Back

ⓘ 音楽民族学 とは、もともとは民族音楽学、すなわち民族学(Ethnology)と音楽学(Musicology)とがあわさったものである(Ethno-musicology)。 ..




音楽民族学
                                     

ⓘ 音楽民族学

音楽民族学 とは、もともとは民族音楽学、すなわち民族学(Ethnology)と音楽学(Musicology)とがあわさったものである(Ethno-musicology)。

                                     

1. 概略

Ethnomusicologyという単語は、オランダの学者ヤープ・クンストによって作られた。少なくともその発祥は、一般的に言われる民族音楽を研究対象とする学問ということではないが、実質的には、西洋伝統音楽以外の音楽を対象としている。研究対象としての「民族音楽」というものが実際には、西洋芸術音楽とその他という図式の下に成立していることは明白である。したがって西洋の音楽学者にとっては地元にない音楽の研究をすることになるので、録音再生技術の向上や、交通や運輸の発達により、世界中から音楽を集めやすくなったことによって研究が進めやすくなったとも指摘される。

ところで、ガムラン音楽や雅楽といったいわゆる「民族音楽」が固有の文化に属する音楽であるのであれば、西洋芸術音楽も例外なく、固有の文化に属した「民族音楽」であることは絶対に否定し得ない。ゆえに非西洋音楽の研究を民族音楽学とするのは、「民族音楽」なる音楽があたかも実際に存在しているかのような錯覚を生む差別的な述語であるために、近年は音楽の民族学的研究という意味での 音楽民族学 という名称を使うのが一般的になりつつある。また音楽人類学といった言い方もされることがある。

かつては特に、各民族の音楽を比較する分野を比較音楽学といったが、この名称は民族音楽といわれる以前の19世紀末の欧米列強の植民地音楽と西洋音楽とを「比較」するということを端緒としていた。これは植民地の音楽と西洋音楽との比較によって、音楽の始原を追求し、音楽がいかに原始的な形態から西洋音楽のような進化した形態になるのかということの解明をひとつの目的としていた。このような歴史を踏まえ、近年では「民族音楽学」という名称ともども使われなくなりつつある。しかしながら、民族音楽学という単語で執筆された論文は現在もかなり見つかり、一般的には過去に受け入れられた名称であることは事実である。

                                     

2. 関連項目

  • バルトーク・ベーラ
  • アラン・ローマックス
  • フランシス・ジェームズ・チャイルド博士
  • 小泉文夫日本を代表する音楽学者
  • コダーイ・ゾルターン
  • ロヴァース・イレーン
  • 東洋音楽学会
  • 国際伝統音楽学会
                                     

3. 関連文献

  • Hood, Mantle 1971. The Ethnomusicologist. Mc-Graw Hill.
  • Blacking, John 1973. How Musical Is Man?. Seattle: University of Washington Press. ISBN 0295952180.
  • Merriam, Alan 1964. The Anthropology of Music. Evanston, Ill.: Northwestern Univ Press.
  • Myers, Helen, ed. 1992. Ethnomusicology: An Introduction. New Grove Handbooks in Music. London: Macmillan. ISBN 0333576314.
  • Stone, Ruth 2008. Theory for Ethnomusicology. Upper Saddle River, N.J.: Pearson Prentice Hall. ISBN 9780132408400.
  • Nettl, Bruno 2005. The Study of Ethnomusicology: Thirty-One Issues and Concepts rev. ed. Urbana and Chicago: University of Illinois Press.
                                     
  • 音楽 社会 学 おんがくしゃかいがく Sociomusicology とは 音楽 に関する事象を扱う社会 学 の一分野であり また 音楽 に与える社会の影響や社会における 音楽 の役割を扱う 音楽 学 の一分野である 音楽 社会 学 の研究は 音楽 の社会文化的文脈を探求するという点において 音楽民族学
  • 音楽 学科 おんがくがっか は 大学の学科のひとつ 音楽 学科では 音楽 全般について学ぶ 基本的には私立大学の 音楽 学部に設置されており 具体的には声楽やピアノ 管楽器 打楽器 音楽 療法 作曲 音響 学 音楽 史 音楽 美学 音楽民族学 などの教育 研究を行っている また大学によってはクラシック 音楽
  • バルトーク研究の第一人者 東欧の 民族 音楽 に造詣が深い 最近ではブルガリアのチャルガ等の流行 音楽 に目を向けている 大阪大学教授 梅田英春 - ガムラン奏者 音楽民族学 人類 学 インドネシアのガムラン 音楽 東南アジア圏における芸能 文化研究 およびガムラン 音楽 の西洋 音楽
  • ただし 音楽 学 の分類はその包括性や分類法において研究者により一様ではない また以下のような領域も 音楽 学 の一部である 音楽民族学 音楽 人類 学 民族 音楽 学 電気音響 学 音楽 心理 学 音楽 社会 学 音楽 教育 学 音楽 言語学 音楽 図書館情報 学 楽器 学 音楽
  • 邉尚雄賞は 東洋音楽に関する研究の奨励及び会員の研究業績を表彰することを目的として1983年度から実施されている a b 学会案内 東洋音楽研究 国立情報学研究所収録 国立情報学研究所 田邉尚雄賞について 雅楽 音楽学 民族 音楽 比較 音楽 学 音楽民族学 一般社団法人東洋 音楽 学会
  • 2015年5月10日 は ニュージーランドの作曲家 写真家 美術家 音楽民族学 者 ボディは1963年から1967年にかけて オークランド大学で 学 んだ QEII Arts Council クイーン エリザベス2世芸術協議会 の奨学金を得て ケルン現代 音楽 講習会 オランダのユトレヒトのソノロジー研究所 1969年
  • for Traditional Music を発行し 価値ある論文を世に出している 理事長はサルワ エル シャワン カステロ ブランコ 片桐功 塚田健一 寺内直子 尾高暁子 柘植元一 雅楽 音楽 学 民族 音楽 比較 音楽 学 音楽民族学 国際伝統 音楽 学会 ICTM
  • 民族楽器 民俗楽器 Folk instrument 民族 舞踊 民俗舞踊 フォークダンス Folk dance フォークダンスの楽曲一覧 比較 音楽 学 民族 音楽 学 音楽民族学 民俗 音楽 学 音楽民 俗 学 小泉文夫 民族 音楽 学者 民族学 文化人類 学 民俗 学 民族 Ethnic
  • 1884年4月22日 - 1959年8月7日 はフィンランドの作曲家 音楽民族学 者 ハメーンリンナ出身 ベルリンとヴァイマルで 学 んだ後 ヘルシンキ大学で教授として楽曲分析と作曲を教え 1911年に同大学で博士号を取得した ラウニスは民俗 音楽 を収集し研究した最初の学者の一人であった 1904年 1905
  • を前身とする 1951年6月11日 北京で中央 民族学 院が成立し 前中国国家副総理ウランフ モンゴル族 が初代学長に就任した 当初は 民族学 や社会 学 言語学を中心としたが 1980年代に科学系学部も充実したため 1993年11月30日中央 民族学 院は中央 民族 大学と改称した 現任学長は黄泰岩教授 2001