Back

ⓘ 音 ..




                                               

音は、辞典・辞書類には次のように解説されている。 物の響きや人や鳥獣の声 (物体の振動が空気などの振動(音波)として伝わって起す) 聴覚の内容 またはそのもととなる音波。 心理学的には聴覚的感覚を「音」と呼ぶため周波数が人間の可聴域にあるもののみを指す。物理学的には音波そのものを音と呼び超音波や低周波音も含める(#聴覚の内容、#物理学における音:音波の節をそれぞれ参照)。 音は楽音と騒音に分けることができる。→#聴覚の内容 音楽的には楽音と噪音にわけられる(#音楽における音の種類の節を参照)。 音の類語に、 音響 (おんきょう)がある。

                                               

88鍵のピアノの音域外の音

88鍵のピアノの音域外の音 では、一般的な88鍵のピアノの音域〔A0~C8〕に入っていない音楽の音についての項目である。

                                               

アテレコ

アテレコ とは映画やテレビドラマなどの映像作品において、自身が直接演じないキャラクターに声を割り当てる必要がある場合に声優や俳優がその声の部分だけを演じて録音することをいう。 「アフレコ」から派生した言葉であり、「映像に台詞を割り当てる」ことから「 アテ レコ」と呼ばれるようになったとされる。海外作品の日本語吹き替え(逆に日本作品の海外版化の際もある)やアニメーション作品での声の割り当て、特撮テレビドラマ作品などでスタントマンやスーツアクターが演じた部分への声の割り当てなどがこれに該当する。ただしこれらの作業もすべてアフレコと呼ぶ場合がある。 英語では リボイシング (英: revoicing )といい、俳 ...

                                               

アプスウィープ

アプスウィープ (英: Upsweep )とは、海中で観測された発生原因不明の低周波の音波のパターンに付けられた、音の名称である。なお、片仮名表記では、 アプスイープ 、 アップスウィープ 、 アップスイープ などと書かれる場合もあるが、本稿では以降、アプスウィープに統一する。

                                               

いびき

いびき ( 鼾, 英語; snore)は、狭くなった上気道が呼吸時に擦れて出す音。睡眠時や脳梗塞で失神した時などに発生する事がある。

                                               

韻 (いん)とは、 詩文で、一定の間隔あるいは一定の位置で並べられる同一もしくは類似の響きをもつ語。 漢詩や賦で押韻される字のこと。句末で押韻されるものは特に韻脚という。押韻を参照。 古代中国語において音節内の主母音・尾音、声調の部分。韻母を参照。