Back

ⓘ キリスト教神学 ..




                                               

キリスト教神学

キリスト教神学 とは、キリスト教信仰に関する神学である。イエス・キリストへの信仰を絶対前提としているので、宗教学とは異なる。常に時代や文化の中で営まれていくものであり、時代や文化に画一的に規範となる神学は存在しない。 キリスト教神学者は、聖書を釈義し、分析し、また、理解を助け、講解し、キリスト教を弁護し弁証する。 神学は神学者にキリスト教の真理をより理解させ、キリスト教と他の伝統を比較し、批判者からキリスト教を守り、教会の改革を助け、伝道を進め、現代の必要に役立てるためにある。

                                               

贖いの賜物

贖いの賜物 (あがないのたまもの)とは、ジョン・ドーソンの説で、神がそれぞれの都市に与えた賜物のことである。「贖い」「賜物」それぞれの単語そのものは他教派でも使われるが、セットでこのように用いられる事はあまり無い。キリスト教の聖霊派、福音派の中で議論されている。本記事は、ドーソンの説を紹介する。 ドーソンは、「すべての都市には、その都市を通して主が成し遂げようとしている尊い御計画が、いったいどのようなものであるかを暗示する賜物が注がれている。」という。 悪魔は何も創造する事ができないので、神が与えられた贖いの賜物を悪用して罪を犯させる。ニューヨークに与えられた贖いの賜物は自由と希望であるが、 ...

                                               

アガペー

アガペー (ギリシア語: αγάπη )は、キリスト教における神学概念で、神の人間に対する「愛」を表す。神は無限の愛(アガペー)において人間を愛しているのであり、神が人間を愛することで、神は何かの利益を得る訳ではないので、「無償の愛」とされる。また、それは不変の愛なので、旧約聖書には、神の「不朽の愛」と出てくる。新約聖書では、キリストの十字架上での死において顕された愛として知られる。 またキリスト教においては、神が人間をアガペーの愛において愛するように、人間同士は、互いに愛し合うことが望ましいとされており、キリスト教徒のあいだでの相互の愛もまた、広い意味でアガペーの愛である(マタイ福音書22、37 - 40 ...

                                               

悪魔の子

悪魔の子 (あくまのこ、ギリシア語: τεκνα του διαβολου )とは、聖書の語句であり、神学用語。 悪魔を父とする子ども。神の子と悪魔の子が対比される。

                                               

悪霊追い出し

悪霊追い出し (あくれいおいだし)とは、堕落した御使いである悪霊をキリストの権威(エクスーシア)によって追い出すことである。ここでは聖書の語句とプロテスタントの神学用語について解説する。カトリック教会についてはカトリック教会のエクソシスムとエクソシストを参照。ただし、自由主義神学(リベラル)では堕落した御使いとしての人格的悪霊の存在を認めないことがある。

                                               

悪霊につかれた人

悪霊につかれた人 (あくれいにつかれたひと、 ギリシア語: δαιμονίζομαι )とは、『新改訳聖書』が採用した聖書の語句であるが、ここではキリスト教の神学上の意味のみを説明する。他の宗教の観点は扱わない。ただし、自由主義神学(リベラル)では堕落した御使いである人格的悪魔、悪霊の存在を否定することがあるため、聖書信仰の理解を中心に記述する。