Back

ⓘ ポートレート・アート ..




                                               

ポートレートアート

ポートレートアート は、過去の場面と現在の場面を絵の中で混同させたり、背景などを描き込んだりすることで、被写体の人柄や人生を絵にしていく絵画法である。似顔絵には、デッサンと着色があり、 着色は肌色を4-5回塗り重ねる のに対し、ポートレートアートには以下の違いがある。 依頼者と絵描きが相談、途中経過の確認をしながら絵を完成させていく。 着色は肌色を10回以上塗り重ねる。 絵の依頼者が絵をプロデュースする場合が多く、「こんな絵が欲しい」と絵描きに相談するところから始まる。 似顔絵よりも描き込みが多く絵の空気感や絵肌、質感を表現する絵画技術が必要になる。 似顔絵に比べ時間がかかる。

                                               

肖像写真

                                               

肖像

肖像 (しょうぞう)とは、特定の人間の外観を表現した絵画や写真、彫刻である。多くが個人の識別に有力な身体の部位である顔が含まれる。それぞれ肖像画(絵画)、肖像写真(写真)、肖像彫刻と呼ばれる。肖似性(類似)が求められる場合もあれば、理想化が求められる場合もある。芸術的な造形や精神性を示すこともある。

                                               

隠された手

隠された手 (英語:hidden hand)とは、18世紀以降の肖像画に見られる手を隠す所作で、落ち着き揺るぎのないリーダーであることを示すジェスチャーである。 ナポレオン・ボナパルトの肖像画を描いたジャック=ルイ・ダヴィッドの肖像画によく見られることから、このポーズの際にはナポレオンが良く引き合いに出される。

                                               

胸像

胸像 (きょうぞう)とは、人間の胸より上の部分をかたどった像のこと。 広義では絵画(胸像画)を含める場合もあるが、ここでは彫像や塑像などの立体像について解説する。

                                               

スコットランド国立肖像画美術館

スコットランド国立肖像画美術館 は、スコットランドのエディンバラ、クイーン通りに面した美術館である。所蔵する肖像画のコレクションは、すべてスコットランド人を描いたものだが、必ずしもスコットランド人の手によるものとは限らない。また、絵画だけではなく写真コレクション(Scottish National Photography Collection)も所蔵している。 赤い砂岩で出来たネオ・ゴシック様式の美術館は1889年に一般公開された。建設にあたってはスコッツマン新聞社のオーナーであったジョン・リッチー・フィンドレイが寄付を行い、設計はロバート・ローワンド・アンダーソンが行った。建設期間は1885年から1890年までの間であった。完成以来初の大規 ...

                                               

SoKKuri?

SoKKuri? (そっくり)は日本のウェブサイト。自分が似ていると思う芸能人や有名人を投稿することができる。

                                               

ナショナル・ポートレート・ギャラリー

ナショナル・ポートレート・ギャラリー (英: National Portrait Gallery )あるいは日本語で 国立肖像画美術館 (こくりつしょうぞうがびじゅつかん)は、ロンドンの美術館ナショナル・ギャラリーの別館であり、肖像画専門の美術館である。

                                               

似顔絵

似顔絵 (にがおえ)とは、人物の容貌や特徴をとらえて、あるいはデフォルメして描いた人物画。 語源は浮世絵の役者絵のうち、役者の個性をとらえて描いたものの呼称。それ以降、浮世絵に限らず、人物の顔を克明に写実するか、あるいはデフォルメ(カリカチュア)して描いたもののうち、ファインアート(いわゆる肖像画)を除く漫画やイラストレーションなどを、すべて「似顔絵」と呼ぶようになった。

                                               

似絵

似絵 (にせえ)は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて流行した大和絵系の肖像画を指す絵画用語。