Back

ⓘ 自画像 ..




                                               

自画像

自画像 (じがぞう、self-portrait、 セルフ・ポートレイト )は、作者自らを対象とした肖像である。普通は油彩画やドローイング、似顔絵などの絵画の形式であることが多いが、中には自らを刻んだ彫刻、自らを写した写真など他の手法が使われることもある。 また小説やルポルタージュなどの中で、自らのことを書いた作品(たとえば自伝など)や自らの属する集団を描いた作品に「自画像」と題されることがある。

                                               

化粧台にて。自画像

『 化粧台にて。自画像 』は、1909年にロシアの画家ジナイーダ・セレブリャコワが描いた絵画。この絵画はトレチャコフ美術館に所蔵されている。大きさは75 × 65 cm。 『化粧台にて。自画像』は、『バーニャ』(ロシア美術館所蔵、1913年)、『収穫』( オデッサ芸術美術館 所蔵、1915年)、『ホワイトニング・キャンバス』(トレチャコフ美術館所蔵、1917年)と並び、セレブリャコワの作品の中で最も重要なものの一つと考えられている。

                                               

自画像 (ゴッホ)

本項ではオランダの画家、 フィンセント・ファン・ゴッホの自画像 について述べる。 ファン・ゴッホは10年ほどの画業の中で、パリに移住して以降約37点の自画像を描き残した。これは、印象派や浮世絵との出会いによる意識や画風の変化の他に、現実的なものとして、彼がモデルを雇う金がなかったため、手っ取り早く自身を描くことにしたというものと、まず自画像を描くことで他人の肖像画を上手く描けるようになるための習作としたという理由が考えられている。また、パリ移住以前の自画像がないのは、像が映るほどの大きさの鏡を持っていなかったためとされている。

                                               

自画像 (ラファエロ)

『 自画像 』(伊: Autoritratto, 英: Self portrait )は、盛期ルネサンスのイタリアの巨匠ラファエロ・サンツィオが1506年頃に制作した絵画である。テンペラ画。ウルビーノ公爵のコレクションに由来し、その後メディチ家のコレクションに加わった。制作経緯は明らかではない。制作年代はラファエロのフィレンツェ時代の初期にあたるが、この時期、ラファエロは何度かウルビーノに帰郷しており、そのときに画家の親族かあるいはウルビーノの宮廷を代表する人物に宛てて制作されたと考えられている。保存状態は悪く、おそらく未完成である。現在はフィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されている。

                                               

自画像 (レオナルド・ダ・ヴィンチ)

レオナルド・ダ・ヴィンチの『 自画像 』(じがぞう、伊: L Autoritratto di Leonardo da Vinci )といわれる作品は、ルネサンス期の芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1510年ごろに描いたドローイング。トリノのトリノ王立図書館 所蔵。研究者によって異論もあるが、広くレオナルドの60歳ごろの自画像だと考えられているため、本稿でも『自画像』という呼称を用いる。幾度となく模写、模倣され、博学者あるいは万能人としてのレオナルドを象徴するアイコンとなってきた作品である。 『自画像』には、向かって右斜め横を向いた老人の頭部が、紙に赤チョークで描かれている。長髪と波打つ長いひげが肩から胸まで垂れ下がっている。ルネサンス期 ...

                                               

坊主としての自画像

坊主としての自画像 (ぼうずとしてのじがぞう)とは、1888年9月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。僧侶としての自画像と記載されていることがある。 ハーバード大学フォッグ美術館蔵。英語名称では「Self-Portrait Dedicated to Paul Gauguin」と命名されている。 アルル在住時に、自らを日本の坊主(僧侶)として描いた。英語名称にあるように、ゴーガンから贈られた自画像に対する返礼として描かれたもの。 ゴッホは、日本文化、日本芸術に興味を抱き、浮世絵を模写したり、絵の一部として取り入れたりしており、その一例はタンギー爺さんなどにも見られる。 芸術表現への興味だけではなく、日本的な文化、精神 ...

                                               

包帯をしてパイプをくわえた自画像

包帯をしてパイプをくわえた自画像 (ほうたいをしてぱいぷをくわえたじがぞう)(Self-Portrait with Bandaged Ear and Pipe)とは、1889年1月にフィンセント・ファン・ゴッホによって描かれた絵画。油彩。「耳を切った自画像」と表記されることがある。 スタブロス・ニアルコスのコレクションとされているが、2016年現在チューリヒ美術館に貸し出されており、鑑賞することができる。アルル在住時にいわゆる「耳切り事件」の直後に描かれたものだと言われる。 この作品と同じ構図でパイプのない作品「Self-Portrait with Bandaged Ear」がある。こちらの作品の背景には浮世絵らしきものが描かれている。こちらも「耳を切った自画像」と表記 ...

                                     

ⓘ 自画像

  • 自画像 じがぞう self - portrait セルフ ポートレイト は 作者自らを対象とした肖像である 普通は油彩画やドローイング 似顔絵などの絵画の形式であることが多いが 中には自らを刻んだ彫刻 自らを写した写真など他の手法が使われることもある また小説やルポルタージュなどの中で 自らのことを
  • レオナルド ダ ヴィンチの 自画像 じがぞう 伊: L Autoritratto di Leonardo da Vinci といわれる作品は ルネサンス期の芸術家レオナルド ダ ヴィンチが1510年ごろに描いたドローイング トリノのトリノ王立図書館 en: Royal Library of Turin
  • 自画像 がないのは 像が映るほどの大きさの鏡を持っていなかったためとされている パリ ファン ゴッホが描いた 自画像 のうち 現存するもっとも古いものは1886年に描かれた また パリ時代に最も多くの 自画像 が描かれた 自画像 の素描 1886年 F1378r パイプをくわえた 自画像 1886年 F180
  • 自画像 伊: Autoritratto, 英: Self portrait は 盛期ルネサンスのイタリアの巨匠ラファエロ サンツィオが1506年頃に制作した絵画である テンペラ画 ウルビーノ公爵のコレクションに由来し その後メディチ家のコレクションに加わった 制作経緯は明らかではない 制作年代
  • JLG 自画像 ジーエルジェーじがぞう フランス語: JLG JLG - autoportrait de décembre は 1995年公開のジャン リュック ゴダール監督による フランス スイス合作のドキュメンタリー映画 ドラマ映画である 本作の製作は 当時すでに活動を停止しているJLG
  • 坊主としての 自画像 ぼうずとしてのじがぞう とは 1888年9月にフィンセント ファン ゴッホによって描かれた絵画 油彩 僧侶としての 自画像 と記載されていることがある ハーバード大学フォッグ美術館蔵 英語名称では Self - Portrait Dedicated to Paul Gauguin と命名されている
  • ジョルジョーネの 自画像 自画像 ホルバイン en - ハンス ホルバインの 自画像 自画像 クラムスコイ en - イワン クラムスコイの 自画像 自画像 レオナルド - レオナルド ダ ヴィンチの 自画像 自画像 ラファエロ - ラファエロ サンティの 自画像 自画像 レンブラント en
  • 化粧台にて 自画像 けしょうだいにてじがぞう ロシア語: За туалетом. Автопортрет は 1909年にロシアの画家ジナイーダ セレブリャコワが描いた絵画 この絵画はトレチャコフ美術館に所蔵されている 大きさは75 65 cm 化粧台にて 自画像
  • 包帯をしてパイプをくわえた 自画像 ほうたいをしてぱいぷをくわえたじがぞう Self - Portrait with Bandaged Ear and Pipe とは 1889年1月にフィンセント ファン ゴッホによって描かれた絵画 油彩 耳を切った 自画像 と表記されることがある
  • 松本清張 向田邦子 駅路 最後の 自画像 2009年 新潮社 清張の原作と向田の構想メモ 関係者の証言と解題を付した共著版 土曜ドラマ 松本清張シリーズ 最後の 自画像   -  NHK名作選 動画 静止画 NHKアーカイブス 番組エピソード 土曜ドラマ 最後の 自画像 - NHKアーカイブス 最後の 自画像 に関するカテゴリ:
  • 男の 自画像 おとこのじがぞう は 柳沢きみおによる漫画 ビッグコミック 小学館 に1986年4月から1988年10月まで連載された 6年前にプロ野球選手を辞めた主人公 並木雄二が 再び現役投手として復帰するまでの道のりを描く 並木雄二はプロ野球球団 東京セネタース 戦前に実在していた同