Back

ⓘ 経済学のモデル ..




                                               

アロードブリューモデル

数理経済学における アロードブリューモデル は、一定の経済的仮定の下で、経済におけるどの商品に対しても、 総供給 が、 総需要 に等しいような一連の価格が存在しなければならないことを示す。 このモデルは一般経済均衡General equilibriumの理論の中心であり、その他のミクロ経済モデルの一般的な参考としてしばしば使用される。ケネス・アロー、 ジェラール・ドブルー にちなんで命名され、時々、 en:Lionel_W._McKenzie の 1954 年の均衡状態の存在の独立した証明および 後の 1959 年の改良により、 その人の名前も取り上げられる。 この A-D モデルは、競争経済のもっとも一般的なモデルであり、一般均衡理論の決定的な部分である。 ...

                                               

君は牛を二頭持っている

「 君は牛を二頭持っている 」(きみはうしをにとうもっている、英: You have two cows )は、主に欧米語圏で、一連の政治的ジョークの始まりによく用いられる定型文である。この文が用いられているジョーク・皮肉一般を指すこともある。なお、ここで言う牛(cow)とは雌の乳牛のことである。 この定型文が意図するところはすなわち、「君は牛を二頭持っている。」という例文に沿って、政治そのものや政治に関する概念、また通貨、資本、生産方式など、さまざまな概念を暗喩するジョーク・皮肉のことである。

                                               

クールノー競争

クールノー競争 (くーるのーきょうそう、英: Cournot competition )は経済学のモデルであり、特に産業組織論において、企業間の行動原理を表すために用いられる。 具体的には、同一の生産物を生産する複占または寡占の企業が自社の生産量を通じて市場価格を操作し利潤最大化を行う際に、常に「次の期間における生産量については自社以外は変化しない」と仮定するモデルである。 例えば、複占の場合では、A社はB社が来月も今月と同じだけ生産するだろうと仮定して独占と同じように自社の生産量を減らして価格を釣りあげることで利潤最大化しようとするが、実際にはB社も同じことを考えて生産量を減らすため、A社の想定以上に価格が上がり、 ...

                                               

経済人

経済人 または ホモ・エコノミクス (けいざいじん、英: economic man、羅: homo economicus)とは、もっぱら経済的合理性のみに基づいて個人主義的に行動する、とした(と想定した)人間像のこと。

                                               

シュタッケルベルグ競争

シュタッケルベルグ競争 (Stackelberg competition)は、ミクロ経済学でいう寡占モデルであり、先導者とされる寡占企業が価格決定した後に、追随者が価格決定を行う。 シュタッケルベルグ先導者モデル とも呼ばれる。 ゲーム理論の用語では、この市場価格決定ゲームの参加者は、先導者と追随者であり、先導者は市場の価格決定者である。 シュタッケルベルグ競争均衡では、先導者が追随者の行動を予想した上で事前に知る必要がある。追随者は、将来に対する追随者の状態を知る手段がなく、先導者は知見できるものとしている。仮に、双方が先導者として行動すると、シュタッケルベルグ競争均衡は成立することなく、シュタッケルベルグ不均衡ま ...

                                               

代表的個人

代表的個人 とは、近年のミクロ的基礎を持つマクロ経済学で多く見られるモデルの一種である。新しい古典派によって先駆的に用いられた後、多くのマクロ経済学のモデルで用いられるようになった。 マクロ経済の中にいる多くの消費者が「全ての消費者が同一の性質を持つ」と仮定することによって、ミクロレベルの行動とマクロレベルの変数の関係を単純化することができる。具体的には、「たった一人」の消費者が存在すると仮定して最適化問題を解くことに帰着出来る。 この代表的個人モデルには、単純化し過ぎており現実的ではないとの批判がある。 確かに、このような仮定は非現実的であるが、マクロ経済学のモデルは、あくまで現実の経済の一 ...

                                               

ヘクシャー=オリーン・モデル

ヘクシャー=オリーン・モデル (HOモデル、英語: Heckscher–Ohlin model )は、国際貿易の一般均衡モデルである。ストックホルム商科大学のヘクシャーとオリーンによって開発された。HOモデルは、貿易地域間の生産要素賦存に基づき貿易パターンを予測する。HOモデルは、本質的には、各国はその国に豊富な生産要素を用いて生産される財を輸出し、その国に希少な生産要素を用いて生産される財を輸入すると考えている。HOモデルは、一般にリカードの比較優位理論の延長上にあると説明されるが、その考え方には大きな断絶がある。

                                               

ベルトラン競争

ベルトラン競争 (ベルトランきょうそう、英: Bertrand competition )とは経済学のモデルであり、特に産業組織論において、企業間の行動原理を表すために用いられる。 具体的には、同一の生産物を生産する複占または寡占の企業が利潤最大化を行う際に、「次の期間における価格を自社以外は変化させない」と仮定するモデルである。 ベルトラン競争のモデルを用いた場合、寡占市場における均衡では、価格は限界費用に一致する。 現実的には、ベルトラン競争は不況期の過剰生産能力がある場合に成立しやすいとされる。生産能力の制約を加えたモデルで考えれば、クールノー競争の均衡が成り立つ。 数学者で経済学者のジョゼフ・ベルトランに由来 ...

                                               

貿易における重力モデル

国際経済学での 貿易における重力モデル は、社会科学における他の重力モデルと同様である。貿易の重力モデルは、経済規模(通常はGDPを用いる)と輸出国と輸入国の間の距離に基づいて、相互の貿易量を予測する。このモデルは、1962年に、ヤン・ティンバーゲンが最初に用いた。2国 間の貿易のための基本的な理論モデルは次の形をとる。 F i j = G M i M j D i j {\displaystyle F_{ij}=G{\frac {M_{i}M_{j}}{D_{ij}}}} ここで、 F ij は貿易量、 M はそれぞれの国の経済規模、 D は距離、 G は定数である。対数を用いると、この等式は線形に変換できる。基本モデルは、次の等式で表せる(ここで α = ln G である)。 重力モデルには、しばし ...

                                               

ロングテール

ロングテール (英: long tail )とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念の1つであり、販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること、または対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上げを大きくするものである。