Back

ⓘ 京都大学数理解析研究所 (きょうとだいがくすうりかいせきけんきゅうしょ、英: Research Institute for Mathematical Sciences )は、京都大学の附置研究所で、「数理解析 ..




京都大学数理解析研究所
                                     

ⓘ 京都大学数理解析研究所

京都大学数理解析研究所 (きょうとだいがくすうりかいせきけんきゅうしょ、英: Research Institute for Mathematical Sciences )は、京都大学の附置研究所で、「数理解析に関する総合研究」を目的として設立された研究所である。共同利用・共同研究拠点に指定されている。略称は 数理研 ( 数解研 )、 RIMS (りむす)。

                                     

1. 概要

1963年に設立された日本で唯一の数学の研究所である。設立当初は解析、応用解析などの趣が強かったが、現在は純粋数学の研究のほうが盛んである。

所員は設立以来40-50人。雑用が少なく、講義が義務ではない。

日本における数学研究の中心的存在で、著名な数学者が所属している(していた)。例えばフィールズ賞受賞者の広中平祐・森重文、ウルフ賞・ショック賞受賞者の佐藤幹夫、ガウス賞受賞者の伊藤清、ファルカーソン賞(2003年)受賞者の藤重悟・岩田覚(現東大教授、元京都大学数理解析研究所教授)、ポアンカレ賞受賞者の荒木不二洋(国際数理物理学会会長を務める)、チャーン賞(2018年、アジア初)受賞者の柏原正樹などである。

同研究所所員の共同研究者としての活動や、セミナー、研究集会などに参加するために海外研究者も多く訪れている。

研究集会は年80回以上開かれ、参加者は約4500人に上る。

                                     

2.1. 教育と研究 組織

数理解析研究所は「基礎数理研究部門」、「無限解析研究部門」、「応用数理研究部門」、「計算機構研究施設」の3部門・1施設で構成されている。

                                     

2.2. 教育と研究 研究

21世紀COEプログラム
  • 2003年
数学、物理学、地球科学
  • 「先端数学の国際拠点形成と次世代研究者育成」(数理解析研究所)
                                     

2.3. 教育と研究 大学院教育

1975年までは研究所として活動していたが、1975年からは京都大学大学院理学研究科の専攻の一つとなり、現在では研究所と大学院の両方の側面を持っている。

                                     

3. 所員

  • 望月新一(教授)、プリンストン大学卒、日本学術振興会賞、ABC予想の研究
  • 望月拓郎(教授)、京大院修了、国際数学者会議基調講演 2014
  • 向井茂(教授)、京大卒
  • 玉川安騎男(教授)、東大卒
  • 中島啓(教授)、東大卒、東大助教授、コール賞
  • 柏原正樹(特任教授)、東大卒、チャーン賞(2018年)
  • 小野薫(教授)、東大卒
  • 熊谷隆(教授)、京大卒
  • 斎藤盛彦(准教授)、東大卒
  • 日本数学会春季賞または秋季賞を受賞した現所員
  • 森重文(特任教授)、京大卒、フィールズ賞(90年)、国際数学連合総裁、ハーツホーン予想の解決
  • 大槻知忠(教授)、東大卒
  • 小澤登高(教授)、東大卒、東大准教授、日本学術振興会賞、「離散群の従順な要素と完全性」
                                     

4. 外部リンク

  • 京都大学数理解析研究所 - RIMS - Facebook
  • 京都大学数理解析研究所