Back

ⓘ ミクロ経済学 ..




                                               

消費者行動分析

消費者行動分析 は消費者の行動を分析する学問分野、理論または手法。主にミクロ経済学の分野での消費者行動の分析と、マーケティング等の分野でのより学際的なアプローチを取る消費者行動の分析がある。

                                               

曖昧さ回避 (経済学)

経済学、または意思決定理論における 曖昧さ回避 (あいまいさかいひ、英: ambiguity aversion )とは、確率が未知であるような事象を回避しようとする選好。 曖昧性忌避 (あいまいせいきひ)、 不確実性回避 (ふかくじつせいかいひ、英: uncertainty aversion )などともいう。曖昧さ回避を持つ選好は後述のように期待効用関数としての表現を持たないことが知られている。古くはフランク・ナイトやジョン・メイナード・ケインズなども同種の概念を考察しているが、1961年にダニエル・エルズバーグにより曖昧さ回避を持つ選好の具体例が示された。特に1980年代以降、曖昧さ回避を持つ選好の数理モデル化が進んでいる。

                                               

一般均衡

一般均衡 (いっぱんきんこう,英: general equilibrium )とは、ミクロ経済学、特に価格理論のアプローチのひとつ。主として1つの財の市場における価格と需給量の決定をあつかう「部分均衡分析」に対し、多くの財をふくむ市場全体における価格と需給量の同時決定をあつかう理論を「一般均衡分析」と呼ぶ(ただし、部分均衡は注目する財以外をまとめて一つの財として捉え、明示的ではないがその均衡を考えていることになるため、一般均衡分析でもある)。レオン・ワルラスが1870年代に創始し、パレートによって継承され発展したローザンヌ学派が確立し、1950年代にケネス・アロー、ジェラール・ドブルー、ライオネル・マッケンジー、二階堂副 ...

                                               

価格-消費曲線

価格-消費曲線 とは、ミクロ経済学の消費者行動分析における概念で、消費者が所得が一定の下で、ある一つの財の価格変化のみを見て消費を決定するときの消費計画を表す曲線である。

                                               

機会集合

機会集合 (きかいしゅうごう)とは、選べる選択肢が複数ある場合の、これらの集合のことを指す経済学用語。ここでの選択肢というのは選ぶ機会のある選択肢ということであり、このような選択肢の集まりという意味であるため機会集合という。 経済学の存立基盤というのは希少性にある。このために選択をする範囲というのが厳密に画されることとなる。ゆえに機会集合というのは制約をすると言うことにでもできる。存在する選択には、効率的な選択と、非効率な選択と、実現不可能な選択が存在し、機会集合というのはこの中の効率的な選択と非効率な選択が意味されている。

                                               

規模の経済

規模の経済 (きぼのけいざい、英: economies of scale )とは、生産関数の各生産要素をすべて一定割合で変化させた場合の生産量の変化を指す。狭義には、以下で述べる 規模に関して収穫逓増 を指す。 簡単化のため生産関数 Y は労働 L と資本 K の2変数にのみ依存すると仮定し、 Y = F L, K と記述する。このとき、生産関数は生産の規模をλ倍させたときの生産量 F λ L, λ K ともとの生産量 Y のλ倍との大小関係によって 規模に関して収穫逓増:  λ Y < F λ L, λ K {\displaystyle \lambda Y λ Y > F λ L, λ K {\displaystyle \lambda Y> F\lambda L,\lambda K} が成立する場合 の3種類に分類される。 理論的な分析では、議論の複 ...