働歌の一種である。警察学校や消防学校の訓練でも唱和される。 ケイデンスコール cadence callとも称される。また、しばしば歌詞に架空の人物「ジョディ」が登場することから、 ジョディコール jody calls、 ジョディーズ jodies とも称される。日本語では 訓練歌 、 歩調 、 連続歩調 と呼ばれる。

                                               

連邦軍医科大学校

連邦軍医科大学校 (れんぽうぐんいかだいがっこう、ドイツ語: Sanitätsakademie der Bundeswehr 、略称: SanAkBw )は、救護業務軍連邦軍衛生局に所属する医療業務の中央教育機関である。本校はバイエルン州ミュンヘン第12区シュヴァービング=フライマンにあるエルンスト・フォン・ベルクマン兵営内に所在している。ここではドイツ軍隊に代わって保健制度に関わるキャリア形成の教育訓練や、技術的、科学的および成人教育を行う。

                                               

早稲田大学軍事研究団事件

早稲田大学軍事研究団事件 (わせだだいがくぐんじけんきゅうだんじけん)は、1923年(大正12年)に早稲田大学で起きた軍事教育反対事件。 早稲田軍教事件 ともいう。