Back

ⓘ ダニー・サリバン. ダニエル・ジョン・ダニー・サリバン三世 ( Daniel John Danny Sullivan III, 1950年3月9日 - )は、アメリカ合衆国の元レースドライバー。1985年のイ ..




ダニー・サリバン
                                     

ⓘ ダニー・サリバン

ダニエル・ジョン・"ダニー"・サリバン三世 ( Daniel John "Danny" Sullivan III, 1950年3月9日 - )は、アメリカ合衆国の元レースドライバー。1985年のインディ500で優勝したことで最もよく知られる。

                                     

1. 生い立ちと経歴

サリバンはケンタッキー州ルイビルで生まれる。父親は建築業を営んでいた。ケンタッキー・ミリタリーインスティチュートに学び、ジム・ラッセル・レーシングスクールに入る。サリバンはレース経歴を始める前、様々な職に就きその中には木こりやニューヨーク市のタクシー運転手などがあった。

                                     

1.1. 生い立ちと経歴 F1

サリバンは21歳の誕生日プレゼントとしてイギリス、スネッタートンのジム・ラッセル・レーシングスクールで学ぶこととなる。フォーミュラ・フォード、F3に参戦したが、資金が尽きて帰国する。1982年にインディカーでのデビューを果たし、翌1983年にはF1のティレルチームとの契約を結ぶ。ティレルのスポンサー、ベネトンはアメリカ人ドライバーの採用を希望していた。サリバンは1983年シーズン、15戦に出走しモナコグランプリでは5位に入賞、2ポイントを得てシーズン17位という結果であった。また、4月にブランズ・ハッチで行われたノンタイトル戦、レース・オブ・チャンピオンズではケケ・ロズベルグに次いで2位に入賞している。しかしながら彼は経験豊富なチームメイトのミケーレ・アルボレートの陰に隠れることになり、シーズンを終えて契約を継続することができなかった。

                                     

1.2. 生い立ちと経歴 インディカー

1984年、サリバンはアメリカに戻った。インディカー・シリーズに参戦し、1985年にはインディ500で優勝を遂げる。このレースでサリバンはスピンを喫し、マリオ・アンドレッティにリードされるものの、フラットスポットが生じたタイヤをピットで交換し、20ラップ後にアンドレッティを追い抜きそのまま優勝した。1988年のインディ500でも、スタートから101ラップ中91ラップでレースをリードしたが、ターン1で壁に接触、リタイアした。しかしながら同年のシリーズではタイトルを獲得している。

1986年、サリバンはテレビ番組「マイアミ・バイス」にゲストスターとして出演する。売春婦を殺害し起訴されるカーレーサー役であった。ドラマはマイアミ・グランプリにおけるピットレーンでの様子などいくつか短い場面が組み入れられた。サリバンの台詞は限られたものであり、最も長いのは警察署での取り調べ場面でのものであった。

1992年、レアはNintendo Entertainment System用ソフト「Danny Sullivans Indy Heat」を発売した。

                                     

1.3. 生い立ちと経歴 その後

1994年、サリバンは休暇を取って解説者としてABC/ESPNに加わった。また同年、NASCARウィンストンカップ・シリーズの何戦かに出場しようとした。しかしながら、ブリックヤード400に出場したのみで、予算の限られたチームでは33位で完走するのがやっとであった。また、ゲストとしてドイツツーリングカー選手権のアルファロメオをドライブし、ル・マン24時間レースにヨースト・レーシングからダウアーポルシェ・962Cを駆ってティエリー・ブーツェン、ハンス=ヨアヒム・スタックとともに出場した。

1995年はインディカーに復帰したが、この年が最後の参戦となった。第13戦のミシガンでクラッシュ、負傷し、骨盤を始めとする重傷を負った。回復の途中に彼はオープンホイールからの引退を発表した。翌年から再びABCの解説者に就任した。

                                     

2. レース戦績

ドイツツーリングカー選手権

  • ‡: ノンタイトル戦の為、ポイント獲得の対象外。
                                     

3. 外部リンク

  • Danny Sullivan - インターネット・ムービー・データベース (英語)
  • Sullivans 1985 win on Indy500.com
  • Grand Prix encyclopedia entry on Danny Sullivan
  • The Greatest 33
                                     
  • ジョン L サリバン - アメリカのプロボクサー ジョン ローレンス サリ ヴァン - アメリカの海軍長官 ダニー サリバン - アメリカのレーシングドライバー デニス サリ ヴァン - アメリカの数学者 ニー ル サリバン - スコットランドのサッカー選手 マイク サリバン - アメリカのプロボクサー
  • ダニー グリーン - オーストラリアのボクサー ダニー グローヴァー - アメリカの俳優 ダニー ケイ - アメリカのコメディアン ダニー コーチマー - アメリカの音楽家 ダニー サリバン - アメリカのレーシングドライバー ダニー シットゥ - ナイジェリアのサッカー選手 ダニー スパイビー
  • 開幕し 11月6日の最終戦マイアミまで16戦で争われた この中にはノンタイトル戦であるマールボロ チャレンジも含まれる シリーズチャンピオンは ダニー サリバン が ルーキーオブザイヤーはジョン ジョーンズが獲得した 第72回インディ500の勝者はリック メアーズであった インディ500はUSACが統括
  • ケビン サリバン Kevin Francis Sullivan 1949年10月26日 - は アメリカ合衆国のプロレスラー マサチューセッツ州ボストン出身 1970年代にベビーフェイスのポジションで活動後 1980年代より怪奇派のヒールに転向 ザ タスクマスター The
  • サリバン 遠征 サリバン えんせい 英: Sullivan Expedition または サリバン クリントン遠征 英: Sullivan - Clinton Expedition は アメリカ独立戦争中の1779年6月から9月にかけて アメリカ大陸軍のジョン サリバン
  • ティレルチームは1983年シーズンの序盤は前年モデルの011で参戦していたが 後半のオーストリアGPで初めて012がミケーレ アルボレート用に投入された ダニー サリバン のために2台目の012が投入されたのは 最終戦の前戦ヨーロッパGPだった 012の新車発表会で装着されていた奇妙な形状のV型リヤウイング ブ
  • 5戦で争われた シリーズチャンピオンはアル アンサーが ルーキーオブザイヤーはアリー ルイエンダイクが獲得した 第69回インディ500の勝者は ダニー サリバン であった インディ500はUSACが統括したが ポイントはシリーズにカウントされた マリオ アンドレッティはミシガン500のクラッシュで鎖骨
  • ジャック スプラーグ 1998年 ロン ホーナディ 1999年 グレッグ ビッフル 2000年 デニス セッツアー 2001年 グレッグ ビッフル 1989年 ダニー サリバン マーク ノップラーは スピードウェイ アット ナザレス を作曲した 同曲はソロ2作目の セイリング トゥ フィラデルフィア に収められている
  • ジェイムズ サリバン 英: James Sullivan 1744年4月22日 - 1808年12月10日 は アメリカ合衆国マサチューセッツ州の弁護士 政治家である マサチューセッツ州最高司法裁判所初期の陪席判事であり 長年州検事総長を務め 1807年から死亡した1808年12月までマサチューセッツ州知事だった
  • ロベルト モレノ 2000 ダニー オンガイス 1983 ジョン ポールJr. 1984 スコット プルーエット 1995 - 1998 ジョ ニー ラザフォード 1983 オリオール セルビア 2002 - 2003 ゴードン スマイリー 1980 ダニー サリバン 1991 サミー スウィンデル
  • ダニー 飯田とパラダイスキング ダニー いいだとパラダイスキング は 1950年代後半から1990年代末まで活動した バン ドグループ リーダーは ダニー 飯田 愛称は パラキン 1955年に結成 当初のグループ名は ダニー 飯田とパラダイス ハーモ ニー で ハワイアンソング中心だった 翌年に ダニー
  • ュしたものの 1989年から1991年シーズンまでで2勝しか挙げることができなかった 同様に ダニー サリバン はアルファロメオのエンジンを積んで惨憺たるシーズンを終えたパトリック レーシングを離脱した サリバン はガレス レーシングに加入し レイホールがパトリック レーシングに加入 2人はそれぞれのチー
  • レーシングカーに仕立て直され 実質的にポルシェワークスのル マン ポルシェ チーム ヨースト レーシングチームからハンス ヨアヒム スタック ダニー サリバン ティエリー ブーツェン組が35号車 ヤニック ダルマス ハーレイ ヘイウッド マウロ バルディ組が36号車でル マン24時間レース参戦を果た