Back

ⓘ ミチェル・サルガド こと ミゲル・アンヘル・サルガド・フェルナンデス (Miguel Ángel Salgado Fernández, 1975年10月22日 - )は、スペイン王国ガリシア州アス・ネベス出 ..




ミチェル・サルガド
                                     

ⓘ ミチェル・サルガド

ミチェル・サルガド こと ミゲル・アンヘル・サルガド・フェルナンデス (Miguel Ángel Salgado Fernández, 1975年10月22日 - )は、スペイン王国ガリシア州アス・ネベス出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代は、スペイン代表でポジションはディフェンダー。

好きなアーティストはU2。既婚者であり、義父は元レアル・マドリード会長のロレンソ・サンスである。

                                     

1.1. 経歴 セルタ・デ・ビーゴ

ガリシア州ポンテベドラ県アス・ネベスに生まれた。1994年に地元のセルタ・デ・ビーゴの下部組織に入団し、1995年1月22日、レアル・マドリード戦0-4でプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューした。1995-96シーズンまでにレギュラーに定着することができず、1996年夏にセグンダ・ディビシオン(2部)のUDサラマンカにレンタル移籍した。1998年2月、アトレティコ・マドリード戦でジュニーニョ・パウリスタに危険なバックチャージを仕掛け、その結果負傷したジュニーニョは6ヶ月間を棒に振って1998 FIFAワールドカップ出場も逃した。

                                     

1.2. 経歴 レアル・マドリード

1999年7月1日、移籍金1100万ユーロでレアル・マドリードに移籍した。2000年代前半のクラブは銀河系政策と呼ばれる強化方針の元にスター選手を多数獲得しており、攻撃参加の得意な左サイドバックのロベルト・カルロスが脚光を浴びていたが、サルガドも豊富な運動量と献身的な守備でチームの土台を支えた。1999-2000シーズンはリーグ戦29試合に出場し、UEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。

2004-05シーズンまでは不動の右サイドバックとして多くのタイトル獲得に貢献したが、2005年夏にセビージャFCから若手のセルヒオ・ラモスが加入し、さらに2006年冬にはシシーニョが加わり、激しいポジション争いを演じた。セルヒオ・ラモスはセンターバックとして出場することが多かったが、シシーニョの加入直後に負傷して長期離脱を余儀なくされ、右サイドバックのポジションを明け渡した。

2006-07シーズン序盤にはシシーニョがシーズンの大半を棒に振る大怪我を負い、若手のミゲル・トーレスなどと併用されて16試合に出場して30回目のリーグ優勝に携わることができた。2007年夏にはセンターバックのペペとクリストフ・メッツェルダーが加入し、セルヒオ・ラモスが本来のポジションである右サイドバックに戻ったため、先発出場の機会は激減したが、負傷者が多かったためにある程度の出場機会は得られた。2008-09シーズンではセンターバックの選手に負傷が非常に多く、セルヒオ・ラモスがセンターバックに入りサルガドが右サイドバックで先発出場することも多かった。2007-08シーズンと2008-09シーズンは合わせて17試合しか出場することができず、2008-09シーズン最終節のCAオサスナ戦1-2では退場処分を受けた。2009年8月4日、すでにプレシーズンも半ばにさしかかっていた頃に契約解除が決まった。

                                     

1.3. 経歴 ブラックバーン・ローヴァーズFC

34歳になろうとしていた2009年夏、プレミアリーグのブラックバーン・ローヴァーズFCのトライアルでのプレーがサム・アラーダイス監督の目に適い、8月19日に2年契約を結んだ。9月12日のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC戦3-1でデビューし、10月27日のフットボールリーグカップ・ピーターバラ・ユナイテッドFC戦で初得点を決めた。2011年1月27日、35歳になっていたサルガドはクラブとの契約を延長し、11 - 12シーズンをもって36歳で現役を引退した。

                                     

1.4. 経歴 スペイン代表

各年代の世代別スペイン代表を経験し、1998年9月5日、UEFA欧州選手権2000予選のキプロス戦2-3でスペインA代表デビュー。UEFA欧州選手権2000本大会に出場するメンバーにも選ばれ、レギュラーとして起用された。

2002年に日本と韓国で共催された2002 FIFAワールドカップにも出場が確実視されていたが、大会直前で負傷して出場を逃した。2004年のUEFA欧州選手権2004も同様に出場を逃したが、2006年にドイツで開催された2006 FIFAワールドカップにはセルヒオ・ラモスの控えとして出場した。

                                     

1.5. 経歴 ガリシア州選抜

ガリシア州・アス・ネベス出身のサルガドはガリシア州選抜としてもプレーした。

                                     

1.6. 経歴 指導者

現役引退後は、ドバイに移住して古巣レアル・マドリードとアラブ首長国連邦サッカー協会が提携するドバイ・フットボールアカデミーのディレクターを務め、その傍らFIFAの大使に就任して若年層の育成に携わっている。また2016年5月20日には、現役時代もプレーした故郷のガリシア州選抜の監督(元デポルティボのフランと共同)に就任している。

                                     

2. 所属クラブ

  • 1994-1995 セルタ・デ・ビーゴB
  • 1995-1999 セルタ・デ・ビーゴ
1996-1997 → UDサラマンカ loan
  • 2009-2012 ブラックバーン・ローヴァーズFC
  • 1999-2009 レアル・マドリード
                                     

3. タイトル

代表

  • UEFA U-21欧州選手権: 1998
  • U-21スペイン代表
                                     

3.1. タイトル クラブ

  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ: 2001, 2003, 2008
  • UEFAスーパーカップ: 2002
  • レアル・マドリード
  • UEFAチャンピオンズリーグ: 1999–00, 2001–02
  • インターコンチネンタルカップ: 2002
  • リーガ・エスパニョーラ: 2000–01, 2002–03, 2006–07, 2007–08
                                     

3.2. タイトル 代表

  • UEFA U-21欧州選手権: 1998
  • U-21スペイン代表
                                     

4. 外部リンク

  • ミチェル・サルガド – FIFA主催大会成績
  • Blackburn Rovers profile
  • ミチェル・サルガド - National-Football-Teams.com
  • BDFutbol profile
  • National team data (スペイン語)
  • ミチェル・サルガド - Soccerbase
  • Transfermarkt profile
  • Real Madrid biography (スペイン語)
                                     
  • 息子のフ ェル ナンド サンスは レアル マドリードやマラガCFでプレーした元サッカー選手であり ロレンソがマラガCFのオーナーとなった際にはクラブの会長を務めた また 義理の息子は元スペイン代表の ミチェル サルガド である 新型コロナ感染のレアル マドリー元会長が死去
  • 2005年12月24日 5年契約でスペインのレアル マドリードへ移籍することが内定し 2006年1月1日に入団した 移籍直後に ミチェル サルガド が負傷し 交代で右サイドバックに入ると 長期離脱した サルガド の代わりに右サイドバックのポジションを獲得したが 時折守備の脆さを露呈した 2006 - 07シーズン序盤に怪我を
  • 攻守両面において高いクオリティを有し かつてカルバハルと同じくスペイン代表とレアル マドリードで右サイドバックのレギュラーだった ミチェル サルガド は現役最高の右サイドバックとしてカルバハルを挙げている また サッカー史上最も完成された右サイドバックの一人とされる元ブラジル代表のカフーも
  • デビッド ベッカム ジネディーヌ ジダン ラウル ゴンサレス ロナウド イバン エルゲラ イケル カシージャス グティ トーマス グラヴェセン ミチェル サルガド セルヒオ ラモス ロビーニョ GOAL 2 - allcinema GOAL 2 - KINENOTE Goal II: Living the
  • たセルタ デ ビーゴの本拠地であるビーゴに自転車ロードレースのコンチネンタル プロチーム カルピン ガリシア 現 シャコベオ ガリシア を ミチェル サルガド と共に創設 2007年のブエルタ ア エスパーニャはこのチーム創設を祝って第1ステージをビーゴからスタートしゴールした
  • ス グラベセンが加入するなどして出場機会が減っていった しかし 層の薄かった右SBの ミチェル サルガド が長期離脱し 右サイドでのプレー経験があるセラーデスが右SBにコンバートされ 新しいポジションではあったが サルガド の穴を埋めてみせた 2005年夏 レアル サラゴサに移籍した 2005 - 06シーズ
  • ードに支社を設立 2017年5月5 6 7日に元スペイン代表 ミチェル サルガド を日本に招聘したのを皮切りに 2018年1月6 7 8には元フランス代表ダビド トレゼゲ 2019年1月11 12 13日にはロシアW杯スペイン代表監督のフ ェル ナンド イエロ 2020年1月10 11 12日には元イタリ
  • 2011 - 2012 プルデン 1939 - 40, 1941 - 1943 ホルヘ ダレッサンドロ 1974 - 1984 イスマエル ウルサイス 1994 - 1995 ミチェル サルガド 1996 - 1997 ガブリエル ポペスク 1996 - 1998 ペドロ パウレタ 1996 - 1998 パブロ ゼガーラ 1996 - 1998
  • 的MFのレギュラーに返り咲いて 優勝に貢献した 1998 FIFAワールドカップでの代表選出は濃厚だったが 1998年年明けのリーグ戦で ミチェル サルガド のバックチャージを受け 左足首靱帯断裂の重傷を負い ワールドカップを棒に振った 半年のブランクを得て復帰するが その後監督に就任したアリー