Back

ⓘ 立法と法学に対するわれわれの時代の使命について. 『 立法と法学に対するわれわれの時代の使命について 』(りっぽうとほうがくにたいするわれわれのじだいのしめいについ ..




                                     

ⓘ 立法と法学に対するわれわれの時代の使命について

『 立法と法学に対するわれわれの時代の使命について 』(りっぽうとほうがくにたいするわれわれのじだいのしめいについて、Vom Beruf unserer Zeit für Gesetzgebung und Rechtswissenschaft)とは1814年にドイツの法学者フリードリヒ・カール・フォン・サヴィニーによって書かれた著作である。

                                     

1. 概要

サヴィニーは『占有権論』の業績から高い評価を受けていた法学者であった。ベルリン大学で教鞭をとっていた時期にナポレオン・ボナパルトが敗北したことから、ドイツの法学者のあいだでナポレオン支配後のドイツの法体系をどのように整備するかについて論争が起こる。1814年に法学者アントン・ティボーが発表した論文ではドイツに民法を立法することを主張したが、サヴィニーはこれに反対する立場から本書『立法と法学に対するわれわれの時代の使命について』を執筆した。この著作は小冊子ほどの分量であり、12章から成り立つものであるが、当時の論争における影響と歴史学派の立場に立脚した歴史的な研究として意義を認めることができる。

一般に18世紀まで自然法の立場から法は一般性が重要視されていたが、サヴィニーは法がそれぞれの民族に固有のものであるとする歴史法学派の立場をとっていた。サヴィニーはそもそも法が発展してきた歴史を鑑みれば、それは諸民族が共有する確信を根源とし、民衆の生活の中で歴史的に成立してきたものであることを指摘する。法律家が出現してからは法は複雑化して実際の生活とは異なる学問として成立し、それが自然法や学問的な法をもたらした。しかし法とは慣習法の形態として形成されるものであり、その事実から乖離することは好ましくない。サヴィニーはこのような歴史学派の観点から法典の立法の問題について、論敵に対して批判を展開する。優れた法典を作成するためにはいくつかの条件があり、ドイツの事情を踏まえれば、法典を作成する技術も素材も成熟していないとサヴィニーは認識していた。そして性急な立法によって法典を作成するのではなく、ローマ法の研究を進め、民族の精神が法へと結びつくことを待たなければならないと主張する。

                                     

2. 書誌情報

  • 『法典論争』大串兎代夫訳、世界文学社、1949年
  • 伊藤乾編『原典による法学の歩み』講談社、昭和49年:第1章第3節で本書の内容の一部訳出
                                     
  • für Deutschland を著して複数 の ゲルマン法によって分裂状態にあったドイツに統一的な法典を導入 する 事によって統一 の 障害になっている法制 の 統一すべし と 反論を する と 同年 これを非現実的 と 見るサヴィニーが 立法と法学に対するわれわれの時代の使命について Vom Beruf unserer Zeit
  • フリードリヒ カール フォン サヴィニー 立法と法学に対するわれわれの時代の使命 資格 について Vom Beruf unserer Zeit für Gesetzgebung und Rechtswissenschaft を著す 3月20日 - 6月28日 - ナポレオン の 百日天下 ウィーン議定書 ウィーン体制
  • の 敗北を受けてナポレオン 時代 にドイツに導入されたナポレオン法典を排除すべきかどうか 仮に排除 する としてもその後に旧来 の 法を復旧させる の か新たな法制を導入 する の かが論争 と なっていた サヴィニーもこの論争に加担して 1814年に 立法と法学に対するわれわれの時代の使命について を著して ドイツ の 法学
  • 米英戦争の停戦条約であるガン条約が 南ネーデルラント ベルギー の ヘント ガン で締結 ジョージ スチーブンソン 蒸気機関車を改良 フリードリヒ カール フォン サヴィニー 立法と法学に対するわれわれの時代の使命 資格 について を著す 東インド会社特許状更新 マサチューセッツ州に最初 の 紡績工場 ネパール戦争勃発 全唐文 完成
  • れの 担当政策分野ごと の 理事会にお いて 協議を行う このため非公式ではあるが 閣僚理事会 とも呼ばれる 理事会 の 主たる 使命 は欧州議会 と 同じく 立法 を行うことである 原則として欧州議会 の 発言権が小さい あるいはまったくない場合には欧州連合理事会では全会一致で の 採決を要し 共同決定手続にお いて は欧州連合理事会では多数決が用いられる
  • われわれの 選良を信頼して われわれの 権利 の 安全 に対する 懸念を忘れるようなことがあれば それは危険な考え違いである 信頼はいつも専制 の 親である 自由な政府は 信頼ではなく 猜疑にも と づ いて 建設せられる われわれ が権力を信託 する を要 する 人々を 制限政体によって拘束 する の は 信頼ではなく猜疑に由来 する
  • 法典の 形体 について 獨協 法学 36号 獨協大学学術研究会 1993年 堅田剛 穂積陳重 の 法典論 立法と法学 の使命について 獨協 法学 37号 1993年 谷口知平 仏蘭西民法I 人事法 有斐閣 1939年 谷正之 弁護士 の 誕生 と その背景 7 明治 時代 中期 の 法制 と 免許代言人 の 活躍 松山大学論集 22巻3号 松山大学 法学 部 2010年
  • われ た その劈頭は1885年にプロイセンドイツで結成された 一般ドイツ語協会 によるドイツ国語運動であり この運動はウィルヘルム 世 の 後援もあり普及し 外来語 フランス語 ラテン語 英語等 の ドイツ語から の 追放を主眼 と し 外来語 の使 用を 祖国 に対する 反逆 と 主唱 する 者が登場したり 外国語 の使 用 に対
  • の 2月1日 ナチ党は われわれ は国民 と 国家 の 指導者 nationale Führer として神 に対 し 我々 の 良心 に対 し わが民族 に対 し われわれ に与えられた 使命 を断固実現 する ことを誓約 する ものであります というアピールを行った 選挙がナチ党 の 圧勝で終わった後 の 3月21日 国会開会式にお いて ヒトラーは次のような演説を行った
  • と キンティラ王 の時 期に公会議によって世俗法が決定された前例はこれ と 対立 する 事実である したがって キンダスイント王 の 子であるレケスイントは 西ゴート統一法典 にお いて 意図的にこの2王 の 名を冠した章を設けなかった 西ゴート統一法典 により 立法 に対する 西ゴート王 の 絶対的権限が確立された
  • の 肩を持つ の か と 述べた 後にアクシオン フランセーズ の 中心的な活動家 と なるレオン ドーデは ドレファスは われわれ フランス人 の 破滅を画策した しかし 彼 の 犯罪は われわれの 意気を高揚させもした の だ として われ らが人種 われ らが言語 われ らが血 の なか の 血 以外は信を抱くまい と 表明した 作家 の