Back

ⓘ 加藤渉, 建築学者. 加藤 渉 (かとう わたる、1915年 - 1997年)は、日本の建築構造学者。海洋建築工学者。構造デザイナー。 ..




                                     

ⓘ 加藤渉 (建築学者)

加藤 渉 (かとう わたる、1915年 - 1997年)は、日本の建築構造学者。海洋建築工学者。構造デザイナー。

                                     

1. 経歴

東京神田生まれ。大学卒業後満州国大陸科学院に勤務。小野薫に師事。 その後仲間の建築技師らと現地召集により、陸軍造船中隊凌水屯部隊でコンクリート船設計に関与。

戦後は母校日本大学旧工学部、現理工学部で長く教鞭を執り、その後理工学部長を歴任。在任中海洋建築工学科を創設。大学外部では株式会社カトー設計事務所を主宰。シェル構造建築を1951年に「鶴見倉庫」を小野薫と試みる。こうしたシェル構造に関する一連の研究により、日本建築学会賞を受賞。

                                     

2. 主な設計

  • 大田区体育館 1965年(昭和40年)竣工 4枚組合せ鉄骨HPシェル
  • 厚生年金新潟市体育館 1961年 日本における DOCOMOMO150選 鉄骨HPシェル
  • 旧大宮市民会館 1969年
  • 旧与野市庁舎 1968年
  • 千葉県総合運動場体育館、零のガウス曲率、円錐形シェル
  • 日本大学生産工学部 円筒形シェル、零のガウス曲率、
  • 国際文化会館
  • 旧東京都体育館
                                     

3. 著書

単著
  • 応用弾性学の基礎 コロナ社 1974
共著
  • 建築応用力学演習 共立全書 1952年、榎並 昭と共著
  • 建築応用力学 共立全書 昭和24年初版、改訂版1982年、小野 薫と共著
  • 建築実験 斎藤謙次と共監修 彰国社 1967年初版
  • 曲板構造の設計 西村敏雄と共著 彰国社 1963
  • 骨組・板・曲板の力学 ; 材料の力学 梅村魁ほか共著 彰国社 1959
共翻訳
  • 建築空間と構造デザイン 鳳山社、昭和47年 Heinrich Engel著
  • 円筒形シェルの設計 H.Lundgren 著 ; 寺崎恒正と共訳 コロナ社 1962
  • 土質力学 テルツァギ, ペック 著 ; 星埜和 らと 丸善 1969
                                     

4. 出典

  • 本岡順二郎:追悼の辞
  • 加藤渉、「2-8諸先輩に教えられたこと」 『工業教育』 1982年 30巻 1号 p.51-53, doi:10.4307/jsee1953.30.51, 日本工学教育協会
                                     

5. 参考文献

  • 追悼のことば名誉会員・加藤渉先生ご逝去 建築雑誌 1121410, 136, 1997年8月号
  • 渉 加藤渉先生古稀記念文集 加藤渉先生古稀記念出版会 1985年
                                     
  • 加藤 渉 かとう わたる 加藤渉 建築学者 加藤渉 声優
  • 架構カ牡材 1930 複式汎論 トラス ダンスホール 高等 建築学 4.5, 22 1934 建築 応用カ学 加藤渉 共著 共立出版1949 建築 実用便覧鉄筋コンクリート造建物の計算例 共立出版 1950 建築 工学便覧 再版編構造 共立出版 1953 建築 物のリミットデザイン 田中尚共著 コロナ社 1951
  • 青山千春 資源工学 新田英之 物理工学 安西修一郎 物理工学 幾島賢治 資源工学 池田宏之助 資源工学 石川迪夫 資源工学 石濱 渉 資源工学 伊藤一郎 工 学者 資源工学 井上晃 資源工学 井上匡四郎 資源工学 今中哲二 資源工学, 物理工学 飯吉厚夫 物理工学 石田晴久 物理工学
  • 波江悌夫 建築 家 成瀬友梨 建築 家 難波和彦 建築 家 建築学者 西澤文隆 建築 家 建築学者 西村好時 建築 家 野口孫市 建築 家 野村一郎 建築 家 長谷部鋭吉 建築 家 早川正夫 建築 家 原広司 建築 家 建築学者 生産技術研究所 日高胖 建築 家 平山嵩 建築 家 建築学者 福屋粧子 建築 家
  • 1990年6月3日 は 日本の 建築 系内務官僚 都市計画家 建築 行政家 現在運用されている 建築 基準法や都市計画法制定に尽力 建築 の審査 行政指導方面で活躍した人物 一方で 戦前期東武鉄道に造成開発された分譲住宅地常盤台 板橋区 原案の設計者としても知られる 東京出身 1934年 昭和9年 東京帝国大学工学部 建築学
  • 飯田善彦 - 建築 家 Y - GSA教授 日本 建築学 会賞受賞 池内基周 - 建築 家 元宮内庁工務課長 押野見邦英 - 建築 家 北山恒 - 建築 家 Y - GSA教授 日本 建築学 会賞受賞 工藤和美 - 建築 家 東洋大学教授 千賀恒夫 - 建築 家 元宮内技手 西沢立衛 - 建築 家 Y - GSA教授 日本 建築学 会賞3度受賞 プリツカー賞受賞
  • 建築 史 学者 谷川正己 - 建築 史 学者 小野薫 建築学者 - 建築 構造 学者 岡部進 - 数 学者 水野知昭 - 古英語文 学者 比較神話 学者 元信州大学人文学部教授 北欧神話 比較神話学 古ノルド語 古英語文学専攻 守田栄 - 騒音制御工 学者 薬学部 理工学部薬学科 椿啓介 - 菌類 学者 筑波大学名誉教授
  • 地質 学者 古生物 学者 文化勲章 日本学士院会員 谷津直秀 1894 - 動物 学者 帝国学士院会員 吹田順助 1901 - 独文 学者 内田祥三 1901 - 建築学者 東大総長 文化勲章 日本学士院会員 村岡典嗣 1901 - 日本思想史 学者 内藤濯 1903 - 仏文 学者 末弘厳太郎
  • 加藤六美 元東京工業大学学長 元国立大学協会会長 加藤 与五郎 電気化 学者 フェライトの発明者 元米GE研究所所長 刈谷市 榊裕之 電子工 学者 豊田工業大学学長 グリッド入り量子構造の発明者 江崎玲於奈賞 日本学士院賞等 佐野榮太郎 情報技術者 ソフトウェア作家 澤田享 建築学者 建築 史家 末永康仁 工 学者 名古屋大学名誉教授 名古屋市
  • 平林金吾 1916高工 建築 家 大阪府庁舎 名古屋市庁舎他 北尾春道 高工 建築 家 数寄屋 茶室 建築学者 狩野春一 1921高工 元教授 日本 建築学 会大賞 劉敦楨 1921高工 建築 史家 中国科学院元委員 中国 建築学 会元理事長 谷口忠 1921高工 名誉教授 元構造計画研究所顧問 日本 建築学 会賞大賞