Back

ⓘ 自然現象を題材とした作品 ..




                                               

交尾 (小説)

『 交尾 』(こうび)は、梶井基次郎の短編小説。「その一」「その二」の2話から成る。夜の物干し台から見えた猫の抱擁や、渓の瀬で鳴く河鹿の可憐な求愛行動を題材にした随想的短編で、初出掲載当時に多くの作家から絶賛された作品である。猫の方は大阪阿倍野の実家、河鹿の方は伊豆湯ヶ島での体験である。死が間近に迫り、幸福な結婚も望めなくなった基次郎の性(生)に対する郷愁が垣間見られる作品でもある。堺の水族館で目にしたすっぽんの交尾を題材にした「その三」も書かれたが、基次郎の死により未完の遺稿となった。

                                               

デイ&ナイト

『 デイ&ナイト 』( Day & Night )はアメリカ合衆国のピクサー・アニメーション・スタジオが製作するフルCGの短編アニメーション映画。ディズニーデジタル3-Dによる3D映画。『トイ・ストーリー3』と同時上映された。 ピクサーのアニメーションとしては珍しく、2Dと3Dを融合させた実験的な作品。

                                               

花の宝塚風土記 -春の踊り-

『 花の宝塚風土記 』 - 春の踊り -(はなのたからづかふどき はるのおどり)は宝塚歌劇団の舞台作品。月組公演。 形式名は「宝塚舞踊詩」。16場。 作・演出は酒井澄夫。併演作品は『シニョール ドン・ファン』。

                                               

ボン・バランス

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のデータを参照。 リズム、メロディ、色彩、愛、自然などを題材にしたショー作品。宝塚では安奈淳が「野ばら」を歌い、「バランス・マジック」で白い鹿などを演じた。

                                               

闇の絵巻

『 闇の絵巻 』(やみのえまき)は、梶井基次郎の短編小説。夜更けの渓沿いの暗い街道を歩いていく感情と空想を絵巻物のように綴った作品。「闇」を愛することを覚えた山間の療養地の暗闇を回想しながら、不安と安息の交錯する闇の風景を研ぎ澄まされた視覚・聴覚・嗅覚を駆使して描き出した短編である。擱筆の約3年前に伊豆湯ヶ島で毎日のように通った川端康成の宿からの帰り道を題材にしている。初出掲載時に文壇で公に認められた最初の梶井文学でもある。