Back

ⓘ 法学史 ..




                                               

オーストリア法学協会

オーストリア法学協会 (ドイツ語: Juristenverband )は、ウィーンに拠点を置き会員約2500人を抱えるオーストリアでも最大規模の法律家の民間組織。 オーストリア法学協会は、リーガルコミュニティーにおいて特に定期総会と年に一度ウィーンのホーフブルク宮殿にて開催される法律家の舞踏会(ドイツ語: Juristenball )で知られている。Nova & Variaという雑誌が会員に無料で配布されている。協会の目的は、会員の政治的利益の表明、継続教育、社会活動、および慈善活動を行っている。

                                               

概念法学

概念法学 (がいねんほうがく)とは、制定法(特にローマ法大全)を完全なものであると考え、その解釈や運用に際しては形式論理に終始する態度のことである。ローマ法学者のイェーリングが、自由法学の立場からサヴィニーらをはじめとする従前のドイツ法学理論を批判的に述べる際に使った呼称である。 転じて、現実を無視した形式論的な考察態度、いわゆる「机上の空論」を批判していう場合に用いられる。現実の裁判における基準として機能しない、または機能させることをそもそも考えていないような法的理論に対して向けられることが多い。 主な思想 論理的完足性の思想 成文法の排他的尊重 法解釈の純粋認識的性格の主張 判例の否定

                                               

学説彙纂

                                               

自由法学

自由法学 (じゆうほうがく)とは法学用語の一つ。これは18世紀から19世紀のドイツで唱えられていた事柄であり、当時に広く行き渡っていた概念法学に対する批判が目的とされていた。概念法学においては法源というものは成文法に限られており、これを形式論理的に解釈されていたわけであるが、この事が批判されていたというわけである。自由法学においては法源というものは成文法のみに限らず、社会慣習や文化規範からも求め、社会の実情に合致した裁判を行っていこうということが論じられていた。

                                               

法学提要