Back

ⓘ 人類遺伝学 ..




                                               

Alu要素

Alu要素 (Aluようそ、英: Alu element )とは、ヒトをはじめとする霊長類のゲノムに見られる遺伝因子の一つである。 Alu配列 とも。 Arthrobacter luteus の制限エンドヌクレアーゼ活性により最初に特徴づけられた。 Alu 要素は最も頻繁にみられるトランスポゾンであり、ヒトゲノム全体では100万以上のコピーが散在する。その機能として自己複製のみが知られているため、 Alu は利己的または寄生的なDNAであると考えられてきた。しかし、進化において役割を果たしている可能性が高く、遺伝的マーカーとしても使用されている。Alu 要素はシグナル認識粒子の成分である、小さな細胞質 7SL RNA に由来する。 Alu 要素は霊長類ゲノム間で高度に ...

                                               

VKORC1

VKORC1 は、 ビタミンKエポキシドレダクターゼ複合体サブユニット1 をコードする遺伝子である。この酵素的なタンパク質複合体はビタミンK2.3-エポキシドを活性型に還元する役割を持つ。この働きは効率的な凝固に重要である。ヒトでは、この遺伝子の変異はビタミンK依存凝固因子の欠乏をもたらすことがある。

                                               

ケンブリッジ参照配列

ケンブリッジ参照配列 は、1981年に報告されたヒトミトコンドリアDNAの塩基配列である。あるヨーロッパ人女性に由来する16.569塩基対の配列で、ハプログループH2a2a1に属している。通常は1999年に改訂された 改訂ケンブリッジ参照配列 が用いられている。

                                     

ⓘ 人類遺伝学

  • 分子 人類 学 ぶんしじんるいがく molecular anthropology とは 人類 学 の一分野 分子生物学を 人類 研究に応用して ヒト集団の 遺伝 的系譜やその多様性 疾患との関連性を議論する場合が多い 広義の自然 人類 学 に含めることがあるが 形質 人類 学 には包含されない 対象とする 遺伝
  • 分子 遺伝学 ぶんしいでんがく 英語 molecular genetics は生物 学 の研究分野であるが 二つの異なる分野を指す 塩基配列の比較から生物の進化を議論する分野と 遺伝 現象の仕組みを分子のレベルで理解しようとする分野である 遺伝 情報として生物が有するDNAやRNAは 種の進化とともに変化
  • 1969年8月8日 はドイツの 人類 生物学者であり 遺伝学 者 ヴェストファーレン ヴィルヘルム大学で1965年に退職するまで 人類遺伝学 の教授を務めた オランダ貴族のフェルシュアー家の一員であり 称号であるフライヘル 英語版 は多くの場合バロン 男爵 と訳される 遺伝学 研究や 遺伝 疾患と 遺伝
  • 2 表2.Turner 症候群の染色体異常と臨床症状の頻度 日本 人類遺伝学 会 05. 性染色体異常 i X XY混合性性腺異形成p.1 - 2 平山謙二 監 上坂義和 監 高橋茂樹 STEP内科1 神経 遺伝 免疫 海馬書房 2010年 第3版 p.269 - 271 E Turner症候群
  • 遺伝学 いでんがく 英: genetics は 生物の 遺伝 現象を研究する生物 学 の一分野である 遺伝 とは世代を超えて形質が伝わっていくことであるが 遺伝 子が生物の設計図的なものであることが判明し 現在では生物 学 のあらゆる分野に深く関わるものとなっている 遺伝
  • 小林 公子 こばやし きみこ 1960年5月 - は 日本の生理学者 生物 学 人類遺伝学 学位は医学博士 筑波大学 1989年 静岡県立大学食品栄養科学部教授 大学院食品栄養環境科学研究院教授 男女共同参画推進センター副センター長 旧姓は山川 やまかわ 英語論文等では旧姓と現姓を併記したKimiko
  • 専門は 遺伝 医学 人類遺伝学 ゲノム医学 細胞 遺伝学 分子 遺伝学 先天異常など 1967年 北海道大学医学部を卒業 道内の総合病院でのインターン医師や小児科医師を経て 1970年 北海道大学理学部動物染色体研究施設研究生 1972年 スイス ジュネーブ大学産婦人科胎生 学 細胞 遺伝学
  • 染色体の構造異常 d de novo均衡型構造異常と表現型異常 p.1 日本 人類遺伝学 会 06. リプロダクションの異常 g 全奇胎と部分奇胎  p.1 - 4 父親母親由来ゲノムの役割分担  国立 遺伝学 研究所  遺伝学 電子博物館 日本産婦人科医会 2 配偶子 受精卵の染色体異常
  • 専門は医学であり 特に 遺伝 統計 学 や臨床免疫 学 といった分野に関する研究に取り組んでいる 具体的には 自己免疫疾患の病態の解明を目指しており 関節リウマチなどに関する研究が知られている また 人類遺伝学 の視点から形質の基盤の解明を目指している
  • ecology あるいは進化心理学 集団 遺伝学 population genetics 行動 遺伝学 比較行動 学 人類 進化 遺伝学 人類 形態 学 人類 生物 学 人類 古生物 学 尾本惠市 海部陽介 香原志勢 斎藤成也 鈴木尚 富田守 長谷部言人 埴原和郎 馬場悠男 松浦秀治 山口敏 渡辺直経 人類 学 文化 人類 学 分子 人類 学 人種 チャールズ ダーウィン
  • 松田 一郎 まつだ いちろう 1933年 昭和8年 1月1日 - は 日本の医学者 医師 医学博士 北海道大学 専門は 人類遺伝学 小児科 学 医療倫理 現在 元北海道医療大学学長 熊本大学名誉教授 東京都出身 1957年 昭和32年 北海道大学医学部卒業 1962年 昭和37年 同大大学院医学研究