Back

ⓘ 悪魔学者 ..




                                               

ヨーハン・ヴァイヤー

ヨーハン・ヴァイヤー ( Johann Weyer 、1515年 - 1588年2月24日)はネーデルラント(現在のオランダやベルギー)出身の、ドイツのラインラント地方のプロテスタントの医師。若い頃ハインリヒ・コルネリウス・アグリッパの弟子であった。魔女裁判に反対した最初期の人物として知られる。主著は『悪霊の幻惑、および呪法と蠱毒について』( De Praestigiis Daemonum et Incantationibus ac Venificiis 、1563年)。

                                               

フランチェスコ・マリア・グアッツォ

フランチェスコ・マリア・グアッツォ ( Francesco Maria Guazzo 、1570年–16?年)は、イタリアの司祭で、『悪行要論』の著者。『悪行要論』は『魔女に与える鉄槌』と比較されるほど有数の魔女関連文献となったが、グアッツォ自身は魔女裁判を監督せず、尋問もしなかったためか、ニコラ・レミやジャン・ボダンほど当時の名声を手にしなかった。マルティン・ルターは悪魔から生まれた子であると主張したルドヴィコ・マリア・シニストラリと同じように、ルターを魔王と女信者の結合により生まれたと断定している。

                                               

ハインリヒ・クラーマー

ハインリヒ・クラーマー は、15世紀ドイツのドミニコ会士、宗教裁判官。『魔女の槌』の著者。ハインリヒ・インスティトーリス とも。

                                               

ルドヴィコ・マリア・シニストラリ

ルドヴィコ・マリア・シニストラリ ( Ludovico Maria Sinistrari 、1622年2月26日 – 1701年)は、イタリアのフランシスコ会司祭、著作家。

                                               

ジョヴァンニ・フランチェスコ・ピコ・デラ・ミランドラ

ジョヴァンニ・フランチェスコ・ピコ・デラ・ミランドラ ( Giovanni Francesco Pico della Mirandola 、1470年 - 1533年) は、 イタリアの貴族、哲学で、ピコ・デラ・ミランドラの甥。 ジャンフランチェスコ・ピコ・デラ・ミランドラ ( Gianfrancesco Pico della Mirandola )と呼ばれることが多い。悪魔学者としても知られ、著書『魔女』(La Strega)は、ウィッチクラフトを扱ったイタリア語の初の書籍として重要視されている。また、魔女と悪魔の性交渉の問題について重視した。

                                               

ミカエル・プセルロス

ミカエル・プセルロス (Michael Psellos ; Μιχαήλ Ψελλός, 1018年頃-1078年頃)は、東ローマ帝国の政治家、哲学者、歴史家。当時目まぐるしく替わった皇帝たちに強い影響力を持った人物として、また、その皇帝たちの治世についてまとめた歴史書『年代記』を著した人物として知られている。 プセロス 、 プセッロス とも表記される。

                                               

コラン・ド・プランシー

コラン・ド・プランシー (J. Collin de Plancy, 1794年〔一説には1793年〕 - 1881年〔没年は1887年とも〕)は、19世紀に活躍したフランスの文筆家。 1794年、フランス東北部シャンパーニュ地方に生誕。本名はジャック=アルバン=シモン・コラン(Jacques-Albin-Simon Collin)。 成人しパリで教職などに就いていたが、文筆家を志し、1818年、彼自身の最大の代表作となる『地獄の辞典』初版を刊行、以後積極的に著述に勤しむ。 『地獄の辞典』はその後もライフワーク的に改定が行われ、最終的にはオカルト関連の項目が3.799に及ぶ大著となった。 プランシーはエピソードを集大成して本にまとめる手法を得意とし、他にも『封建制辞典』、『聖遺 ...

                                               

ジャン・ボダン

ジャン・ボダン (Jean Bodin、1530年 - 1596年)は、フランスの経済学者、法学者。ボーダンとも表記される。弁護士。

                                               

ピエール・ド・ランクル

ピエール・ド・ランクル (Pierre de Lancre、1553年 - 1631年)は、フランス王国出身の判事、監察官。時の国王アンリ4世から監察官の任を受けラブール地方を中心に魔女狩りを行い、600人以上の無実の女性を魔女として処刑したと自称し、現在ではイングランドのマシュー・ホプキンスと並んで悪名高い魔女狩り処刑人と称されている。

                                               

ニコラ・レミ

ニコラ・レミ ( Nicholas Rémy 、1530年 - 1616年)は、ジャン・ボダンとド・ランクルに匹敵する魔女狩り人として著名になったフランスの治安判事。 レミは歴史に関する数多くの詩や数冊の本を書いたが、1595年にリヨンで出版された『悪魔崇拝 三部作』 Daemonolatreiae libri tres でよく知られている。この本は数回重版され、ドイツ語に翻訳され、最終的にヨーロッパ各地の魔女狩り人の最もよく知られた手引書として魔女に与える鉄槌に取って代わった。 レミによれば、悪魔は黒猫や男の形をして人々の前に現れることができ、黒ミサを好むという。悪霊はまた女性と性的関係を持つことができると述べている。レミはロレーヌにおいて15年間で ...