Back

ⓘ 創薬 ..




                                               

COVID-19に対する薬剤研究

COVID-19に関する薬剤の研究 は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への予防薬および治療薬に関する研究である。2020年代に入り、感染者数は2020年9月時点においても尚、拡大中で収束の気配がない。そのため、世界中の研究機関や医薬品会社では新薬の開発やドラッグリポジショニングによる対応を迫られている。

                                               

COVID-19に対する薬剤転用研究

COVID-19に対する薬剤転用研究 は、既存薬において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にも薬効を示す薬剤を発見する研究である。 2020年代にり、COVID-19感染者数は2020年9月時点においても尚、拡大中で収束の気配がない。そのため、世界中の研究機関や医薬品会社では新薬の開発やドラッグリポジショニングによる対応を迫られている。一時期脚光を浴びたアビガンも当初は別の目的で開発された薬剤だった。また既存の漢方薬も治療薬の候補として期待される。

                                               

医薬品開発

医薬品開発 とは、創薬を通じたリード化合物の特定を受け、新しい医薬品を市場に投入する一連の過程である。これには、微生物や動物を用いた 前臨床試験 や、ヒトを対象とした 臨床試験 を開始するための治験薬の規制当局への申請、さらにはその薬を市場に出すための 新薬申請 で規制当局の承認を得るというステップが含まれる。

                                               

化学ライブラリー

化学ライブラリー (かがくライブラリー、chemical library)または 化合物ライブラリー (かごうぶつライブラリー、compound library)は、通常、ハイスループットスクリーニングまたは工業生産で最終的に使用される保存された化学物質のコレクションである。簡単に言えば、化学ライブラリーは、保存された一連の化学物質から構成されている。各化学物質は、その化合物の化学構造、純度、量、生理化学特性などの情報を含んだ、ある種のデータベースに保存された情報と関連付けられている。

                                               

逆薬理学

創薬の分野では、 逆薬理学 (ぎゃくやくりがく、英語: reverse pharmacology 、リバースファーマコロジー)は、 ターゲットベース創薬 (ターゲットベースそうやく、英語: target-based drug discovery 、TDD)としても知られ、最初に、特定のタンパク質標的の活性を調節することで有益な治療効果をもたらすという仮説を立てる。次に、低分子の化学ライブラリをスクリーニングして、標的に高い親和性を持って結合する化合物を同定する。これらのスクリーニングで得られたヒット化合物は、創薬の出発点として使用される。 この方法は、大量の精製タンパク質の迅速なクローニングと合成を可能とするヒトゲノムのシーケンシングの後に普及した ...

                                               

抗標的

薬理学では、 抗標的 または オフターゲット は、薬物の影響を受けたときに望ましくない副作用を引き起こす受容体、酵素、またはその他の生物学的標的のことである。医薬品の設計および開発において、製薬会社にとって重要なことは、新薬がさまざまな抗標的で有意な活性を示さないようにすることであり、そのほとんどは偶然に発見されたものである。 最もよく知られている最も重要な抗標的としては、hERGチャネルと 5-HT2B受容体 があり、これらはいずれも心機能に長期的な問題を引き起こし、少数ではあるが予測不可能な割合の使用者においては、それぞれ致死的な心機能障害 QT延長症候群と 心筋線維症 を引き起こす可能性がある。これらの標 ...

                                               

古典的薬理学

創薬の分野では、 古典的薬理学 (こてんてきやくりがく、英語: classical pharmacology )は、 フォワード薬理学 、または 表現型創薬 としても知られ、望ましい治療効果のある物質を同定するために、合成低分子、天然物または抽出物の化学ライブラリの表現型スクリーニング に頼っている。 医薬品化学の技術を用いて、これらのスクリーニングヒットの効力、選択性、およびその他の特性を最適化して、薬剤候補を製造する。

                                               

オナセムノゲンアベパルボベック

オナセムノゲン アベパルボベック は、脊髄性筋萎縮症の遺伝子治療薬である。かつては、 AVXS-101 として知られていた。商品名は ゾルゲンスマ 。 脊髄性筋萎縮症は、 SMN1 遺伝子に変異が起こり、運動ニューロンの生存に不可欠なSMNタンパク質の量が減ることによる神経筋疾患である。元のウイルスDNAを除去し、 SMN1 導入遺伝子とプロモーターを含むAAV9ウイルスのカプシドから構成されるバイオ医薬品である。点滴静脈注射または脊髄内投与を行う。投与すると、AAV9のベクターが SMN1 導入遺伝子を細胞核に運び、そこで導入遺伝子がSMNタンパク質をエンコードし、疾患の根本原因に対処する。運動ニューロンは細胞分裂しないため、1回の投与 ...

                                               

治療標的

治療標的 (ちりょうひょうてき、英: therapeutic target )は、以下のようなものを指す場合がある。 生物学的標的 - 外部刺激によって活性を修飾させることができるタンパク質または核酸 治療標的範囲 - 代替基準範囲 治療標的データベース - 既知および探索された治療標的に関する情報を提供するデータベース

                                               

ドッキング (分子)

分子モデリングの分野では、 ドッキング (英: Docking )は、安定なタンパク質複合体を形成するために互いに結合したときに、ある分子の第2の分子に対する好ましい配向を予測する方法である。好ましい配向の知識を使用すれば、例えばスコアリング関数を使用して、2つの分子間の会合の強さや結合親和性を予測することができる。 タンパク質、ペプチド、核酸、炭水化物、脂質などの生物学的に関連する分子間の関連付けは、シグナル伝達において中心的な役割を果たしている。さらに、相互作用する2つのパートナーの相対的な配向は、生成されるシグナルの種類(例えば、アゴニスト対アンタゴニスト)に影響を与える可能性がある。したがって、ド ...

                                               

ハイコンテントスクリーニング

生物学的研究や創薬の分野で、 ハイコンテントスクリーニング は、 ハイコンテント分析 または セロミクス としても知られ、低分子、ペプチド、RNAiなど、細胞の表現型を所望の方法で変化させる物質を同定する方法である。したがって、ハイコンテントスクリーニングは、細胞全体または細胞の構成要素の分析と複数のパラメータの同時読み出しを含む、細胞内で行われる表現型スクリーニングの一種である。HCSは、ハイスループットスクリーニング に関連している。HTSは、1つ以上の生物アッセイで数千種類の化合物の活性が並行して試験されるのに対し、HCSは、出力としてより複雑な細胞表現型の試験が含まれる。表現型の変化には、タンパク質な ...

                                               

ハイスループットスクリーニング

ハイスループットスクリーニング は、特に創薬で使用される、生物学及び化学の分野に関連する科学実験の方法である。ロボット工学、データ処理及び制御ソフトウェア、液体ハンドリングデバイス、及び敏感な検出器を用いて、ハイスループットスクリーニング(HTS)は、研究者が遺伝学的、化学的、薬理学的な何百万もの試験を迅速に実施することを可能にする。このプロセスを通じて、短時間のうちに特定の生体分子経路を調節する、活性化合物、抗体、あるいは遺伝子を同定することができる。これらの実験の結果は、薬をつくるためのはじめの段階となり、生物学の研究のはじめの段階となる。

                                               

表現型スクリーニング

表現型スクリーニング (ひょうげんがたスクリーニング、英語: phenotypic screening )とは、生物学的研究や創薬に用いられるスクリーニングの一種で、細胞や生物の表現型を所望の形で変化させる低分子、ペプチド、RNAiなどの物質を同定するためのものである。

                                               

標的化ドラッグデリバリー

標的化ドラッグデリバリー (英: targeted drug delivery )は、 スマートドラッグデリバリー (英: smart drug delivery )とも呼ばれ、体内のある部分の薬物濃度を他の部分に比べて高くすることで、薬物を患者に送達する方法である。この送達方法は、従来のドラッグデリバリーの欠点に対抗するために、ナノ粒子を介した薬物送達の使用を計画するナノメディシンに基づいている。これらのナノ粒子には薬物が充填(じゅうてん)され、病変組織が存在する体の特定の部分を標的とするため、健康な組織との相互作用は回避される。標的化ドラッグデリバリーシステムの目標は、病変組織との薬物相互作用を延長し、局在化し、標的化し、保護すること ...

                                               

非臨床試験

医薬品開発では、 非臨床試験 は、 前臨床試験 や 前臨床開発 とも呼ばれ、臨床試験 を開始する前に行われる研究段階である。この間では重要な、実現可能性、薬物動態(ADME)、薬効・薬理、薬物安全性(毒性試験)などのデータが収集され、典型的には実験動物を用いて行われる。 非臨床試験の主な目的は、ヒトでの 最初の試験 のための安全な開始用量を決定し、製品の潜在的な毒性を評価することである。これには通常、新しい医療機器、処方薬、診断薬が含まれる。 以前は前臨床試験と呼ばれていたが、臨床試験の開始後にも行われるため、非臨床試験と呼ばれることが多い。

                                               

分子類似性

分子類似性 (ぶんしるいじせい、英: chemical similarity, molecular similarity )とは、元素、分子または化合物どうしの構造上または機能上の類似性を言う。

                                               

リードジェネレーション (創薬)

リードジェネレーション (lead generation、 Hit to lead としても知られる)は、創薬の初期段階であり、ハイスループットスクリーニング からの低分子ヒット化合物が評価され、限定された最適化を経て有望なリード化合物を同定する。これらのリード化合物は、リード最適化 と呼ばれる創薬の後続ステップでより広範な最適化を受ける。一般的に、創薬プロセスは、ヒットからリードまでの段階を含む次のパスに従う。 ターゲットバリデーション TV → アッセイ開発 → ハイスループットスクリーニング HTS → リードジェネレーション Hit to lead; H2L → リード最適化 LO → 前臨床開発 → 臨床開発 英語版 リードジェネレーション段階は、ハイスル ...