Back

ⓘ 人権 ..




                                               

基本的人権の尊重

人権 (じんけん、human rights)とは、単に人間であるということに基づく普遍的権利。「対国家権力」または「革命権」から由来している。ブルジョア革命(資本主義革命)によって確立された権利であり、「近代憲法の不可欠の原理」とされる。 人権は人が生まれつき持ち、国家権力によっても侵されない基本的な諸権利であり、国際人権法(international human rights law)によって国際的に保障されている。ブルジョア革命の例としては イギリス革命(権利章典 1689年) アメリカ革命(独立宣言 1776年) フランス革命(人権宣言 1789年) 等があり、これらは人権を古典的に表現している。自由主義(リベラリズム)に基づくブルジョア革命・ ...

                                               

4つの自由

4つの自由 (よっつのじゆう、Four Freedoms)とは、アメリカ合衆国大統領フランクリン・D・ルーズベルトが1941年1月6日の一般教書演説(「4つの自由」演説と呼ばれる)において表明した目標である。ルーズベルトは「世界中のあらゆる場所」の人々が享受すべき4つの基本的な自由を提唱した。 恐怖からの自由 Freedom from fear 言論・表現の自由 Freedom of speech 欠乏からの自由 Freedom from want 信教の自由 Freedom of worship ルーズベルトがこの演説を行ったのは、日本が真珠湾攻撃を行い、アメリカが日本に宣戦布告をする1941年12月8日の11か月前だった。一般教書演説の内容は、主にアメリカの国家安全保障と、東半球において大陸を ...

                                               

アイデンティティ政治

アイデンティティ政治 (アイデンティティせいじ、英: identity politics 、 アイデンティティ・ポリティクス )は、主に社会的不公正の犠牲になっているジェンダー、人種、民族、性的指向、障害などの特定のアイデンティティに基づく集団の利益を代弁して行う政治活動。 社会的に抑圧されているアイデンティティ集団に属する人々は彼らに共通の社会問題を解決するためそのアイデンティティの下に団結して戦うべきであるとされる。個々のアイデンティティ集団に特有の問題は基本的に自分たちの手で解決すべきであるとされ、他の抑圧されているアイデンティティ集団と連帯するのは他のアイデンティティ集団にも共通するより大きな社会問題と ...

                                               

明日への伝言板

明日への伝言板 ( あすへのでんごんばん )は、北九州市人権推進センターが制作し、福岡県のラジオ放送局・cross fmが放送している5分間のラジオ番組。

                                               

アファーマティブ・アクション

アファーマティブ・アクション (アメリカ英語: affirmative action 、 肯定的措置 、 積極的是正措置 )とは、弱者集団の不利な現状を、歴史的経緯や社会環境に鑑みた上で是正するための改善措置のこと。この場合の是正措置とは、民族や人種や出自による差別と貧困に悩む被差別集団の、進学や就職や職場における昇進において、特別な採用枠の設置や、試験点数の割り増しなどの優遇措置を指す。

                                               

イノセンス・プロジェクト

イノセンス・プロジェクト ( Innocence Project )は、DNA鑑定によって冤罪証明を行う非営利活動機関。 アメリカ合衆国、カナダ、英国、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ(Wits Justice Project)で行われている