Back

ⓘ ハサン・サリハミジッチ ( Hasan Salihamidžić 、1977年1月1日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)・ ヤブラニツァ 出身の元サッカー選手。ポジション ..




ハサン・サリハミジッチ
                                     

ⓘ ハサン・サリハミジッチ

ハサン・サリハミジッチ ( Hasan Salihamidžić 、1977年1月1日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナ(旧ユーゴスラビア)・ ヤブラニツァ 出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダーだが、ディフェンダーやフォワードでもプレーした。現役時代はボスニア・ヘルツェゴビナ代表で、愛称はBRAZZO(ブラッツォ、若造という意味)。

                                     

1.1. 経歴 クラブ

元々はFW(主にウイング)であるが、両サイドハーフ、両サイドバックをこなすオールラウンダーとして知られていた。豊富な運動量と積極的な仕掛けが持ち味。得点力も高い。

ユーゴスラビア内戦による混乱から渡独、ハンブルガーSVに入団。1995-96シーズンにデビューを果たすと、1997-98シーズンには10得点を挙げる活躍を見せ、翌シーズンにはFCバイエルン・ミュンヘンへ移籍。クラブのリーグ3連覇や2000-01シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ制覇などに貢献した。その後故障で戦列を離脱していたものの、1年ほどで復帰を果たし中心選手として活躍した。

2007年、4年契約でセリエAへ昇格したユヴェントスFCへ移籍。4年間で61試合7得点を記録した。

2011年7月、VfLヴォルフスブルクへ1年契約で加入。ヴォルフスブルクで1シーズンプレーした後に退団し、2012年9月に現役引退を発表した。

引退後もドイツに居住し、テレビ解説者業やスポンサー企業、古巣バイエルン・ミュンヘンのアンバサダーとして多方面で活動していたが、2017年7月31日、バイエルン・ミュンヘンのスポーツディレクターに就任したことが発表された。

                                     

1.2. 経歴 代表

1996年10月8日のクロアチア戦でボスニア・ヘルツェゴビナ代表デビュー。1996年11月6日のイタリア戦では代表初得点を記録した。

2006年に代表を引退。42試合6得点を記録した。代表ではFIFAワールドカップやUEFA欧州選手権に出場することができなかった。

                                     

2. エピソード

  • 2006-07シーズン、3月7日のUEFAチャンピオンズリーグ 2006-07の決勝トーナメント、レアル・マドリード戦で、ロイ・マカーイの大会史上最速の開始10.2秒でのゴールのアシストを記録している。
                                     

3. 所属クラブ

  • バイエルン・ミュンヘン 1998-2007
  • ユヴェントス 2007-2011
  • ハンブルガーSV 1995-1998
  • VfLヴォルフスブルク 2011-2012
                                     

4.1. タイトル クラブ

バイエルン・ミュンヘン
  • DFBポカール: 1999-00, 2002-03, 2004-05, 2005-06
  • DFLリーガポカール: 1998, 1999, 2000, 2004
  • ブンデスリーガ: 1998-99, 1999-00, 2000-01, 2002-03, 2004-05, 2005-06
  • インターコンチネンタルカップ: 2001
  • UEFAチャンピオンズリーグ: 2000-01
                                     

4.2. タイトル 個人

  • ボスニア・ヘルツェゴビナ年間最優秀選手: 2000, 2004, 2005, 2006
                                     
  • ラドミール コバセビ ッチ - 柔道家 ジェリコ コムシ ッチ - 政治家 ハサン サリハミジッチ - サッカー選手 ヤスミラ ジュバニ ッチ - 映画監督 脚本家 ブランコ ジュリ ッチ - 俳優 エディン ジェコ - サッカー選手 ダミル ジュムール - テニス選手 デニス ズヴィズディ ッチ - 政治家
  • ドリアン バブンスキー セルゲイ バルバレス ハサン サリハミジッチ エディン ムイチン サシャ イリ ッチ ジョルジェ ラキ ッチ ドラガン ストイコビ ッチ ニコラ ジギ ッチ ミラン ドゥディ ッチ スルジャ クネジェビ ッチ ネマーニャ ミハイロヴィ ッチ Arsim Abazi 英語版 Leonit
  • ディエタのシュートはオリバー カーンの逆をついたため バレンシアは早い段階でリードを得る ハサン サリハミジッチ ジョン カリュー アレク サン ダー ツィックラーがPKを成功した後 カーンがズラトコ ザホビ ッチ のシュートをセーブし それぞれ3人終了後に2対2で同点に追いく 次のパトリック アンデショ
  • アスミル ベゴヴィ ッチ DF エルミン ビチャクチ ッチ エミル スパヒ ッチ メンスール ムイジャ セアド コラシナツ ハリス メジュニャニン MF ムハメド ベシ ッチ ズヴェズダン ミシモヴィ ッチ セヤド サリ ホヴィ ッチ ハサン サリハミジッチ エルヴィル ラヒミ ッチ ズラタン バイラモビ ッチ ミラレム ピャニ ッチ
  • ック マルセイユへ去ったこともあり 失意に終わった昨季を払拭するように臨んだが フェリックス マガト監督は昨季まで右サイドで起用されていた ハサン サリハミジッチ を左SBに据え さらに 2005年1月の移籍市場でリザラズが復帰したことでより一層厳しい立場となった また リーグ終盤戦では太腿に深刻な負
  • そのように順調なキャリアを刻んでいたケールであったが ワールドカップ明けの2006 - 07シーズン序盤のバイエルン戦で ハサン サリハミジッチ と接触し左ひざを負傷 6試合の出場にとどまり チームも9位に終わった この負傷の影響はその後も続き 翌年も14試合の出場に終わるなど調子
  • 信頼を勝ち取り 7シーズンに亘って主力の守備的ミッドフィルダーとしてシュテファン エッフェンベルク カルステン ヤンカー エウベル ハサン サリハミジッチ アレク サン ダー ツィックラー バスティアン シュヴァインシュタイガーらで構成される攻撃陣を中盤の底から支えた
  • ウーベ バイン 1987 - 1989 トーマス ドル 1990 - 1991, 1998 - 2001 ヨルダン レチコフ 1992 - 1996 ハサン サリハミジッチ 1995 - 1998 トーマス グラヴェセン 1998 - 1999 ニコ コヴァチ 1999 - 2001 メフディ マハダビキア 1999 - 2007
  • 1976年 - 光岡映二 男性総合格闘家 1976年 - 小池絵美子 AV女優 1977年 - 言承旭 ジェリー イェン 歌手 1977年 - ハサン サリハミジッチ サッカー選手 1977年 - 黒瀬友美 女優 1977年 - 岩名美樹 気象予報士 1977年 - 田中聖二 プロボクサー 1977年
  • ロベルト コヴァチ CB 25 トーマス リンケ LB 03 ビセンテ リザラズ CM 10 チリアコ スフォルツァ 66分 CM 20 ハサン サリハミジッチ 72分 CM 23 オーウェン ハーグリーヴス CF 09 エウベル CF 14 クラウディオ ピサーロ 66分 控え GK 22 Bernd