Back

ⓘ 宮瀬富之. 宮瀬 富之 (みやせ とみゆき、1941年(昭和16年)10月4日 - )は、日本の彫刻家。本名は宮瀬富夫。 ..




                                     

ⓘ 宮瀬富之

宮瀬 富之 (みやせ とみゆき、1941年(昭和16年)10月4日 - )は、日本の彫刻家。本名は宮瀬富夫。

                                     

1. 来歴

1942年(昭和16年)10月4日に生まれる。松田尚之に師事した。

1967年(昭和42年)「ポーズする女」が日展に入選、その後1972年(昭和47年)「水たまり」が日展日彫賞、翌1973年(昭和48年)「風のよそおい」が日展特選を受賞。

1984年(昭和59年)に大阪成蹊短期大学の教授に就任、のち同短大の大学長になる。

1999年(平成11年)には金沢美術工芸大学の教授も兼任した。

2005年(平成17年)の第37回日展に出品した「はんなりと石庭に」は内閣総理大臣賞を受賞した。

2009年(平成20年)、第40回改組日展に出品した「源氏物語絵巻に想う」が日本芸術院賞を受賞。

2013年(平成25年)5月23日現在、日展理事。

2014年(平成26年)には東京都葛飾区柴又にある山田洋次ミュージアムで来場者400万人達成式典に合わせて設置された山田洋次の胸像を作成した。