Back

ⓘ 音楽社会学 (おんがくしゃかいがく、Sociomusicology)とは、音楽に関する事象を扱う社会学の一分野であり、また音楽に与える社会の影響や社会における音楽の役割を扱う音 ..




音楽社会学
                                     

ⓘ 音楽社会学

音楽社会学 (おんがくしゃかいがく、Sociomusicology)とは、音楽に関する事象を扱う社会学の一分野であり、また音楽に与える社会の影響や社会における音楽の役割を扱う音楽学の一分野である。

                                     

1. 概要

音楽社会学の研究は、音楽の社会文化的文脈を探求するという点において、音楽民族学と重なる部分がある。しかし音楽社会学者は民族や国家のアイデンティティーに重点を置かず、民族誌的な研究方法に限定されない。それよりもより幅広い研究方法を用いて、音楽と社会構造の相互作用に強い関心を持つ。例えば音楽社会学者は音楽民族学者と比べて、調査や経済的なデータなどの利用を好み、現代的な工業社会での音楽実践を重視する傾向がある。

音楽学の分野では歴史学や楽曲分析からのアプローチが主流であって、社会学的なアプローチはまだまだ非主流派とみなされている。しかし最近の音楽民族学の流行や、学際的なカルチュラル・スタディーズの方法を用いた「新しい音楽学」の発展によって、音楽社会学はその地位を確立してきている。

                                     

2. 音楽社会学者

  • ジャック・アタリ
  • チャールズ・シーガー
  • テオドール・アドルノ
  • 金子勇
  • アルフレッド・シュッツ
  • ゲオルク・ジンメル
  • マックス・ヴェーバー
  • 堀川淳一
                                     

3. 関連項目

  • 音楽学
  • 社会学
  • カルチュラル・スタディーズ
  • 音楽民族学
  • 音楽心理学
                                     

4. 文献

  • McClary, Susan, and Robert Walser 1988. "Start Making Sense! Musicology Wrestles with Rock" in On Record ed. by Frith and Goodwin 1990, pp. 277-292. ISBN 0394564758.
  • Pruett, James W., and Thomas P. Slavens 1985. Research guide to musicology. Chicago: American Library Association. ISBN 0-8389-0331-2.
  • Kerman, Joseph 1985. Musicology. London: Fontana. ISBN 0-00-197170-0.
  • Middleton, Richard 1990/2002. Studying Popular Music. Philadelphia: Open University Press. ISBN 0-335-15275-9.
  • Honing, Henkjan 2006. "On the growing role of observation, formalization and experimental method in musicology." Empirical Musicology Review, 1/1, 2-5
  • Adler, Guido 1885. Umfang, Methode und Ziel der Musikwissenschaft. Vierteljahresschrift für Musikwissenschaft, 1, 5-20.
  • Sorce Keller, Marcello 1996. Musica e sociologia, Milan: Ricordi.
                                     
  • 野村 三郎 のむら さぶろう 1933年 - は ウィーンに拠点を置く 日本の 音楽 評論家 音楽社会学 者 ウィーン メロス 音楽 研究所代表 ウィーンの 音楽 界では最も著名な日本人 と評される 鹿児島県生まれ 1952年に上京し 早稲田大学に学び 大学院博士課程を修了 学位は取得していない
  • は 日本の 社会学 者 関西大学 社会学 部教授 専門は メディア文化論 音楽社会学 ノリ をキーワードとした 社会学 的観点からのポピュラー 音楽 の分析などとともに 広告やクイズ番組といった広くテレビ文化に関する研究も行っている 1975年 埼玉大学教養学部卒業 1979年 東京大学大学院 社会学 研究科修士課程修了 社会学修士
  • 金子 勇 かねこ いさむ 1949年6月26日 - は 日本の 社会学 者 専門は 少子化と高齢化の福祉 社会学 都市 社会学 音楽社会学 北海道大学名誉教授 神戸学院大学教授 元北海道 社会学 会会長 福岡県大川市に生まれる 1968年福岡県立伝習館高校 1972年九州大学文学部卒業 1977年
  • メディア 社会学 科 社会学 研究科 博士前期課程 博士後期課程 社会学 専攻 社会学 部長 社会学 研究科委員長 水上徹男 五十音順 阿部治 環境教育学者 立教大学 社会学 部現代文化学科教授 生井英考 アメリカ文化学者 立教大学 社会学 部メディア 社会学 科教授 井手口彰典 音楽社会学 者 立教大学 社会学 部メディア社会学科准教授
  • ドイツ 市民 音楽芸術 で東大社会学博士 2005 - 07年東京大学大学院人文 社会 系研究科 社会学 研究室助手 立命館大学文学部准教授をへて 教授 専攻は文化 社会学 音楽社会学 教養の歴史 社会学 ドイツ市民 社会 と 音楽 岩波書店 2006 宝塚ファンの 社会学 スターは劇場の外で作られる 青弓社ライブラリー 2011 コンサートという文化装置
  • ただし 音楽 学 の分類はその包括性や分類法において研究者により一様ではない また以下のような領域も 音楽 学 の一部である 音楽 民族 学 音楽 人類 学 民族 音楽 学 電気音響 学 音楽 心理 学 音楽社会学 音楽 教育 学 音楽 言語学 音楽 図書館情報 学 楽器 学 音楽
  • エスニシティの 社会学 音楽社会学 科学 社会学 家族 社会学 環境 社会学 感情 社会学 教育 社会学 軍事 社会学 経営 社会学 経験 社会学 経済 社会学 言語 社会学 国際 社会学 産業 社会学 ジェンダーの 社会学 社会学 の 社会学 宗教 社会学 情報 社会学 スポーツ 社会学 政治 社会学 青年 社会学 組織 社会学 地域 社会学 知識 社会学
  • 音楽 学 を専攻 フィールドワークを行い記述する研究者もいる 音楽 美学 楽曲分析や作曲家作品論の専門家が演奏会に付随する楽曲解説などを行うこともある これら伝統的 音楽 学者が存在する一方 物理 学 心理 学 哲学 社会学 人類 学 宗教 学 などのあらゆる観点から複合的に 音楽 を論じる研究者も昨今の時代を反映して出現している
  • かつや 1967年 - は 日本の 社会学 者 武蔵大学 社会学 部メディア 社会学 科教授 専門は 社会学 研究領域は 音楽社会学 情報メディア 学 都市文化論 社会 調査論 現代若者論 兵庫県尼崎市生まれ 千葉大学文学部卒業 関西大学大学院 社会 科学研究科博士後期課修了 博士 社会学 神戸山手大学人文学部准教授を経て 2009年4月より現職
  • は 日本の 音楽社会学 者 立教大学教授 おもに 音楽 と情報技術やオタク系文化などとの関係を研究領域としている 広島県広島市に生まれ 広島大学附属中学校 高等学校を経て 1997年に大阪大学文学部に入学し 音楽 学 を専攻した 2001年 大阪大学を卒業して 広島大学大学院教育 学 研究科生涯活動教育 学 専攻 音楽
  • じゅんいち 1955年1月13日 - は 日本の芸術 社会学 者 専攻は 社会学 説史 理論 社会学 芸術 社会学 映画論 演劇論 社会学 博士 2004年 東京都目黒区に生まれ 幼少時より40年近くを町田市で過ごす 現在は豊島区に在住 慶應義塾大学法学部および文学部を卒業 同大学大学院 社会学