Back

ⓘ 普通科, 学校. 普通科 (ふつうか)とは、日本の後期中等教育を行う学校(学校教育法第1条に規定するもの(一条校))に設置される「普通教育を主とする学科」のことである ..




                                     

ⓘ 普通科 (学校)

普通科 (ふつうか)とは、日本の後期中等教育を行う学校(学校教育法第1条に規定するもの(一条校))に設置される「普通教育を主とする学科」のことである。

                                     

1. 概要

一般的に普通科というと、高等学校、中等教育学校の後期課程、特別支援学校の高等部におけるものを指すことが多い。高等学校、中等教育学校の後期課程における普通科については、「高等学校設置基準」(平成16年文部科学省令第20号)の第5条第1号・第6条第1項、「高等学校学習指導要領」などに定められている。特別支援学校における普通科については、「特別支援学校の高等部の学科を定める省令」(昭和41年文部省令第2号)の第1条・第2条第1項、「特別支援学校高等部学習指導要領」などに定められている。

普通科における教育の大半を占める普通教育は、専門分野に特化した専門教育に対して、幅広い分野のうち、特に基礎的なものを扱うという普遍的教育を目指している。学校によってはこの普通科をコースごとに分け、中には「大学進学コース」や「特別進学コース」など、大学受験に特化したコースを設置している所も存在する。教科としては国語・地理歴史・公民・数学・理科・英語・保健体育・家庭・芸術・情報及び総合的な学習の時間を主に履修する。一部に商業などの専門科目や学校設定教科・科目を履修する学校もある。

高等学校の普通科の生徒数は、235万7844人(平成30年度・学校基本調査による)であり、高等学校の本科生徒総数(322万6497人。同調査)に占める割合は、73.1%(同調査)である。

                                     

2.1. 普通科における普通教育 高等学校、中等教育学校の後期課程

高等学校、中等教育学校の後期課程における教育課程の基準は、高等学校学習指導要領(文部科学省告示)に定められる。

普通科では、国語・地理歴史・公民・数学・理科・保健体育・芸術・外国語・家庭・情報という主に「普通教育に関する各教科」による教育活動が行われている。

これらの教科のほか、教科外活動として総合的な学習の時間や特別活動もある。また、学校によっては専門教科や、学校設定教科・学校設定科目を履修させる学校もある。

卒業までに取得が必要な単位数は、「各教科に属する科目」の単位数と「総合的な学習の時間」の単位数を含めて 74単位以上 とされている。なお、「単位」については、1単位時間を50分として、35単位時間の授業を1単位として計算することが標準とされている。普通科では学校設定教科・学校設定科目は一定単位までしか卒業に必要な単位に含められず、現行学習指導要領では20単位が上限である。

この他、高大連携科目や専門学校の科目などの学校外における学習も36単位まで校長が認定することができる。

「普通教育に関する各教科」には、それぞれ教科に属する科目が設けられ、各科目ごとの標準単位数は次のとおりである。なお、次の各科目においては一部が「必修科目」とされており、必修科目については、表内の規則に基づいて履修しなければ高等学校を卒業することはできない。

なお「専門教育を主とする学科」(専門学科)においては、一部の「必修科目」を「専門教育に関する各教科」に属する科目によって代替することも認められているが、普通科においてはこのような措置は一切ない。

                                     

2.2. 普通科における普通教育 特別支援学校の高等部

特別支援学校の高等部における教育課程の基準は、特別支援学校高等部学習指導要領(文部科学省告示)に定められる。

                                     

2.3. 普通科における普通教育 視覚障害者、聴覚障害者、肢体不自由者、病弱者

視覚障害者、聴覚障害者、肢体不自由者または病弱者である生徒に対する教育を行う特別支援学校においては、高等学校、中等教育学校の後期課程に準じた、主に「普通教育に関する各教科」による教育活動が行われている。

そのほか、教科外活動として総合的な学習の時間や特別活動に加え、自立活動もある。また、学校によっては専門教科や、学校設定教科・学校設定科目を履修させる学校もある。

卒業までに取得が必要な単位数および「単位」の計算については、高等学校、中等教育学校の後期課程に準じて行われる。

                                     

2.4. 普通科における普通教育 知的障害者

知的障害者である生徒に対する教育を行う特別支援学校における各教科については次のとおりである。

  • 特に示す場合を除き、全ての生徒に履修させるもの
国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、職業
  • 学校や生徒の実態を考慮し、必要に応じて設けることができるもの
外国語、情報

これらの教科のほか、教科外活動として道徳、総合的な学習の時間、特別活動ならびに自立活動もある。

各教科、道徳、総合的な学習の時間、特別活動(ホームルーム活動に限る)および自立活動の総授業時数は、 各学年とも1.050単位時間(1単位時間は50分として計算するものとする)を標準とし、特に必要がある場合にはこれを増加することができる。この場合、各教科等の目標および内容を考慮し、各教科および総合的な学習の時間の配当学年および当該学年における授業時数、道徳、特別活動および自立活動の各学年における授業時数を適切に定めるものとする。

それぞれの授業の1単位時間は、生徒の実態および各教科等の特質を考慮して適切に定めるものとする。

                                     

3. 教育課程

多くの学校では、2つ以上の類型をおいて、卒業後の進路に対応した教育が行われる。一般的に文系・理系の類型を置く学校が多い。通常文系・理系の類型選択は2年次に行われることが多い。一部の進学校においては、センター試験への対応や、広い教養を身につけることを目的に2年生まで共通の教育課程で行い、3年次から類系選択を行うところがある。その他、学校の事情や特色に応じて、文理系・英語系などの様々な類型が置かれる。一方で類型を置かない学校もある。その場合も様々な選択科目をおいて、おのおのの進路に対応した教育課程となっている。

必修となっている科目のほとんどは1年次に配当されていることが多い。

                                     

3.1. 教育課程 文系

主に文系の大学(短期大学を含む)や専門学校への進学、公務員への就職を進路志望とする生徒に提供される類型である。国語・地理歴史・公民・英語に重点を置いた教育課程が組まれる。さらに私立大学進学に対応したコースと数学の履修も重視した国公立大学に対応したコースに分かれる学校もある。

                                     

3.2. 教育課程 理系

主に理系の大学への進学に対応した類型である。数学・理科・英語に重点を置いた教育課程が組まれる。センター試験に対応するため、国語・地理歴史の履修も行われる。数学は数学IIIまで履修するのが通常だが、看護学・農学・薬学などの一部学科においては数学IIIまで試験範囲としていない大学があるため、多くの学校では数学II・数学Bまで履修するコースを置いていることがある。理科の選択科目は化学および物理・生物から1科目選択させるところがほとんどである。

                                     

3.3. 教育課程 文理系

6教科の内容をまんべんなく履修できる類型である。主に国公立大学受験を希望する生徒のために置かれる。特に文系学部向けであることが多い。

                                     

4.1. 新しい普通科 普通科総合選択制

新しい普通科のあり方の1つ。基礎学力を重視しながら、生徒の興味関心や進路に応じて、幾つか設定された エリア から1つを選んで学習する。生徒は各エリアごとに指定された エリア指定科目 を履修する。エリア指定科目と必履修科目を除く科目は 自由選択科目 と呼ばれ、生徒が自由に選択して履修できる。総合学科の系列と異なり、エリアは1つを選択して履修しなければならない。選択科目の割合は、従来の普通科より多く、普通科単位制より少ない。また、系列とは異なり、エリアは専門性を深めていくものではなく、生徒の興味関心を引き出すために設置されている。どのエリアを選択しても、進学・就職両方に対応している。概ねエリア選択科目は4科目8 - 12単位程度である。 普通科総合選択制またはこれに類する新しい普通科は、北海道・神奈川県・京都府・大阪府・兵庫県( エリア選択制 )などに設置されている。 複数の専門学科が設置されている高等学校で採用されている総合選択制とは異なる。 しかし、専門的な学習を深めるには不向きなシステムのため、大阪府などの一部の高校では普通科専門コースへの改編が進んでいる。

                                     

4.2. 新しい普通科 普通科単位制

必修科目以外は、全て選択科目となっている。授業はほとんどがクラス単位ではなく、選択した科目ごとに生徒が教室を移動して授業を受ける。学年の概念がなく、ときには2年生と3年生が同じ教室で授業を受けることがある。しかしクラス単位の活動は、ホームルームや行事、必履修科目の授業などで行われる。生徒の興味・関心・進路希望にきめ細かく対応できる。進学校で様々な受験科目に対応するために採用される進学型単位制普通科。そして、生徒が原級留置(留年)することを防ぐため、卒業までに74単位を取得できれば卒業できるように採用している高校がある。多様な選択科目を実現するために、教員の加配が行われる。

                                     

5. 進路

普通科における卒業後の進路は、大学進学、専門学校進学、就職など多様である。

                                     

6. 関連項目

  • 高等学校
  • 文部科学省
  • 全国普通科高等学校長会
  • 中等教育
  • 専門教育
  • 日本の教育
                                     
  • 全国 普通科 高等 学校 長会 ぜんこくふつうかこうとうがっこうちょうかい は 東京都港区西新橋2 - 5 - 10 NBC西新橋ビル4Fに本部を置く 全国の国公私立 普通科 高等 学校 中等教育 学校 後期課程の校長 教育機関の代表者等の任意団体である 普通 教育に関する調査研究 振興を目的とする 1948年 昭和23年
  • 普通科 ふつうか 次の意味がある 普通科 学校 - 日本の後期中等教育を行う 学校 において 普通 教育を主とする学科のこと 普通科 陸上自衛隊 - 陸上自衛隊における歩兵 科 相当の職種の呼称 普通
  • 第1 第2 第4中隊が岐阜県を担任する 第14 普通科 連隊第2大隊 1959年 昭和34年 6月2日 第14 普通科 連隊第2大隊が守山駐屯地に移駐 第35 普通科 連隊 1962年 昭和37年 1月18日 第14 普通科 連隊第2大隊を基幹として第35 普通科 連隊が編成完結
  • 第36 普通科 連隊 だいさんじゅうろくふつうかれんたい JGSDF 36th Infantry Regiment は 兵庫県伊丹市の伊丹駐屯地に駐屯する 陸上自衛隊第3師団隷下の 普通科 連隊である 主な訓練は長尾山演習場や饗庭野演習場で実施する 1995年 平成7年 1月17日午前5時46分に発生した
  • 第14 普通科 連隊 だいじゅうよんふつうかれんたい 英語: JGSDF 14th Infantry Regiment は 石川県金沢市の金沢駐屯地に駐屯する 陸上自衛隊第10師団隷下の 普通科 連隊である 主に訓練は三小牛山演習場や饗庭野演習場及び関山演習場で実施する ここ近年では レンジャー山岳訓練に
  • 普通科 教導連隊 ふつうかきょうどうれんたい JGSDF Infantry School Regiment Mechanized ISchR は 静岡県御殿場市の滝ヶ原駐屯地に駐屯する部隊で 陸上自衛隊富士教導団隷下の 普通科 部隊である 同連隊は富士 学校 の教育支援や戦術の研究 教範の作成支援などを
  • 第3 普通科 連隊 だいさんふつうかれんたい JGSDF 3rd Infantry Regiment Mechanized は 北海道名寄市の名寄駐屯地に駐屯する 陸上自衛隊第2師団隷下の 普通科 連隊である 警備担任区域は名寄市 稚内市 士別市 豊富町 浜頓別町 中頓別町 歌登町 枝幸町 美深町 風連
  • 第33 普通科 連隊 だいさんじゅうさんふつうかれんたい JGSDF 33rd Infantry Regiment は 三重県津市 市町村合併前は久居市 の久居駐屯地に駐屯する 陸上自衛隊第10師団隷下の 普通科 連隊である 大日本帝国陸軍歩兵第33連隊 津 の連隊番号を継承している 第33 普通科 連隊長が駐屯地司令を兼務
  • 科 連隊にコア 普通科 連隊準備隊を編成 第49 普通科 連隊 2004年 平成16年 3月29日 第49 普通科 連隊が豊川駐屯地において新編 第49 普通科 連隊編成完結 初代中村連隊長以下218名 整備支援部隊は 第10後方支援連隊第2整備大隊第4 普通科 直接支援中隊 第47 普通科 連隊から近畿 中部地方の招集訓練担任を分任
  • 空挺 普通科 群 くうていふつうかぐん JGSDF Airborne Infantry Group は 千葉県船橋市の習志野駐屯地に駐屯していた第1空挺団隷下の 普通科 部隊 2004年 平成16年 3月28日廃止され3個の 普通科 大隊に改編された 第1空挺団の主幹部隊として数多くの災害派遣参加実績を持っ
  • 1953年 昭和28年 11月20日 普通科 第3連隊第3大隊が名寄駐屯地から留萌駐屯地に移駐 1954年 昭和29年 7月1日 第3連隊第3大隊が第3 普通科 連隊第3大隊に称号変更 第10 普通科 連隊第1大隊 1954年 昭和29年 7月26日 第3 普通科 連隊第3大隊が第10 普通科 連隊第1大隊に改称 第26 普通科 連隊