Back

ⓘ 火 ..




                                               

火 (ひ、英: fire )とは、 化学的には物質の燃焼(物質の急激な酸化)に伴って起きる現象、あるいは燃焼の一部、と考えられている現象である。 火は、熱や光を発生させると共に、様々な化学物質も生成する。気体が燃焼することによって発生する激しいものは炎と呼ばれる。煙が熱と光を持った形態で、気体の示す一つの姿であり、気体がイオン化してプラズマを生じている状態である。燃焼している物質の種類や含有している物質により、炎の色や強さが変化する。 (→#火の構造、しくみ) 人類の火についての理解は大きく変遷してきている。象徴的な理解は古代から現代まで力を持っている。また理知的には古代ギリシアにおいては4大元素のひと ...

                                               

忌火

忌火 (いみび)とは、神道で「清浄な火」のこと。火鑽(ひき)りで熾し、神様への供物の煮炊きなどの神事に用いる。宮中や伊勢神宮などの重要な祭にあたり新しく鑽り出される火のことをいうが、他の神社においても鑽火神事(きりびのしんじ)として行われる。 伊勢神宮の豊受大神宮正殿奥には忌火屋殿(いみびやでん)があり、そこで木と木をすり合わせる「舞錐式発火法」(まいきりしきはっかほう)で「御火鑽具」(みひきりぐ)を用いて火を切り出す。 鑽火神事は各地で下記のように様々な形で行われている。 旧暦の6月に一家の柱となる男が集まり、火鑽神事を行い豊作を願う。またその火で小豆めしを炊き、1年間の無行息災を願う。 出雲 ...

                                               

永遠の炎の滝

永遠の炎の滝 (えいえんのほのおのたき)は、ニューヨーク州の チェスナット・リッジ・パーク の一区画であるシェール・クリーク保護区に存在する小さな滝である。滝のたもとには、天然ガスが放出されている小さなほら穴があり、小さな炎を形成し点灯している。この炎はほぼ1年中見ることができるが、消えてしまうこともあるため、人の手で再点火を要する場合もある。 永遠の炎の滝 は、 環境保護活動家の ブルース・カーシュナー の本「Secret Places」と「Whats Weird on Earth」に掲載されている。

                                               

FK理論

FK理論 (エフケーりろん、「FK」はFrank-Kamenetskiiの略)とは1939年に Frank Kamenetskii(en:David A. Frank-Kamenetskii)が考案した物質の発火に関する理論である。 物質が自然発火を起こす条件を計算する Frank-Kamenetskii の発火理論、あるいは、粉塵爆発の発生条件を計算する熱爆発理論として用いられている。 化学合成の安全においては反応過程で発火、熱爆発、暴走反応などが起こらないよう計算するために用いられる理論であり、化学実験の安全管理のためには重要な概念である。 工業設備などで発火事故が起こるリスクを計算したり、粉塵爆発が起こる危険性を評価するために用いられる。

                                               

炎色反応

炎色反応 (えんしょくはんのう)( 焔色反応 とも)とは、アルカリ金属やアルカリ土類金属、銅などの金属や塩を炎の中に入れると各金属元素特有の色を示す反応のこと。金属の定性分析や、花火の着色に利用されている。

                                               

火炎瓶

火炎瓶 (かえんびん、 火焔瓶 とも表記)は、瓶(主にガラス製)にガソリン・灯油などの可燃性の液体を充填した、簡易な焼夷弾の一種である。原始的な爆弾の一種とも言われる。冬戦争における故事から、「 モロトフ・カクテル (Molotov Cocktail)」とも呼ばれる。中身によって威力・殺傷能力が大きく異なる。