Back

ⓘ 地上絵 ..




                                               

アタカマの巨人

アタカマの巨人 (アタカマのきょじん、西: Gigante de Atacama )は、チリのピンタドス(Pintados)に描かれてある無数にある地上絵の中で一番大きく、全長は85メートルにおよぶ。 宇宙人のような形をしており、インカ帝国の影響の及ぶ前の西暦1100年から1400年の間に作成されたとされ、 南緯19度56分57.18秒西経69度38分0.87秒 の位置に存在する。

                                               

五山送り火

五山送り火 (ござんのおくりび)は、毎年8月16日に京都府京都市左京区にある如意ヶ嶽(大文字山)などで行われるかがり火。宗教・歴史的な背景から「 大文字の送り火 」と呼ばれることがある。

                                               

サーペント・マウンド

サーペント・マウンド (Serpent Mound)は、アメリカ合衆国オハイオ州アダムズ郡のブルシュ=クリーク河谷(Brush Creek Valley)の東岸にある蛇の形をした形象墳(effigy mound)である。川からの比高差30mの段丘上にあり、全長は約404m(蛇に見立てた場合のマウンドの全長は約435m)で、墳丘の高さは1mから1.5m、「胴部」の幅は6mに達する。アメリカ合衆国内で最大規模の形象墳と考えられている。

                                               

銭形砂絵

銭形砂絵 (ぜにがたすなえ)は、香川県観音寺市の有明浜にある、江戸時代に造られた寛永通宝を模した巨大な砂絵である。 周囲345メートル。実物は縦(東西)122メートル、横(南北)90メートルの楕円形をしており、琴弾公園山頂の展望台からは真円に見える。見学は無料だが、砂絵内は立入禁止区域である。夜になるとライトアップされる(日没から午後10時まで)。 例年春季と秋季の「銭形化粧直し」(砂ざらえ)や、台風などで砂が流されるなどした際には、市民総出で補修工事が行われる。 「銭形」にちなみ、世界中の貨幣を展示する「世界のコイン館」が琴弾公園内に設置されている。

                                               

ヒルフィギュア

ヒルフィギュア (英語: hill figure )とはイギリスの石灰岩の丘陵地帯に画かれた地上絵である。英語では"chalk figure"、"hillfigure"、"chalk carving"、"chalk horse"、"white horse"など様々に呼ばれる。日本語では ヒルフィガー 、 丘絵 、 丘陵像 、 ホワイトホース とも訳される。上空からではなく、向かいあった斜面や遠方など地上から見ることを意識して作られている。有名なヒルフィギュアに「アフィントンの白馬」「サーンアバスの巨人」「ウィルミントンのロングマン」などがある。

                                               

マリー・マン

マリー・マン (Marree Man)もしくは スチュアートの巨人 (Stuarts Giant)は1998年6月26日に上空から発見された現代的な地上絵。ブーメランや棒で狩りをするオーストラリアの先住民を描いているように見える。南オーストラリア中央にあるマリーの西方60kmにあるFinnis Springsの高原にある。これはちょうど127.000km 2 のWoomera Prohibited Areaの外にある。からだの高さは4.2 km 、周囲の長さは28キロメートル である。世界で2番目に大きい地上絵(おそらくはサジャマ・ラインに次ぐ)だが、その起源は拡張的な作業のいずれの部分に1人も参考人がおらず、謎のままである。「スチュアートの巨人」という名前は多くの人が作ったと信じてい ...